前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
247件中 1 - 10件表示
  • 栗原市

    栗原市から見たラムサール条約ラムサール条約

    栗原市は、成立した2005年(平成17年)4月1日をもって宮城県最大の面積を持つ地方自治体となった。栗駒山を含む栗駒山地は栗駒国定公園に指定されている(cf.)。伊豆沼と内沼はラムサール条約の日本の登録湿地である (cf.)。栗原市 フレッシュアイペディアより)

  • 湿地

    湿地から見たラムサール条約ラムサール条約

    例えば、渡り鳥の保全に関する国際条約であるラムサール条約の登録対象は湿地であるが、その定義は条文の第1条第1項に示されており、下記のとおりである。湿地 フレッシュアイペディアより)

  • 屋久島

    屋久島から見たラムサール条約ラムサール条約

    島北部の永田浜は世界有数のアカウミガメの産卵地であり、ラムサール条約登録湿地となっている。(後述)屋久島 フレッシュアイペディアより)

  • 大崎市

    大崎市から見たラムサール条約ラムサール条約

    化女沼、潟沼、蕪栗沼(ラムサール条約登録湿地)大崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 小田代ヶ原

    小田代ヶ原から見たラムサール条約ラムサール条約

    小田代ヶ原(おだしろがはら)は、栃木県日光市の日光国立公園内にある湿地である。標高は、盆地状の地形の底部が約1,405から1,410m程度、周縁部は少し高く最高でも1,430m程度である。日光国立公園の特別保護地域および特別地域であるほか、環境省の日本の重要湿地500、国際条約のラムサール条約湿地に登録され保護されている。小田代ヶ原 フレッシュアイペディアより)

  • 化女沼ダム

    化女沼ダムから見たラムサール条約ラムサール条約

    もとは化女沼という名称の自然湖であったが、これをため池で一般的なアースダム化した。2008年(平成20年)10月30日にラムサール条約登録湿地となった。化女沼ダム フレッシュアイペディアより)

  • 日本の重要湿地500

    日本の重要湿地500から見たラムサール条約ラムサール条約

    日本の重要湿地500(にほんのじゅうようしっち500)は、ラムサール条約登録湿地の選定や、湿地保全の基礎資料とするために、2001年12月に環境省によって選定された日本国内の500箇所の重要な湿地である。日本の重要湿地500 フレッシュアイペディアより)

  • 伊豆沼

    伊豆沼から見たラムサール条約ラムサール条約

    これらの水鳥の生息地として保護するため、1967年に「伊豆沼・内沼の鳥類およびその生息地」として国の天然記念物に指定されている。その後1982年に国指定伊豆沼鳥獣保護区(集団渡来地)に指定されており(面積1,455ha、うち特別保護地区907ha)、1985年に国際的に重要な湿地を保全する「ラムサール条約」にも登録された(日本で2番目の登録地である)。伊豆沼 フレッシュアイペディアより)

  • 藺牟田池

    藺牟田池から見たラムサール条約ラムサール条約

    1921年3月3日に「藺牟田池の泥炭形成植物群落」として国指定の史跡名勝天然記念物となり、2005年11月8日付でラムサール条約指定湿地に登録された。藺牟田池 フレッシュアイペディアより)

  • 渡良瀬遊水地

    渡良瀬遊水地から見たラムサール条約ラムサール条約

    渡良瀬遊水地(わたらせゆうすいち)は、足尾鉱毒事件による鉱毒を沈殿させ無害化することを目的に渡良瀬川下流に作られた遊水池である。2012年(平成24年)7月3日、ラムサール条約に登録された。渡良瀬遊水地 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
247件中 1 - 10件表示

「ラムサール条約」のニューストピックワード