358件中 91 - 100件表示
  • メルリール湖

    メルリール湖から見たラムサール条約ラムサール条約

    湖の浅瀬は塩水に適応した72種の植物で構成される希少な植物を含んでいる。ヒユ科、シーラベンダー、イグサ、アツケシソウ、フトイなどである。アルジェリアではここにしかない種がいくつかあり、Fagonia microphylla、Oudneya africana、Zygophyllum cornutum、Limoniastrum feii、Ammosperma cinereaなど14種は固有種である。それらは30cmの高さまで成長し、主にアヒル、サケイ、フサエリショウノガン、オオフラミンゴなど比較的豊かな鳥類相を形成する。湖水は0.4kg/lにも達する高濃度の塩分で満ちており、ブラインシュリンプなど少数の動物種しか維持できない。湖周辺ではイノシシ、ゴールデンジャッカル、ノウサギ、キツネなどが観察されている。2003年6月、メルリール湖はラムサール条約登録湿地となり、水鳥の生息地として国際的に重要な湿地として認められた。メルリール湖 フレッシュアイペディアより)

  • ゲランド

    ゲランドから見たラムサール条約ラムサール条約

    ゲランドの塩湖は、EU内の環境自然保護ネットワークNatura 2000に指定された湿地であり、1995年にラムサール条約の登録地となった。ゲランド フレッシュアイペディアより)

  • マッツァル国立公園

    マッツァル国立公園から見たラムサール条約ラムサール条約

    1976年、マッツァルは「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」(ラムサール条約)登録湿地に加えられたマッツァル国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • ポオポ湖

    ポオポ湖から見たラムサール条約ラムサール条約

    ポオポ湖はラムサール条約による保護指定を受けている。ポオポ湖 フレッシュアイペディアより)

  • ジュッジ鳥類国立公園

    ジュッジ鳥類国立公園から見たラムサール条約ラムサール条約

    1971年に設定され、1975年に拡張された。1980年にはラムサール条約登録地となり、翌年に世界遺産にも登録された。ジュッジ鳥類国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • パンガー湾

    パンガー湾から見たラムサール条約ラムサール条約

    パンガー湾国立公園(海洋国立公園)は、2002年8月14日、生態系の国際的重要性からラムサール条約 に登録された(no. 1185)。パンガー湾 フレッシュアイペディアより)

  • レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

    レドニツェとヴァルチツェの文化的景観から見たラムサール条約ラムサール条約

    2つの城の間には1715年より道が造られ、19世紀はじめには、ヨハン・ヨーゼフ1世がイギリス式庭園を建設した。広大な庭園内には、近郊のフロホヴェツ(Hlohovec)村やラムサール条約により保護されているレドニツェ池群(Lednické rybníky)などが含まれる。一帯の大部分はマツ林が覆い、一部はディイェ川の河辺林となっている。園内にはさまざまな建築様式からなる大小の建造物も点在し、それらはしばしば狩猟小屋として用いられた。レドニツェとヴァルチツェの文化的景観 フレッシュアイペディアより)

  • エル・ピナカテ・イ・グラン・デシエルト・デ・アルタル生物圏保護区

    エル・ピナカテ・イ・グラン・デシエルト・デ・アルタル生物圏保護区から見たラムサール条約ラムサール条約

    1979年に最初の保護区が設定され、1993年には生物圏保護区になった。2008年2月2日にはそのごく一部、アグア・ドゥルセ (Agua Dulce, 38 ha) がラムサール条約の登録地になった。エル・ピナカテ・イ・グラン・デシエルト・デ・アルタル生物圏保護区 フレッシュアイペディアより)

  • フィヨルド

    フィヨルドから見たラムサール条約ラムサール条約

    ステヴン・フィヨルド(デンマーク、ラムサール条約指定湿地登録地)フィヨルド フレッシュアイペディアより)

  • 崇明区

    崇明区から見たラムサール条約ラムサール条約

    崇明島東部の崇明東灘湿地は世界有数の野鳥飛来地として自然保護区に指定されている。2002年1月にはラムサール条約に登録地された。崇明区 フレッシュアイペディアより)

358件中 91 - 100件表示

「ラムサール条約」のニューストピックワード