145件中 21 - 30件表示
  • リヒテンシュタインのイスラム教

    リヒテンシュタインのイスラム教から見たラマダーンラマダーン

    2001年以降、政府はムスリムコミュニティに対し、1人のイマームの滞在許可証の認可を行い、さらにラマダーンの期間中は追加でもう一人のイマームにも短期間の滞在許可証を発行するとした。政府はイマームによる宗教的な非難もしくは宗教的な過激主義傾向の拡大を防ぐため、トルコ人協会とイスラムコミュニティの両方の合意と引き換えにイマームに対し常に査証を認可するという政策を実行している。リヒテンシュタインのイスラム教 フレッシュアイペディアより)

  • ムイッズ・マスウード

    ムイッズ・マスウードから見たラマダーンラマダーン

    ムイッズ・マスウード( ??? ?????, Moez Masoud, 1978年 - )は、エジプト出身のムスリムの説教師。衛星放送で30歳代以下の世代を中心に人気を集め、ラマダーンの特別番組にも出演する。ムイッズ・マスウード フレッシュアイペディアより)

  • 五行 (イスラム教)

    五行 (イスラム教)から見たラマダーンラマダーン

    断食(サウム):ラマダーン月の日中、飲食や性行為を慎むこと。五行 (イスラム教) フレッシュアイペディアより)

  • カターイフ

    カターイフから見たラマダーンラマダーン

    起源はファーティマ朝である。イスラム教のラマダーンのデザートとしては、クナーファ(カダイフ)とともに最もよく知られている。ラマダーンのイフタールの代表的なデザートである。カターイフ フレッシュアイペディアより)

  • ラマダン作戦

    ラマダン作戦から見たラマダーンラマダーン

    1982年6月20日、フセイン大統領は10日間以内にイラク軍をイラン領内から完全に撤退させることを発表した。29日には完全撤退したこと(実際には完全ではなかった)をイラク国営放送で発表され、これによりフセインは停戦に持ち込もうとした。しかしラフサンジャーニーマジェリス議長はこれを欺瞞として糾弾、更に撤退は和平への一条件に過ぎず、他の条件が認められなければ成らないと、拒否の姿勢を示した。ホメイニー師も賠償金は力も以ってしてもとると発言、7月7日にはシーラーズィー大佐陸軍最高司令官は、ラマダーン間にイラクへの侵攻を実施する可能性を示唆した。ラマダン作戦 フレッシュアイペディアより)

  • イスラーム教の祭日

    イスラーム教の祭日から見たラマダーンラマダーン

    まずイド・アル=フィトルとはラマダーン(日中の間に断食を行う月)の終わり(第10月の1日から)を祝う事で、ムスリムがたいてい行事上でザカート(慈善)を与える。 一方イード・アル・アドハーとは犠牲祭を意味し第12月の10日目やその月の終わり前の4日間宴を行い祝う事を指し、ムスリムがたいていは羊肉を3部分に分割した上に、家族や友人、そして貧しい人々へそれをささげる。これらの祭日はヒジュラ暦の中の一部分であり、グレゴリオ暦よりも短い11日間であるそのヒジュラ暦がイスラーム世界の年の1つとして構成する。イスラーム教の祭日 フレッシュアイペディアより)

  • ソマリ料理

    ソマリ料理から見たラマダーンラマダーン

    食事パターンもイスラームの影響が強い。朝食はクラーア(Quraac)と呼ばれ、パンと紅茶の組み合わせが多く、朝の礼拝時刻を知らせるアザーンの前に採ることが多い。さまざまな穀物で作った粥も朝食に好まれる。昼食はカド(Qado)と呼ばれ、一日のうちで主要な食事であることが多い。昼食には米料理が多く、イタリアから伝わったパスタが食べられることも多い。ソマリ族は夕食を午後9時以降に食べることが多く、量は少ない。ラマダーン(日中の断食)月には季節によって午後11時頃となることもある。ラマダーン期間中に日没とともに摂る食事をソマリアではアフル(afur)と呼ぶ(イスラム世界では普通と呼ぶことが多い)。食事は女性が作ることが多く、パンや粥に用いる穀類の調整や製粉も主婦の仕事である。ソマリ料理 フレッシュアイペディアより)

  • アフゴーイ

    アフゴーイから見たラマダーンラマダーン

    1980年代、アフゴーイはペルシア湾岸諸国の投資対象となり、クウェートの首長がラマダーンを過ごすのに使われたこともあった。アフゴーイ フレッシュアイペディアより)

  • アーシューラー

    アーシューラーから見たラマダーンラマダーン

    ムハッラム月10日目がイスラム教において宗教的な位置づけを得たのは、預言者ムハンマドがマッカからマディーナに移住(ヒジュラ)した後、ユダヤ教時代から伝わる「贖罪の日」の断食の習慣を適用し、マディーナで創設されたウンマ(イスラム共同体)における断食潔斎の日と定めたことに端を発している。キリスト教が旧約聖書という形でユダヤ教を継承しているように、イスラム教においても新約、旧約共に聖典として教義に含まれているため、ユダヤ教の習慣が継承されること自体は自然なことである。しかし、後年マディーナにおいてムスリムとユダヤ教徒の関係が悪化したため、ユダヤ教の性格が強いとみなされたアーシューラーの断食は(ラマダーン月のような)義務としての宗教行事ではなくなった。しかし、スンナ派の間では敬虔な信徒が自発的に潔斎をとりおこなう日として今日まで存続している。アーシューラー フレッシュアイペディアより)

  • マケドニア共和国のイスラム教

    マケドニア共和国のイスラム教から見たラマダンラマダーン

    現在でもスコピエの旧市街地にはモスクが点在し、ロマや黒いスカーフを被った女性、イスラム帽を被った男性が見られるという。また、祝祭日としてラマダン明けの日が設定されており、2014年は7月28日となっている 。マケドニア共和国のイスラム教 フレッシュアイペディアより)

145件中 21 - 30件表示

「ラマダン」のニューストピックワード