21件中 11 - 20件表示
  • ラマダーン

    ラマダーンから見たインドネシア語

    ペルシア語など非アラビア語圏における発音に基づけば、ラマザーンないしラマザンとも書ける。ラマダーンのダの音?(現代標準アラビア語音d?)はダードと呼ばれるが、これは他の言語において近似の難しい音である。古典アラビア語の段階(少なくともシーバワイヒが記述・規範両面にまたがる文法を書いたころは)にはザとダとラの混じったような咽頭化音であった(有声咽頭化側面破裂?破擦?摩擦音)。そのため、ペルシア語、トルコ語、ウルドゥー語など西アジア、南アジア、中央アジアの諸言語のように、比較的古い時代にアラビア語から借用した言語では、ダードをzの音で取り入れる例が多いため、「ラマザン」「ラマザーン」となる言語が多い。インドネシア語など東南アジアの諸言語のように比較的新しい時代にアラビア語から借用した言語では、ダードをdの音で取り入れて「ラマダン」となる例が多い。スワヒリ語ではダードを摩擦子音dh(ð)で取り入れている語が多く、ラマダーンはramadhani(ラマザニ)と呼ばれている。ハウサ語では、dとlのそれぞれで取り入れた語形が共存する。それぞれ古典アラビア語や現代標準アラビア語の発音を各言語なりに借用した結果である。ラマダーン フレッシュアイペディアより)

  • ラマダーン

    ラマダーンから見たムーサー

    断食は苦行として行うことが目的ではない。例えば、日没になれば、すぐに食事を摂り、日が昇るぎりぎりまで食事を摂っている事が良いとされている。日没後も念のためにしばらく飲食を控えたり、日が昇るはるかに前から飲食を止めたりする事はふさわしくないとされている。また苦しみを得る事が目的ではないので、それを和らげるためにあらゆる方法を取ることはまったく問題がない。例えば、仕事の無い日は、日中は礼拝をする時などを除いて寝ていてもかまわない。日中の空腹を和らげるために日昇前に多めに食事を取ってもまったく問題はなく、日中体内の水分が失われないように対策を採ることもまったく禁じられていない。また、一年を通して断食をすることは完全に禁止され、昼夜を通して断食することも禁じられている。(ただし、預言者ムーサー(モーセ)やイーサー(イエス)は例外的に昼夜を通して断食を行ったことがあるとされている。)慣例的にラマダーンの前日は断食を行わないこととなっている。ラマダーン フレッシュアイペディアより)

  • ラマダーン

    ラマダーンから見たトルコ語

    ペルシア語など非アラビア語圏における発音に基づけば、ラマザーンないしラマザンとも書ける。ラマダーンのダの音?(現代標準アラビア語音d?)はダードと呼ばれるが、これは他の言語において近似の難しい音である。古典アラビア語の段階(少なくともシーバワイヒが記述・規範両面にまたがる文法を書いたころは)にはザとダとラの混じったような咽頭化音であった(有声咽頭化側面破裂?破擦?摩擦音)。そのため、ペルシア語、トルコ語、ウルドゥー語など西アジア、南アジア、中央アジアの諸言語のように、比較的古い時代にアラビア語から借用した言語では、ダードをzの音で取り入れる例が多いため、「ラマザン」「ラマザーン」となる言語が多い。インドネシア語など東南アジアの諸言語のように比較的新しい時代にアラビア語から借用した言語では、ダードをdの音で取り入れて「ラマダン」となる例が多い。スワヒリ語ではダードを摩擦子音dh(ð)で取り入れている語が多く、ラマダーンはramadhani(ラマザニ)と呼ばれている。ハウサ語では、dとlのそれぞれで取り入れた語形が共存する。それぞれ古典アラビア語や現代標準アラビア語の発音を各言語なりに借用した結果である。ラマダーン フレッシュアイペディアより)

  • ラマダーン

    ラマダーンから見たムスリム

    イスラム暦は純粋な太陰暦で閏月による補正を行わないため、毎年11日ほど早まり、およそ33年で季節が一巡する。そのため「ムスリムは同じ季節のラマダーンを人生で2度経験する」と言われる。ラマダーン フレッシュアイペディアより)

  • ラマダーン

    ラマダーンから見た新月

    ラマダーン月の開始と終了は、長老らによる新月の確認によって行われる。雲などで新月が確認できなかった場合は1日ずれる。夏に日が沈まない極地地方にあっては、近隣国の日の出・日没時間に合わせるなどの調整も図られる。ラマダーン フレッシュアイペディアより)

  • ラマダーン

    ラマダーンから見たモーセ

    断食は苦行として行うことが目的ではない。例えば、日没になれば、すぐに食事を摂り、日が昇るぎりぎりまで食事を摂っている事が良いとされている。日没後も念のためにしばらく飲食を控えたり、日が昇るはるかに前から飲食を止めたりする事はふさわしくないとされている。また苦しみを得る事が目的ではないので、それを和らげるためにあらゆる方法を取ることはまったく問題がない。例えば、仕事の無い日は、日中は礼拝をする時などを除いて寝ていてもかまわない。日中の空腹を和らげるために日昇前に多めに食事を取ってもまったく問題はなく、日中体内の水分が失われないように対策を採ることもまったく禁じられていない。また、一年を通して断食をすることは完全に禁止され、昼夜を通して断食することも禁じられている。(ただし、預言者ムーサー(モーセ)やイーサー(イエス)は例外的に昼夜を通して断食を行ったことがあるとされている。)慣例的にラマダーンの前日は断食を行わないこととなっている。ラマダーン フレッシュアイペディアより)

  • ラマダーン

    ラマダーンから見たタリバーン

    株式相場などでオイルマネーの影響を考えると、ラマダーン期間は、少し低調の方に動くとされている。また、地域紛争では、ラマダーン期間は、戦闘行為が自粛される方向にあったとされていたが、そうとは限らない。最近のアフガニスタンのタリバーンなどは、ラマダーン期間にもかかわらず、積極的に攻勢に出ることもある。ラマダーン フレッシュアイペディアより)

  • ラマダーン

    ラマダーンから見たペルシア語

    ペルシア語など非アラビア語圏における発音に基づけば、ラマザーンないしラマザンとも書ける。ラマダーンのダの音?(現代標準アラビア語音d?)はダードと呼ばれるが、これは他の言語において近似の難しい音である。古典アラビア語の段階(少なくともシーバワイヒが記述・規範両面にまたがる文法を書いたころは)にはザとダとラの混じったような咽頭化音であった(有声咽頭化側面破裂?破擦?摩擦音)。そのため、ペルシア語、トルコ語、ウルドゥー語など西アジア、南アジア、中央アジアの諸言語のように、比較的古い時代にアラビア語から借用した言語では、ダードをzの音で取り入れる例が多いため、「ラマザン」「ラマザーン」となる言語が多い。インドネシア語など東南アジアの諸言語のように比較的新しい時代にアラビア語から借用した言語では、ダードをdの音で取り入れて「ラマダン」となる例が多い。スワヒリ語ではダードを摩擦子音dh(ð)で取り入れている語が多く、ラマダーンはramadhani(ラマザニ)と呼ばれている。ハウサ語では、dとlのそれぞれで取り入れた語形が共存する。それぞれ古典アラビア語や現代標準アラビア語の発音を各言語なりに借用した結果である。ラマダーン フレッシュアイペディアより)

  • ラマダーン

    ラマダーンから見た太陰暦

    イスラム暦は純粋な太陰暦で閏月による補正を行わないため、毎年11日ほど早まり、およそ33年で季節が一巡する。そのため「ムスリムは同じ季節のラマダーンを人生で2度経験する」と言われる。ラマダーン フレッシュアイペディアより)

  • ラマダーン

    ラマダーンから見たヒジュラ暦

    ラマダーン()は、ヒジュラ暦の第9月。ラマダンとも表記。この月の日の出から日没までのあいだ、イスラム教徒の義務の一つ「断食(サウム)」として、飲食を絶つことが行われる。「ラマダーン」を断食のことと誤って捉える人も少なくないが、ラマダーンとはあくまでもヒジュラ暦における月の名である。ラマダーン フレッシュアイペディアより)

21件中 11 - 20件表示

「ラマダン」のニューストピックワード