358件中 121 - 130件表示
  • 網走国定公園

    網走国定公園から見たラムサール条約ラムサール条約

    サロマ湖は日本国内で3番目、北海道内で最大の湖沼面積を誇る湖であり、オホーツク海との間の砂州には300種類を越える植物が確認されており、ワッカ原生花園になっている。湖岸のキムアネップ崎基部やサンゴ岬周辺にはアッケシソウ(サンゴソウ)群落を見ることができ、鶴沼地区は北海道の天然記念物に指定されている。能取湖の卯原内地区はじめ、湖岸の各地に塩湿地植物のアッケシソウ群落を見ることができ、オホーツク海側砂丘には海岸草原がある。また、能取半島の能取岬にかけて海食崖が見られ、半島の内陸側は森林に覆われている。網走湖とリヤウシ湖はオホーツク海からの海跡湖であり、一部が地盤の沈降によってできている。網走川周辺には湿地帯が形成され、女満別地区の樹林地にミズバショウなどの湿地植物群落がある。天都山は国の名勝に指定されている。藻琴湖や濤沸湖もオホーツク海との海跡湖であり、周辺に湿地帯が広がっている。濤沸湖はラムサール条約に登録されており、オホーツク海に面した砂州は海岸段丘として発達し、ハマナスやエゾキスゲなどの海岸草原は小清水原生花園として知られている。ワッカ原生花園と小清水原生花園は北海道遺産に選定されている。斜里海岸の草原群落は北海道の天然記念物に指定されている。網走国定公園 フレッシュアイペディアより)

  • クラブリー川

    クラブリー川から見たラムサール条約ラムサール条約

    クラブリー川(、Kraburi River)は、タイとミャンマーを流れる川の一つ。パークチャン川(?????????????)とも呼ばれる。マレー半島のクラ地峡を流れて、タイとミャンマーの国境となっている。水源はテナセリウム山脈にあり、アンダマン海にそそいでいる。河口にはタイ側ではムアンラノーン郡、ミャンマー側ではコートーンの町がある。この川は長大な三角江があることで有名であり、幅は5?にも及ぶ大きなものである。また、タイで最も広いマングローブ保護林を有する。ラムナームクラブリー国立公園がタイ側の三角江の大部分をカバーし、ラノーン生態系保護区とレームソーン国立公園(ラムサール条約指定)が南部地域を囲んでいる。クラブリー川 フレッシュアイペディアより)

  • シュコダル湖

    シュコダル湖から見たラムサール条約ラムサール条約

    1996年、ラムサール条約の「国際的に重要な湿地」に登録された。シュコダル湖 フレッシュアイペディアより)

  • チャド湖

    チャド湖から見たラムサール条約ラムサール条約

    2001年8月、チャド湖の一部(約16,500km2)がラムサール条約登録地となった。チャド湖 フレッシュアイペディアより)

  • ナトロン湖

    ナトロン湖から見たラムサール条約ラムサール条約

    2001年7月4日、ナトロン湖の生物の多様性を鑑み、ナトロン湖流域 (ナトロン湖盆地) の22万haあまりがラムサール条約登録地に指定された。ナトロン湖 フレッシュアイペディアより)

  • 南陽町

    南陽町から見たラムサール条約ラムサール条約

    大半は江戸時代に伊勢湾を干拓した新田である。ラムサール条約に登録されている藤前干潟がある藤前も、旧・南陽町の地域であり、かつての地名は藤高前新田という。南陽町 フレッシュアイペディアより)

  • サムットソンクラーム県

    サムットソンクラーム県から見たラムサール条約ラムサール条約

    海岸にはドーン・ホーイロートと呼ばれる、マテガイの仲間 () が群生する砂洲がある。この砂洲は2001年からラムサール条約で保護されている。サムットソンクラーム県 フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチンの地理

    アルゼンチンの地理から見たラムサール条約ラムサール条約

    批准している国際協定 : 南極条約(南極), 南極環境議定書, 生物多様性条約(生物多様性), 気候変動枠組条約(気候変動), 砂漠化対処条約(砂漠化), ワシントン条約(絶滅危惧種), 環境改変兵器禁止条約(環境改変), バーゼル条約(有害廃棄物), 国際海洋法(海洋), ロンドン条約(海洋投棄), 包括的核実験禁止条約(核実験), ウィーン条約(オゾン層保護), マルポール条約(船舶汚染), ラムサール条約(湿地保護), 国際捕鯨取締条約(捕鯨)アルゼンチンの地理 フレッシュアイペディアより)

  • 北オホーツク道立自然公園

    北オホーツク道立自然公園から見たラムサール条約ラムサール条約

    公園は浅茅野台地や頓別平野の海跡湖沼周辺、オホーツク海に突き出た岬の断崖と岩礁から構成している。海跡湖沼のカムイト沼、モケウニ沼、瓢箪沼(ひょうたんぬま)、クッチャロ湖の周囲には湿原が広がっており、背後は森林になっている。クッチャロ湖は日本国内最大となるコハクチョウの中継地になっており、「ラムサール条約」登録湿地となり、「浜頓別クッチャロ湖」として国の「鳥獣保護区」に指定されている。北オホーツク道立自然公園 フレッシュアイペディアより)

  • 野付風蓮道立自然公園

    野付風蓮道立自然公園から見たラムサール条約ラムサール条約

    野付半島地区と風蓮地区の2つに分けられており、日本国内最大の規模をもつ鉤状の砂嘴を形成している野付半島、海跡湖の風蓮湖、温根沼(おんねとう)、長節湖(ちょうぼしこ)、根釧台地を背景とした砂浜海岸やヨシに覆われた湿原など、北海道らしい景観を有している。野付半島・野付湾と風蓮湖・春国岱が「ラムサール条約」登録湿地になっており、「野付半島・野付湾」と「風蓮湖」として国の「鳥獣保護区」に指定されている。トドワラは「日本の渚百選」に選定されている。野付風蓮道立自然公園 フレッシュアイペディアより)

358件中 121 - 130件表示

「ラムサール条約」のニューストピックワード