85件中 51 - 60件表示
  • 祭

    から見たラマダーンラマダーン

    イスラム教にはムハンマドの生誕を祝う預言者生誕祭、ラマダーン終了後のイド・アル=フィトル、イード・アル=アドハーなどがある。 フレッシュアイペディアより)

  • デンバ・バ

    デンバ・バから見たラマダーンラマダーン

    2011年6月17日、ニューカッスル・ユナイテッドFCと3年契約を結び、8月13日のアーセナルFC戦(0-0)でデビューした。開幕直後は低調なプレーぶりであり、ラマダーンの儀式がプレーに影響を及ぼしているのではないかと噂された 。9月24日のブラックバーン・ローヴァーズ戦(3-1)で移籍後初得点を含むハットトリックを達成した。ウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC戦(2-1)とトッテナム・ホットスパーFC戦(2-2)では2戦連続得点を挙げ、ストーク・シティFC戦(3-1)では再びハットトリックを達成した。これらの活躍により、ニューカッスル・Uは開幕から11戦無敗を続け、一時は首位のマンチェスター・シティFCと勝ち点6差の3位に位置した。11月26日、オールド・トラッフォードで行われたマンチェスター・ユナイテッドFC戦(1-1)でPKによる得点を挙げた。ノリッジ・シティFC戦では2得点を挙げたが、高さと強さのある相手攻撃陣に苦しみ、試合には2-4で敗れた。ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC戦(2-3)ではリーグ戦での12得点目と13得点目を決めた。12月23日、ESPN.comが選出するプレミアリーグの週間ベストイレブンに初めて選出された。デンバ・バ フレッシュアイペディアより)

  • ウピンとイピン

    ウピンとイピンから見たラマダーンラマダーン

    『ウピンとイピン』(マレーシア語:Upin & Ipin)はマレーシアのLes' Copaqueが製作したテレビアニメ作品。2007年に映画 『Geng: The Adventure Begins』の劇場公開時に『ウピンとイピン』アニメをTV9でラマダーン・イド・アル=フィトルの特別番組として放送した。2008年のラマダーン特別シーズンを含み、現在、『ウピンとイピン』テレビアニメはシーズン4を放送中。ウピンとイピン フレッシュアイペディアより)

  • ワッハーブ派

    ワッハーブ派から見たラマダーンラマダーン

    イード・アル=フィトル(バイラム祭):ラマダーン月の断食終了を記念した斎明けの祝日ワッハーブ派 フレッシュアイペディアより)

  • イド・アル=フィトル

    イド・アル=フィトルから見たラマダーンラマダーン

    イド・アル=フィトル( , 英語:Eid ul-Fitr または Id-ul-Fitr)は、イスラム教の祝日で、ラマダーンの終了を祝うもの。イード・アル=フィトルと表記されることもある。また、単にイドと略されることもある。イド・アル=フィトル フレッシュアイペディアより)

  • ピーシュガーム

    ピーシュガームから見たラマダンラマダーン

    2012年8月1日、イラン宇宙機関のは2012年8月19日に終わるラマダンの後に再びサルの宇宙への打ち上げを実行すると発表した。その後は2012年12月まで続報はなく、12月にはすぐ行われると発表した。ピーシュガーム フレッシュアイペディアより)

  • 太陰暦

    太陰暦から見たラマダーンラマダーン

    一例を挙げれば、ヒジュラ暦1428年のラマダーン(9月)は西暦2008年の9月ごろで初秋だが、1410年のラマダーンは西暦1990年の4月ごろで中春だった。太陰暦 フレッシュアイペディアより)

  • イード・アル=アドハー

    イード・アル=アドハーから見たラマダーンラマダーン

    イード・アル=アドハー(??? ?????? 、Eid ul-Adha)はイスラム教で定められた宗教的な祝日。イブラーヒーム(アブラハム)が進んで息子のイスマーイール(イシュマエル)をアッラーフへの犠牲として捧げた事を世界的に記念する日。ムスリムのラマダーン明けのイード(祝祭)の1つである、イード・アル=フィトルと同様に、イド・アル=アドハーは短い説教をともなう祈祷(フトゥバ)から始まる。イード・アル=フィトルより長期間にわたるため、大イードなどとも呼ばれる。また、日本では犠牲祭と意訳される。イード・アル=アドハー フレッシュアイペディアより)

  • アフリカ料理

    アフリカ料理から見たラマダーンラマダーン

    ソマリアでは夕食を摂る時刻が遅く、午後9時を過ぎる。さらにラマダーン(断食の月)の期間は、午後11時を過ぎることもある。アフリカ料理 フレッシュアイペディアより)

  • マニ (預言者)

    マニ (預言者)から見た断食月ラマダーン

    マニ教はこのように寛容な諸教混交を表明しており、その宗教形式(ユダヤ・キリスト教の継承、預言者の印璽、断食月)は、ローマ帝国やアジア各地への伝道により広範囲に広まった。4世紀には西方で隆盛したが、6世紀以降は東方へも広がって中国に達し、漢字では「摩尼教」と記された。また、マニの教えに関心を寄せた人物としては、一時マニ教徒であった4世紀から5世紀にかけてのキリスト者で教父哲学の祖といわれるアウグスティヌスがいる。さらに、のちに7世紀代のムハンマドによるイスラーム教の成立に影響を与えた。イスラームの預言者ムハンマドもまた「預言者の印璽」を自ら名乗った一人である。マニ (預言者) フレッシュアイペディアより)

85件中 51 - 60件表示

「ラマダン」のニューストピックワード