145件中 41 - 50件表示
  • カタールのイスラム教

    カタールのイスラム教から見たラマダンラマダーン

    法律もシャリーアと一般法を併用。このため豚肉や酒類、ポルノグラフィを国内に持ち込むのは禁止されている。また、金曜日はイスラム教の休日に当たるため、政府機関や店などは開いていない(店は夕方から開く)。ラマダン月には約1か月間断食が行われる関係上、政府関係施設やショッピングモールなどの時間が変更される場合がある。カタールのイスラム教 フレッシュアイペディアより)

  • イラクの文化

    イラクの文化から見たラマダーンラマダーン

    寛大さはイラクの文化において重きが置かれるものの一つで、頼みごとをしてきた者を鼻であしらうことは無礼であると考えられている。これは特にラマダーンの月のザカート (喜捨) で重きが置かれる。多くの家族は、富める者も貧しき者も、ホームレスのために料理を作るか、もしくは彼らを家庭に招待する。幾つかの家庭では招待した者が持ち帰ることができるように、バクラヴァやケバブの皿を用意する。イラクの文化 フレッシュアイペディアより)

  • ラマダーン革命

    ラマダーン革命から見たラマダーンラマダーン

    カーシムの排除は1963年2月8日に実行され、ラマダーンの14日目だったのでラマダン14日クーデターとも呼ばれる。1962年以来、幾度もクーデター計画が練られたが、発見を恐れて決行されてこなかった。ラマダーン革命 フレッシュアイペディアより)

  • ジャカルタコタ駅

    ジャカルタコタ駅から見たラマダンラマダーン

    1870年開業という長い歴史を持つ当駅は、かつてはジャワ島内各地を結ぶ長距離列車のターミナル駅としてインドネシア鉄道史とともに長らく機能していた。しかし、1990年代後半より同駅発着の長距離列車は徐々に削減され、エグゼクティブクラス(一等車に相当)を主体とした優等列車はガンビル駅に、ビジネスクラス(二等車に相当)やエコノミークラス(三等車に相当)を主体とした低廉列車はパサール・スネン駅に、それぞれターミナル機能が移行されてきた。2015年6月までは西ジャワ州方面を結ぶエコノミー列車や、バンドゥンを結ぶ一部の優等列車など、少数の長距離列車が当駅を発着していた。2017年2月までチカンペックおよびプルワカルタへの普通列車が運行していたが、タンジュン・プリオク駅発着となった。現在では、長距離列車のターミナルとしての機能はほぼ無くなった。ただし、レバラン(イスラムの断食月、ラマダン明けの大型連休)などの多客期には当駅を始発・終着とした長距離臨時列車が運行されることもある。また、ガンビル駅を始発・終着とする一般列車の一部は当駅まで回送され、当駅構内の留置線で車内清掃および整備が行われる。ジャカルタコタ駅 フレッシュアイペディアより)

  • サウジアラビア料理

    サウジアラビア料理から見たラマダーンラマダーン

    サウジアラビア高等教育省によれば、「温かいもてなしの象徴として、客には温かいコーヒーとデーツが供される」。ラマダーン(断食月)の期間中であってもこれは行われる。サウジアラビアのムスリムは休息を取る際、デーツと水、カフワ・アラビーヤを食する。コーヒーに含まれるカフェインと、デーツに含まれるタンパク質、鉄分により手軽にエネルギーを摂取することができる。ラマダーン期間中の夜に行われるの礼拝のエネルギー源となっている。サウジアラビア料理 フレッシュアイペディアより)

  • イナゴマメ

    イナゴマメから見たラマダーンラマダーン

    またイスラム教のラマダーンの時期にはイナゴマメから作った飲料が飲まれている。イナゴマメ フレッシュアイペディアより)

  • チュニジアの歴史

    チュニジアの歴史から見たラマダーンラマダーン

    内政面では社会主義思想とブルギーバによる社会主義に影響を受けたイスラームの教義の独自解釈によって、重婚の禁止、離婚法の制定、ラマダーン(断食)の最中の労働の合法化など世俗的な改革が進められた。1962年から三カ年計画が実施され、フランスとの激しい対立政策により、フランスからの援助が得られなくなったためにアメリカ合衆国や東ヨーロッパ諸国などの援助により、インフラストラクチュアや教育の拡充が進められた。経済面では1964年に南部で油田が発見され、チュニジアも産油国の一員となった。アフマド・ベンサラー経済相による農業の集団化が進められたが、累積債務の増加など経済政策の失敗が明らかになると1969年にベンサラーが解任され、社会主義経済政策は終焉した。チュニジアの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • バングラデシュ料理

    バングラデシュ料理から見たラマダーンラマダーン

    人口の90%以上をイスラム教徒が占めるバングラデシュの食事には宗教上のタブーがあり(ハラール)、豚肉や豚の加工品は忌避されている。ラマダーン月の日中イスラム教徒は断食をし、日が沈んだ後に街中の屋台でイフタリと呼ばれる軽食を買い、それを食べた後に本格的な夕食をとる。イフタリはナスやインゲンなどのバジャ(天ぷら)、ピアジェ(かき揚げ)などの揚げ物が多い。パキスタンはバングラデシュと同様にイスラム教徒が大多数を占めているインド亜大陸の国であるが、魚介類が豊富なベンガル地方に位置するバングラデシュの食文化は、肉、野鳥、魚が食生活の中心になっているパキスタンの食文化と異なっている。バングラデシュ料理 フレッシュアイペディアより)

  • クマ・エルハジ・ババカル

    クマ・エルハジ・ババカルから見たラマダーンラマダーン

    本人はイスラム教徒であることを公言しているが、トレーニングを行いながら実行するのは困難との理由でラマダーンは行っていないと話している。クマ・エルハジ・ババカル フレッシュアイペディアより)

  • ジュズウ

    ジュズウから見たラマダーンラマダーン

    1日1巻ずつ、ラマダーン月に信徒が全編を読誦できるようにした配慮ともいわれている。ジュズウ フレッシュアイペディアより)

145件中 41 - 50件表示

「ラマダン」のニューストピックワード