247件中 11 - 20件表示
  • 辻井達一

    辻井達一から見たラムサール条約ラムサール条約

    辻井 達一(つじい たついち、1931年4月22日 - 2013年1月15日)は、植物生態学者。学生の頃から湿原の調査に取り組んできた。北海道環境財団理事長、環境省ラムサール条約湿地検討会座長。辻井達一 フレッシュアイペディアより)

  • 中池見湿地

    中池見湿地から見たラムサール条約ラムサール条約

    中池見湿地(なかいけみしっち)は、福井県敦賀市にある、3つの低山に囲まれた面積約25haの内陸低湿地であり、泥炭湿地。分類的にはフェンにあたる。日本の地形レッドデータブックにも保全を要する最も価値のある地域の一つとして記載されている。2012年に越前加賀海岸国定公園の一部として追加指定され、同年7月3日にはラムサール条約に登録された。国内屈指のトンボの生息地である一方、アメリカザリガニの異常繁殖が問題視されている。中池見湿地 フレッシュアイペディアより)

  • 習志野市

    習志野市から見たラムサール条約ラムサール条約

    下総台地の端であり、海岸部から内陸部にかけて高低差が大きい。東京湾沿いには広大な遠浅の海岸を埋め立てた住宅地や商工業地が広がるが、1ヶ所だけ埋め立てられないで残ったラムサール条約登録地谷津干潟があり、干潟を必要とする渡り鳥の重要な中継飛来地となっている。習志野市 フレッシュアイペディアより)

  • 豊富町

    豊富町から見たラムサール条約ラムサール条約

    2005年(平成17年)11月 - サロベツ原野がラムサール条約に指定される。豊富町 フレッシュアイペディアより)

  • 三沢市

    三沢市から見たラムサール条約ラムサール条約

    2005年(平成17年)11月8日 - 仏沼がラムサール条約に登録される。三沢市 フレッシュアイペディアより)

  • 瓢湖

    瓢湖から見たラムサール条約ラムサール条約

    瓢湖(ひょうこ)は、新潟県阿賀野市水原(すいばら)地区にある人造湖。オオハクチョウやコハクチョウの飛来地として知られる。ラムサール条約の登録湿地であり、日本の重要湿地500でもある。瓢湖 フレッシュアイペディアより)

  • クッチャロ湖

    クッチャロ湖から見たラムサール条約ラムサール条約

    1989年7月6日に、ラムサール条約に日本で3番目に登録された。クッチャロ湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見たラムサール条約ラムサール条約

    琵琶湖(びわこ)は、滋賀県にある湖。日本で最大の面積と貯水量を持つ。湖沼水質保全特別措置法指定湖沼。ラムサール条約登録湿地。河川法上は一級水系「淀川水系」に属する一級河川であり、同法上の名称は「一級河川琵琶湖」である。琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 奥日光

    奥日光から見たラムサール条約ラムサール条約

    2005年(平成17年)11月8日、日本政府はウガンダのカンパラで開催されたラムサール条約締約国会議を機に「奥日光の湿原」をラムサール条約における野生の水鳥の生息地として特に国際的に重要な保護湿地として登録した。奥日光 フレッシュアイペディアより)

  • 日本

    日本から見たラムサール条約ラムサール条約

    500種を越える鳥類が観察される。四方の海に加え、水源が豊富な日本では、河川や池、湖が多く、それに棲む水鳥の種類が豊富である。日本列島はシベリアで繁殖する鳥の越冬地であり、東南アジアなど南方で越冬した鳥が繁殖する地であり、さらに北方から南方に渡る渡り鳥が通過する中継地としても重要で、季節によって多彩な渡り鳥を観察することができる。近年、乱開発による干潟の減少や、東南アジアの森林の破壊が、日本で見られる鳥類の存続の脅威となっている。水鳥の生息地として国際的に重要な37の湿地が、ラムサール条約に登録され保護されている。日本 フレッシュアイペディアより)

247件中 11 - 20件表示

「ラムサール条約」のニューストピックワード