ラムサール条約 ニュース&Wiki etc.

ラムサール条約(ラムサールじょうやく、英語での通称Ramsar Convention)は、湿地の保存に関する国際条約。水鳥を食物連鎖の頂点とする湿地の生態系を守る目的で、1971年2月2日に制定され、1975年12月21日に発効した。1980年以降、定期的に締約国会議が開催されている。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ラムサール条約」のつながり調べ

  • 勇払平野

    勇払平野から見たラムサール条約

    バードサンクチュアリ及びラムサール条約に登録されているウトナイ湖が存在し、多くの野鳥が観察されるほか、ハスカップが自生している。(勇払平野 フレッシュアイペディアより)

  • 曽根干潟

    曽根干潟から見たラムサール条約

    また、環境省のレッドデータブックに指定されているカブトガニの生息地にもなっており、絶滅が危惧される生物の生息地として知られている。これらのことから、ラムサール条約に曽根干潟が登録されることを目指す動きがある。(曽根干潟 フレッシュアイペディアより)

「ラムサール条約」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「ラムサール条約」のニューストピックワード