358件中 11 - 20件表示
  • 辻井達一

    辻井達一から見たラムサール条約ラムサール条約

    辻井 達一(つじい たついち、1931年4月22日 - 2013年1月15日)は、植物生態学者。学生の頃から湿原の調査に取り組んできた。北海道環境財団理事長、環境省ラムサール条約湿地検討会座長。辻井達一 フレッシュアイペディアより)

  • 利尻礼文サロベツ国立公園

    利尻礼文サロベツ国立公園から見たラムサール条約ラムサール条約

    日本国内最北の国立公園であり、利尻島と礼文島の約半分、稚内市から豊富町・幌延町へ続く海岸砂丘林とサロベツ原野が指定されている。公園全体の約7割が原生的な自然状態であり、全域に渡って風が強いため風衝植生になっている。サロベツ原野がラムサール条約に登録されているほか、「礼文島桃岩付近一帯の野生植物」「利尻島のチシマザクラ自生地」「稚内海岸砂丘林」「レブンアツモリソウ群生地」が北海道の天然記念物に指定されている。利尻礼文サロベツ国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • 奥日光

    奥日光から見たラムサール条約ラムサール条約

    2005年(平成17年)11月8日、日本政府はウガンダのカンパラで開催されたラムサール条約締約国会議を機に「奥日光の湿原」(湯ノ湖35.71ha、湯川5.3ha、戦場ヶ原174.68ha、小田代原44.72haの計260.41ha)をラムサール条約における野生の水鳥の生息地として特に国際的に重要な保護湿地として登録した。奥日光 フレッシュアイペディアより)

  • 阿寒摩周国立公園

    阿寒摩周国立公園から見たラムサール条約ラムサール条約

    北海道で最も歴史ある国立公園の1つであり、大雪山国立公園、日光国立公園、中部山岳国立公園、阿蘇国立公園(現在の阿蘇くじゅう国立公園)とともに指定された。公園区域の大部分が亜寒帯性の針葉樹林を中心とする天然林で被われており、原始的な姿を留めている。阿寒湖、屈斜路湖、摩周湖の3つのカルデラがあり、火山と湖が幾つも近接している地形は日本国内で貴重なものになっている。中でも屈斜路湖は周囲57km、面積79.7km?ある日本国内最大のカルデラ湖になっている(中島も周囲12km、高さ355mあり、湖中島としては日本国内最大の規模になっている)。阿寒湖のマリモは国の特別天然記念物に指定されている、また、阿寒湖はヒメマスの原産湖として知られているほか、ラムサール条約に登録されている。阿寒摩周国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • 風蓮湖

    風蓮湖から見たラムサール条約ラムサール条約

    風蓮湖(ふうれんこ)は、北海道根室市、野付郡別海町にまたがる湖である。野付風蓮道立自然公園に含まれる。ラムサール条約登録湿地。風蓮湖 フレッシュアイペディアより)

  • 瓢湖

    瓢湖から見たラムサール条約ラムサール条約

    瓢湖(ひょうこ)は、新潟県阿賀野市水原(すいばら)地区にある人造湖。オオハクチョウやコハクチョウの飛来地として知られる。ラムサール条約の登録湿地であり、日本の重要湿地500でもある。瓢湖 フレッシュアイペディアより)

  • 小田代ヶ原

    小田代ヶ原から見たラムサール条約ラムサール条約

    小田代ヶ原(おだしろがはら)は、栃木県日光市の日光国立公園内にある湿地である。標高は、盆地状の地形の底部が約1,405から1,410m程度、周縁部は少し高く最高でも1,430m程度である。日光国立公園の特別保護地域および特別地域であるほか、環境省の日本の重要湿地500、国際条約のラムサール条約湿地に登録され保護されている。小田代ヶ原 フレッシュアイペディアより)

  • 渡良瀬遊水地

    渡良瀬遊水地から見たラムサール条約ラムサール条約

    渡良瀬遊水地(わたらせゆうすいち)は、足尾鉱毒事件による鉱毒を沈殿させ無害化することを目的に渡良瀬川下流に作られた遊水池である。2012年(平成24年)7月3日、ラムサール条約に登録された。渡良瀬遊水地 フレッシュアイペディアより)

  • 化女沼ダム

    化女沼ダムから見たラムサール条約ラムサール条約

    もとは化女沼という名称の自然湖であったが、これをため池で一般的なアースダム化した。2008年(平成20年)10月30日にラムサール条約登録湿地となった。化女沼ダム フレッシュアイペディアより)

  • 七飯町

    七飯町から見たラムサール条約ラムサール条約

    2012年(平成24年):大沼が「ラムサール条約」登録湿地となる。七飯町 フレッシュアイペディアより)

358件中 11 - 20件表示

「ラムサール条約」のニューストピックワード