前へ 1 2 3
21件中 1 - 10件表示
  • ラマダーン

    ラマダーンから見たシェイク・ムザファ・シュコア

    シェイク・ムザファ・シュコア - マレーシア人の宇宙飛行士で、ムスリムとして史上初めて宇宙でラマダーンを過ごした。ラマダーン フレッシュアイペディアより)

  • ラマダーン

    ラマダーンから見たロンドンオリンピック (2012年)

    2012年はロンドンオリンピック開催期間とラマダーンが、たまたま同じ期間に重なった。ラマダーン フレッシュアイペディアより)

  • ラマダーン

    ラマダーンから見た閏月

    イスラム暦は純粋な太陰暦で閏月による補正を行わないため、毎年11日ほど早まり、およそ33年で季節が一巡する。そのため「ムスリムは同じ季節のラマダーンを人生で2度経験する」と言われる。ラマダーン フレッシュアイペディアより)

  • ラマダーン

    ラマダーンから見たヒジュラ

    断食はヒジュラの道中の苦難を追体験するために行われるものである。したがって、飲食物の摂取量を減らすことが目的なのではなく、あくまで宗教的な試練として課される。また、食べ物に対するありがたみを感じさせるためとも言われている。ラマダーン フレッシュアイペディアより)

  • ラマダーン

    ラマダーンから見たスワヒリ語

    ペルシア語など非アラビア語圏における発音に基づけば、ラマザーンないしラマザンとも書ける。ラマダーンのダの音?(現代標準アラビア語音d?)はダードと呼ばれるが、これは他の言語において近似の難しい音である。古典アラビア語の段階(少なくともシーバワイヒが記述・規範両面にまたがる文法を書いたころは)にはザとダとラの混じったような咽頭化音であった(有声咽頭化側面破裂?破擦?摩擦音)。そのため、ペルシア語、トルコ語、ウルドゥー語など西アジア、南アジア、中央アジアの諸言語のように、比較的古い時代にアラビア語から借用した言語では、ダードをzの音で取り入れる例が多いため、「ラマザン」「ラマザーン」となる言語が多い。インドネシア語など東南アジアの諸言語のように比較的新しい時代にアラビア語から借用した言語では、ダードをdの音で取り入れて「ラマダン」となる例が多い。スワヒリ語ではダードを摩擦子音dh(ð)で取り入れている語が多く、ラマダーンはramadhani(ラマザニ)と呼ばれている。ハウサ語では、dとlのそれぞれで取り入れた語形が共存する。それぞれ古典アラビア語や現代標準アラビア語の発音を各言語なりに借用した結果である。ラマダーン フレッシュアイペディアより)

  • ラマダーン

    ラマダーンから見たイド・アル=フィトル

    ラマダーン明けの祭りはイド・アル=フィトルと呼ばれ、盛大なものである。ラマダーン フレッシュアイペディアより)

  • ラマダーン

    ラマダーンから見たカターイフ

    カターイフ - ラマダーンの時期に食される菓子。ラマダーン フレッシュアイペディアより)

  • ラマダーン

    ラマダーンから見た断食

    ラマダーン()は、ヒジュラ暦の第9月。ラマダンとも表記。この月の日の出から日没までのあいだ、イスラム教徒の義務の一つ「断食(サウム)」として、飲食を絶つことが行われる。「ラマダーン」を断食のことと誤って捉える人も少なくないが、ラマダーンとはあくまでもヒジュラ暦における月の名である。ラマダーン フレッシュアイペディアより)

  • ラマダーン

    ラマダーンから見たアフガニスタン

    株式相場などでオイルマネーの影響を考えると、ラマダーン期間は、少し低調の方に動くとされている。また、地域紛争では、ラマダーン期間は、戦闘行為が自粛される方向にあったとされていたが、そうとは限らない。最近のアフガニスタンのタリバーンなどは、ラマダーン期間にもかかわらず、積極的に攻勢に出ることもある。ラマダーン フレッシュアイペディアより)

  • ラマダーン

    ラマダーンから見たウルドゥー語

    ペルシア語など非アラビア語圏における発音に基づけば、ラマザーンないしラマザンとも書ける。ラマダーンのダの音?(現代標準アラビア語音d?)はダードと呼ばれるが、これは他の言語において近似の難しい音である。古典アラビア語の段階(少なくともシーバワイヒが記述・規範両面にまたがる文法を書いたころは)にはザとダとラの混じったような咽頭化音であった(有声咽頭化側面破裂?破擦?摩擦音)。そのため、ペルシア語、トルコ語、ウルドゥー語など西アジア、南アジア、中央アジアの諸言語のように、比較的古い時代にアラビア語から借用した言語では、ダードをzの音で取り入れる例が多いため、「ラマザン」「ラマザーン」となる言語が多い。インドネシア語など東南アジアの諸言語のように比較的新しい時代にアラビア語から借用した言語では、ダードをdの音で取り入れて「ラマダン」となる例が多い。スワヒリ語ではダードを摩擦子音dh(ð)で取り入れている語が多く、ラマダーンはramadhani(ラマザニ)と呼ばれている。ハウサ語では、dとlのそれぞれで取り入れた語形が共存する。それぞれ古典アラビア語や現代標準アラビア語の発音を各言語なりに借用した結果である。ラマダーン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
21件中 1 - 10件表示

「ラマダン」のニューストピックワード