85件中 61 - 70件表示
  • ジハード

    ジハードから見たラマダーンラマダーン

    「大きなジハード」すなわち「内へのジハード」は、個々人のムスリムの心の中にある悪や不正義、欲望、自我、利己主義と戦って、内面に正義を実現させるための行為のことであり、それだけに、いっそう困難で重要なものとされる。このことに関して、イスラーム共和制をとるイランでは、ラマダーンの期間、「ラマダーン月はジハードの月」などといった標語を掲げることによって、弛緩しがちなムスリムたちの規律を正し、イスラーム共和国の理想を思い起こさせるための行為という意味で「ジハード」の語が用いられる。イスラームが五行のひとつとして1ヶ月にわたる断食(サウム)を信徒に命じている理由は、人びとに食欲という本能を抑える訓練をさせることによって、精神は肉体よりも強固なものであると自覚させ、同時に食べものへの感謝の念を起こさせるためであるといわれている。ジハード フレッシュアイペディアより)

  • スリランカ

    スリランカから見たラマダーンラマダーン

    4月にはとでそれぞれ新年が祝われる。7~8月には、古都キャンディでエサラ・ペラヘラ祭というスリランカ仏教における象徴的なお祭りがあり、これはおおよそ一ヶ月間に渡って行われる。祭りでは飾り付けられた象とともに、ファイアーダンス、ウィップダンス、キャンディアンダンスそれに様々な他の文化のダンスが繰り広げられる。その他、タミル人には、が、イスラム教徒にはハッジ、ラマダーンといった行事があり、毎年祭事が催される。スリランカ フレッシュアイペディアより)

  • ナイジェリア

    ナイジェリアから見たラマダーンラマダーン

    また、イスラム文化の影響を受けたヨルバ人により、20世紀初めごろに「サカラ」を成立、1940年代に流行。対抗するようにトーキングドラム(ドゥンドゥン)のアンサンブルによる「アパラ」も発生した。ラマダーンの時期に目覚ましとして使われていた音楽は「ウェレ(アジサーリ)」へと発展し、1960年代にはシキル・アインデ・バリスターにより「フジ音楽」が生まれた。ナイジェリア フレッシュアイペディアより)

  • 五行 (イスラム教)

    五行 (イスラム教)から見たラマダーンラマダーン

    断食(サウム):ラマダーン月の日中、飲食や性行為を慎むこと。五行 (イスラム教) フレッシュアイペディアより)

  • ドゥルーズ派

    ドゥルーズ派から見たサウムラマダーン

    メッカを聖地とみなさないため、五行のうちの巡礼(ハッジ)を行わず、さらにラマダーンの断食(サウム)は禁止されてはいないが義務ではないので、通常には行うことはない。このように教義と宗教行為の面でイスラム教の多くの派と異なる点が多いため、多くのムスリムはドゥルーズ派をイスラムからの逸脱とみなしている。ドゥルーズ派 フレッシュアイペディアより)

  • ドゥルーズ派

    ドゥルーズ派から見たラマダーンラマダーン

    メッカを聖地とみなさないため、五行のうちの巡礼(ハッジ)を行わず、さらにラマダーンの断食(サウム)は禁止されてはいないが義務ではないので、通常には行うことはない。このように教義と宗教行為の面でイスラム教の多くの派と異なる点が多いため、多くのムスリムはドゥルーズ派をイスラムからの逸脱とみなしている。ドゥルーズ派 フレッシュアイペディアより)

  • ソマリア

    ソマリアから見たラマダーンラマダーン

    ソマリア料理は地域ごとに様々な変化があり、多様な調理法を包括する。ソマリ料理を結びつける一つの作法はハラールの存在である。それゆえ、豚肉料理や、アルコールは出されておらず、勝手に死んだものは食べられず、血は含まれない。ソマリ人は夕食を午後六時以降に食べる。ラマダーンの間は、タラウィーの祈りの後の、時に夜の11時以降に夕食が出される。Cambuuloはソマリアの最もポピュラーな料理のひとつであり、国中を通して夕食として享受されている。料理は良く料理された小豆と、バターと砂糖が混ぜられる。digirと呼ばれる豆は、レンジの上に弱火で五時間以上放置され、大変美味である。Barriss(米)とbasto(パスタ)は一般的な食材だが、季節によって独特のフレーヴァーと多くのスパイスが加えられる。ソマリア フレッシュアイペディアより)

  • 乳

    から見たラマダーンラマダーン

    聖書にもミルクを意図した言葉があり、カナンの地イスラエルを「乳と蜜が流れる地」と表現している。乳は蜜と並び「よきもの」の象徴である。コーランの「蜜蜂」には乳について述べた箇所があり、乳は家畜の中で飼料と血液の中間から生じ、人間に与えられる美味な飲み物だと言う (16-The Honeybee, 66)。伝統的に、ラマダーン明けには一杯のミルクと乾燥ナツメヤシの実を口にする。仏教では釈迦の説話に、断食修行後に口にした牛乳の美味が悟りを導いたとあり、牛乳から作られる醍醐を「仏の最上の経法」を指す用語に用いている。ヒンズー教で行われる灌頂では、崇拝する神の像を聖水やミルク又はヨーグルトなどで清める儀式が行われる。 フレッシュアイペディアより)

  • マニ教

    マニ教から見たラマダーンラマダーン

    ベーマの祝祭に先立つ1ヶ月間には断食が要求され、これがイスラームにおけるラマダーン月の先駆となったと考えられている。マニ教 フレッシュアイペディアより)

  • マニ教

    マニ教から見た断食月ラマダーン

    上述のようにマニ教は、寛容な諸教混交の立場を表明しており、その宗教形式(ユダヤ・キリスト教の継承、「預言者の印璽」、断食月)は、ローマ帝国やアジア各地への伝道により広範囲に広まった。マニ教の教団は伝道先でキリスト教や仏教を名のることで巧みに教線を伸ばした。マニ教 フレッシュアイペディアより)

85件中 61 - 70件表示

「ラマダン」のニューストピックワード