358件中 111 - 120件表示
  • マール・メノール

    マール・メノールから見たラムサール条約ラムサール条約

    潟の北端には国際的に重要な湿地を含む塩類平原が存在する。この区域はムルシア州政府によって管理される自然公園として保全されている。スペイン語で「サリーナス・イ・アレナレス・デ・サン・ペドロ・デル・ピナタール」という名称であり、近年には潟に微生物が存在することが確認されている。1994年にはラムサール条約に登録され、水鳥の生息地として国際的に重要な湿地として認められた。鳥類のための地中海地域重要特別保護区の一部でもある。マール・メノール フレッシュアイペディアより)

  • ノヴァーテ・メッツォーラ

    ノヴァーテ・メッツォーラから見たラムサール条約ラムサール条約

    ピアン・ディ・スパーニャおよびにかけては自然保護区になっており、ラムサール条約の定める「国際的に重要な湿地」に登録されている。ソーリコおよびイタリアのラムサール条約登録地も参照。ノヴァーテ・メッツォーラ フレッシュアイペディアより)

  • ズウィン

    ズウィンから見たラムサール条約ラムサール条約

    1952年、ズウィンは自然保護区に指定された。また1986年3月にはラムサール条約登録地となった。ズウィン フレッシュアイペディアより)

  • ヴェルチェーイア

    ヴェルチェーイアから見たラムサール条約ラムサール条約

    ピアン・ディ・スパーニャおよびにかけては自然保護区になっており、ラムサール条約の定める「国際的に重要な湿地」に登録されている。ソーリコおよびイタリアのラムサール条約登録地も参照。ヴェルチェーイア フレッシュアイペディアより)

  • 鳥獣保護区

    鳥獣保護区から見たラムサール条約ラムサール条約

    1980年(昭和55年) - 絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(ワシントン条約)、ラムサール条約締結。鳥獣保護区 フレッシュアイペディアより)

  • 名蔵アンパル

    名蔵アンパルから見たラムサール条約ラムサール条約

    その後、名蔵アンパルは2005年(平成17年)11月8日にラムサール条約登録地に、2007年(平成19年)8月1日に西表国立公園(現西表石垣国立公園)の拡張(石垣島の編入)に伴い同国立公園の特別地域(第1種特別地域128ha、第2種特別地域47ha)に指定された。名蔵アンパル フレッシュアイペディアより)

  • 槍昔

    槍昔から見たラムサール条約ラムサール条約

    槍昔の風蓮湖畔は周辺がラムサール条約登録湿地「風蓮湖・春国岱」に登録、日本国の鳥獣保護区「風蓮湖畔」に指定され保護されている中で、法的な保護から外れている地域があった。槍昔 フレッシュアイペディアより)

  • 厚岸湖

    厚岸湖から見たラムサール条約ラムサール条約

    オオハクチョウの大規模な越冬地で、10月から4月にかけてその姿が見られる。ピークの12月頃には5,000羽程度が飛来し、2,000羽程度がここで越冬する。その他にもガン・カモ類の渡来地、タンチョウの生息地となっており、1993年、別寒辺牛湿原と霧多布湿原とともに、国指定厚岸・別寒辺牛・霧多布鳥獣保護区(集団飛来地)に指定された(総面積11,271ha、うち特別保護地区7,781ha)。同年に、別寒辺牛湿原とともにラムサール条約湿地として登録された。厚岸湖 フレッシュアイペディアより)

  • 濤沸湖

    濤沸湖から見たラムサール条約ラムサール条約

    2005年11月8日にラムサール条約指定地に登録された。濤沸湖 フレッシュアイペディアより)

  • 大山包国家級自然保護区

    大山包国家級自然保護区から見たラムサール条約ラムサール条約

    オグロヅルを保護するため、2003年大山包は国家級の保護区となり、2004年12月にはラムサール条約登録地となった。大山包国家級自然保護区 フレッシュアイペディアより)

358件中 111 - 120件表示

「ラムサール条約」のニューストピックワード