ラムサール条約 ニュース&Wiki etc.

ラムサール条約(ラムサールじょうやく、英:Ramsar Convention)は、湿地の保存に関する国際条約。水鳥を食物連鎖の頂点とする湿地の生態系を守る目的で、1971年2月2日に制定され、1975年12月21日に発効した。1980年以降、定期的に締約国会議が開催されている。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ラムサール条約」のつながり調べ

  • 瓢湖

    瓢湖から見たラムサール条約

    瓢湖(ひょうこ)は、新潟県阿賀野市水原(すいばら)地区にある人造湖。オオハクチョウやコハクチョウの飛来地として知られる。ラムサール条約の登録湿地であり、日本の重要湿地500でもある。(瓢湖 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥獣保護区

    鳥獣保護区から見たラムサール条約

    1980年(昭和55年) - 絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(ワシントン条約)、ラムサール条約締結。(鳥獣保護区 フレッシュアイペディアより)

「ラムサール条約」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「ラムサール条約」のニューストピックワード