145件中 51 - 60件表示
  • イド・アル=フィトル

    イド・アル=フィトルから見たラマダーンラマダーン

    イード・アル=フィトル( 、 または )とは、イスラム教の祝日で、ラマダーンの終了を祝う大祭である。イード・アル=フィトルと表記されることもある。また、単にイードと略されることもある。イド・アル=フィトル フレッシュアイペディアより)

  • エルサレム攻囲戦 (1099年)

    エルサレム攻囲戦 (1099年)から見たラマダーンラマダーン

    一方アスカロンの戦いの直後、ダマスカスのカーディー(法官)であったアブー・サアド・アル=ハラウィらは、難民を引き連れてイスラム世界の中心地でアッバース朝カリフの座所でもあるバグダードに到達した。8月19日金曜日には、彼らは金曜礼拝の行われているモスクで、ラマダーンであるにもかかわらず飲食を始めた。彼は怒って押し寄せた群衆に、聖地が破壊されムスリムが多数殺されたことに無関心なのにどうして断食破りごときで騒ぐのかと問いかけ、十字軍の惨害を語って聴衆を沈黙させ涙させたという。しかしアッバース朝のカリフ・ムスタズヒルも、事実上の支配者であるセルジューク朝スルタンのバルキヤールクもアル=ハラウィらの訴えに反応を示さなかった。繊細なムスタズヒルは後宮で歓楽に溺れ、バルキヤールクはバグダードを空けてセルジュークの故地であるイラン北部で実弟ムハンマドと戦っている最中であった。1099年から1101年までの間、バルキヤールクとムハンマドはバグダードの争奪を繰り返した。このような兄弟喧嘩でセルジューク朝が機能不全に陥っている間、レバントに留まったわずかな数の十字軍が着々と十字軍国家の足場を固めていった。エルサレム攻囲戦 (1099年) フレッシュアイペディアより)

  • ファールーク1世 (エジプト王)

    ファールーク1世 (エジプト王)から見たラマダーンラマダーン

    1936年にサフィナズ・ハニム・ズルフィカー(ファリダ王妃)と結婚した。国民の人気は高かったものの男子が生まれなかったことから、第一次中東戦争の最中の1948年に離婚した。その後、1951年にナリマン・サディクと結婚したが、彼女は既に婚約者がいた上にラマダーンの最中に新婚旅行に出かけるなど、先の離婚を巡ることと重なって多くの国民の不興を買った。ただ、ナリマン・サディク王妃との間には、待望の男児としてフアード2世が生まれている。ファールーク1世 (エジプト王) フレッシュアイペディアより)

  • 乳

    から見たラマダーンラマダーン

    聖書にもミルクを意図した言葉があり、カナンの地イスラエルを「乳と蜜が流れる地」と表現している。乳は蜜と並び「よきもの」の象徴である。コーランの「蜜蜂」には乳について述べた箇所があり、乳は家畜の中で飼料と血液の中間から生じ、人間に与えられる美味な飲み物だと言う (16-The Honeybee, 66)。伝統的に、ラマダーン明けには一杯のミルクと乾燥ナツメヤシの実を口にする。仏教では釈迦の説話に、断食修行後に口にした牛乳の美味が悟りを導いたとあり、牛乳から作られる醍醐を「仏の最上の経法」を指す用語に用いている。ヒンドゥー教で行われる灌頂では、崇拝する神の像を聖水やミルク又はヨーグルトなどで清める儀式が行われる。 フレッシュアイペディアより)

  • イスタナ・ヌルル・イマン

    イスタナ・ヌルル・イマンから見たラマダーンラマダーン

    王宮には普段は立ち入ることができない。但し、毎年のイスラム教のお祝いであるハリ・ラヤ・アイディルフィトリ(ムスリムの断食月(=ラマダーン)の終了を祝う祭り)の際には一般開放され、3日間で110,000人が訪問する。訪問者には料理が振る舞われ手土産に菓子類を渡すほか、小さな子どもたちには緑色の金銭の入った小袋が渡される。またラマダーン明けの10日間に渡ってムスリム向けの開放も行っており、ベルテダルス(Bertedarus)の祈りのために集う。イスタナ・ヌルル・イマン フレッシュアイペディアより)

  • グルジャ事件

    グルジャ事件から見たラマダーンラマダーン

    )(中国語:伊寧二五事件、“伊寧事件”、“二五、二六事件”)は、1997年のグルジャ抗議運動の頂点であり、同年2月5日(ラマダーン、春節の三日前)に新疆イリ・カザフ自治州グルジャ市(伊寧市)で発生した抗議デモおよび引き続き発生した一連の暴力事件である。グルジャ事件 フレッシュアイペディアより)

  • マラウィ (ラナオ・デル・スル州)

    マラウィ (ラナオ・デル・スル州)から見たラマダーンラマダーン

    市の祭典の多くはイスラム教にからんだものである。預言者ムハンマドの生誕を祝うムハンマド生誕祭 (Maulid En Nabi)、ラマダーンは市民の多くが楽しみにしている。ラマダーンでは食材だけでなく新しい食器が用意され、最初の夜には真新しい食器に盛られた特別な料理が振舞われる。他にも、Morod A Miskin と呼ばれる、貧しい人々に食事を振舞う祭典、Morod A Lomalayag と呼ばれる、旅から無事帰ってきた人々や船乗りが旅の成功と安全を感謝して行う祝典がある。また結婚式も派手で、特にダトゥと呼ばれる地元の古くからの首長の一族の結婚式は華やかで期間も長く、戴冠式なども同時に行われる。マラウィ (ラナオ・デル・スル州) フレッシュアイペディアより)

  • ナツメヤシ

    ナツメヤシから見たラマダーンラマダーン

    デーツはイラクやアラブ諸国、西は北アフリカのモロッコまでの広い地域で、古くから重要な食物となっている。イスラム諸国では、デーツと牛乳は伝統的にラマダーン期間中の日没後に最初に取る食事である。また、長期保存ができ、砂漠のような雨が少ないところでも育つため、デーツは乾燥地帯に住むサハラ砂漠の遊牧民やオアシスに住む人たちにとっても大切な食料となっている。果物としてはカロリーも高いため、主食として主たる炭水化物源食物とすることも容易であり、遊牧生活を送るアラブ人であるベドウィンは、伝統的に乾燥させたデーツと乳製品を主食としている。ナツメヤシ フレッシュアイペディアより)

  • ネイティヴ・ディーン

    ネイティヴ・ディーンから見たラマダーンラマダーン

    ネイティヴ・ディーンは、イスラム教の集会や、募金活動、休日の集会(しばしばラマダーンやイード・アル=アドハーの期間中に行われる)などでパフォーマンスをしている。グループは北アメリカのムスリム青年たちの間で比較的よく知られており、国外でもツアーを行なっている。ネイティヴ・ディーン フレッシュアイペディアより)

  • 禁酒令

    禁酒令から見たラマダーンラマダーン

    リビアはアルコール飲料の輸入・販売・消費を禁止しており、違反者には重罰が科せられる。チュニジアはワイン以外のアルコール飲料を制限しており、「旅行者のための」特別な地域やバー、もしくは大都市に限って販売と消費が許可されているが、ワインは広く手に入る。モロッコではラマダーンの間、アルコール飲料の販売を禁止している1。禁酒令 フレッシュアイペディアより)

145件中 51 - 60件表示

「ラマダン」のニューストピックワード