247件中 91 - 100件表示
  • ムース川

    ムース川から見たラムサール条約ラムサール条約

    河口のムース川鳥類自然保護区(Moose River Bird Sanctuary)は1987年に国際的に重要な湿地帯に選定された(ラムサール条約)。ムース川 フレッシュアイペディアより)

  • 生物の多様性に関する条約

    生物の多様性に関する条約から見たラムサール条約ラムサール条約

    絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(ワシントン条約)やラムサール条約のように、特定の行為や特定の生息地のみを対象とするのではなく、野生生物保護の枠組みを広げ、地球上の生物の多様性を包括的に保全することが、この条約の目的である。また、生物多様性の保全だけでなく、「持続可能な利用」を明記していることも特徴の一つである。生物の多様性に関する条約 フレッシュアイペディアより)

  • 円山川

    円山川から見たラムサール条約ラムサール条約

    円山川(まるやまがわ)は、兵庫県北東部を流れる一級水系の本流。朝来川(あさごがわ)とも呼ばれる。2012年(平成24年)7月3日、「円山川下流域・周辺水田」がラムサール条約に登録された。円山川 フレッシュアイペディアより)

  • 三番瀬

    三番瀬から見たラムサール条約ラムサール条約

    ラムサール条約登録に関しては、鳥獣保護区特別保護地区に指定すると人の立ち入りが出来なくなるのではないか、干出域がかつてに比べて減っており再生をしてからの登録が良いのではないかなど、様々な懸念もあり未だに実現していない。漁業者からは、水産関連施設やノリヒビなど漁業行為への規制、覆砂や養浜の規制、水鳥保護による食害などの被害を懸念する声も挙がっている。三番瀬 フレッシュアイペディアより)

  • ターヤ川

    ターヤ川から見たラムサール条約ラムサール条約

    チェコ国内では所々でディイェ川の水が堰き止められて人造湖に利用されており、中にはレドニツェ養魚池のようにラムサール条約に登録された湿原となっているものもある。1930年から1934年にかけてヴラノフスク・ダム(Vranovská Přehrada)も建設された。国境をまたぐ形でオーストリア側のハーデックにタヤタール国立公園、チェコ側のズノイモにポディイィ国立公園がある。最終的に川はホーヘナウ・アン・デア・マルヒ(Hohenau an der March)でモラヴァ川に合流する。ターヤ川 フレッシュアイペディアより)

  • 八束町

    八束町から見たラムサール条約ラムサール条約

    島根県と鳥取県の県境に位置するラムサール条約に登録された中海に浮かぶ大根島と江島の小さな島からなる。日本一長い支間長のプレストレスト・コンクリート橋である江島大橋が江島と鳥取県境港市を繋ぐ。八束町 フレッシュアイペディアより)

  • バナナル島

    バナナル島から見たラムサール条約ラムサール条約

    バナナル島(ポルトガル語: Ilha do Bananal)は、ブラジル・トカンチンス州のアラグアイア川にある島。面積は約2万kmで、これは中州としては世界最大である。1993年10月にラムサール条約登録地となった。バナナル島 フレッシュアイペディアより)

  • クラブリー郡 (ラノーン県)

    クラブリー郡 (ラノーン県)から見たラムサール条約ラムサール条約

    クラブリー川は重要な水源であり、流域の湿地帯はラムサール条約によって保全されている。クラブリー郡 (ラノーン県) フレッシュアイペディアより)

  • 新潟県道2号新潟寺泊線

    新潟県道2号新潟寺泊線から見たラムサール条約ラムサール条約

    沿線にはラムサール条約登録湿地の佐潟、岩室温泉、角田山、弥彦山、弥彦神社、弥彦温泉など、新潟市西郊の観光スポットが点在する。新潟県道2号新潟寺泊線 フレッシュアイペディアより)

  • 環境運動連合

    環境運動連合から見たラムサール条約ラムサール条約

    1996年:ラムサール条約実践のための森林保護運動の展開、海印寺ゴルフ場建設反対運動環境運動連合 フレッシュアイペディアより)

247件中 91 - 100件表示

「ラムサール条約」のニューストピックワード