85件中 31 - 40件表示
  • ジャレビ

    ジャレビから見たラマダーンラマダーン

    現在確認されている中でジャレビについて言及されている最も古い文献は、ムハンマド・ビン・ハサン・アッ=バグダッディ (Muhammad bin Hasan al-Baghdadi) による13世紀の料理書である。イランでは、ズルビアと呼ばれ、ラマダーンの間は、貧者にこの菓子を施す習わしがあった。ジャレビ フレッシュアイペディアより)

  • チュニジアの歴史

    チュニジアの歴史から見たラマダーンラマダーン

    内政面では社会主義思想とブルギーバによる社会主義に影響を受けたイスラームの教義の独自解釈によって、重婚の禁止、離婚法の制定、ラマダーン(断食)の最中の労働の合法化など世俗的な改革が進められた。1962年から三カ年計画が実施され、フランスとの激しい対立政策により、フランスからの援助が得られなくなったためにアメリカ合衆国や東ヨーロッパ諸国などの援助により、インフラストラクチュアや教育の拡充が進められた。経済面では1964年に南部で油田が発見され、チュニジアも産油国の一員となった。アフマド・ベンサラー経済相による農業の集団化が進められたが、累積債務の増加など経済政策の失敗が明らかになると1969年にベンサラーが解任され、社会主義経済政策は終焉した。チュニジアの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 禁酒令

    禁酒令から見たラマダーンラマダーン

    リビアはアルコール飲料の輸入・販売・消費を禁止しており、違反者には重罰が科せられる。チュニジアはワイン以外のアルコール飲料を制限しており、「旅行者のための」特別な地域やバー、もしくは大都市に限って販売と消費が許可されているが、ワインは広く手に入る。モロッコではラマダーンの間、アルコール飲料の販売を禁止している1。禁酒令 フレッシュアイペディアより)

  • ウイグル料理

    ウイグル料理から見たラマダーンラマダーン

    ラマザン(ramazan、???????。断食月)には、病人や幼児などを除いて、日の出から日没まで断食をする。ウイグル料理 フレッシュアイペディアより)

  • ブラジルグランプリ

    ブラジルグランプリから見たラマダーンラマダーン

    以前は序盤に開催されており、そのうち10回が開幕戦として実施されてきた。2004年から開始したバーレーンGPがイスラム教の断食月ラマダーンと重なることを避けてシーズン序盤開催となったことを受け、一転して最終戦に実施された。また、終盤戦に開催されるようになってからは、ブラジルグランプリのみの「お約束」として、表彰式後のシャンパンファイトで通常の曲ではなく、サンバのリズムが流れ、それとともに大量の紙ふぶきが飛び出すようになった。ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • イスタナ・ヌルル・イマン

    イスタナ・ヌルル・イマンから見たラマダーンラマダーン

    王宮には普段は立ち入ることができない。但し、毎年のイスラム教のお祝いであるハリ・ラヤ・アイディルフィトリ(ムスリムの断食月(=ラマダーン)の終了を祝う祭り)の際には一般開放され、3日間で110,000人が訪問する。訪問者には料理が振る舞われ手土産に菓子類を渡すほか、小さな子どもたちには緑色の金銭の入った小袋が渡される。またラマダーン明けの10日間に渡ってムスリム向けの開放も行っており、ベルテダルス(Bertedarus)の祈りのために集う。イスタナ・ヌルル・イマン フレッシュアイペディアより)

  • ファールーク1世 (エジプト王)

    ファールーク1世 (エジプト王)から見たラマダーンラマダーン

    1936年にサフィナズ・ハニム・ズルフィカー(ファリダ王妃)と結婚。国民の人気は高かったものの男子が生まれなかったことから、第一次中東戦争の最中1948年に離婚した。その後、1951年にナリマン・サディクと結婚したが、彼女は既に婚約者がいた上にラマダーンの最中に新婚旅行に出かけるなど、先の離婚を巡ることと重なって多くの国民の不興を買った。ただ、ナリマン・サディク王妃との間には、待望の男児としてフアード2世が生まれている。ファールーク1世 (エジプト王) フレッシュアイペディアより)

  • 天文学史

    天文学史から見たラマダーンラマダーン

    しかし太陽の運行に基づく1年は月の満ち欠けの周期(朔望月)の整数倍にはなっていないため、そのままでは太陰暦による10月は太陽暦における9月、8月などに次第にずれていってしまい、「麦は10月にまく」などとは言えなくなってくる。(イスラム世界で使われるヒジュラ暦はこの方式であり、ラマダーン月の時期が夏になったり冬になったりする。)このため、暦と実際の観測結果を比較して、太陰暦に閏月などの補正を入れることで太陽年とずれを生じないように絶えず暦を作り変えてきた。このように、いかに正確な暦を作るかを追求することが古代における天文学の主要な役割であった。天文学史 フレッシュアイペディアより)

  • ドキュメント72時間

    ドキュメント72時間から見たラマダーンラマダーン

    12月5日「埼玉・となりのイスラム教徒」(ラマダーン終了間際のイスラム教コミュニティに密着。ナレーター:吹石一恵)ドキュメント72時間 フレッシュアイペディアより)

  • マンサフ

    マンサフから見たラマダーンラマダーン

    マンサフはヨルダン固有の料理であり、ヨルダン料理の中でも最も特徴のある一品であって、ヨルダンの国民食である。このため、ヨルダンの文化においては、マンサフを供することは気前のよさを最も端的に象徴する行いである。歴史学者で人類学者のユーセフ・ガワンメー (Yousef Ghawanmeh) が著書『The cultural history of Jordan during the Mamluk period 1250-1517(マムルーク朝ヨルダンの文化史)』において論じているように、マンサフは、伝統的なヨルダン文化の基層にある、肉やヨーグルトが入手しやすい、農業と牧畜が結びついた生活様式を反映したものである。マンサフは結婚式や子どもの誕生、卒業、客のもてなし、さらにイード・アル=フィトルやイード・アル=アドハー(いずれもラマダーン明けの祝日)、クリスマス、復活祭、ヨルダン独立記念日などの祝日など、特別な行事があるときに供される。伝統的な、ベドウィン(遊牧民)や農村部の習慣では、会食する皆が大皿を取り囲み、左手を背中に回し、道具は用いず右手だけを使い、直接大皿から料理を取って食べる。ヨルダン西部のカラクは、広くマンサフの「都」と認識されているマンサフ フレッシュアイペディアより)

85件中 31 - 40件表示

「ラマダン」のニューストピックワード