358件中 21 - 30件表示
  • 釧路町

    釧路町から見たラムサール条約ラムサール条約

    北海道南東部に位置しており、東西31.5 km、南北20.4 kmある。総面積の約80 %が海抜100 m前後の起伏ある山間地帯であり、約20 %が西部の釧路平野と泥炭地からなっており、西部は南北にひろく東部は狭くなっているためL字型の形をしている。釧路町を含む1市3町村にかけてある釧路湿原は日本国内最大の湿原であり、1980年(昭和55年)に日本国内初となる「ラムサール条約」登録湿地になった。また、まちの北西部は「釧路湿原国立公園」、南東部は「厚岸道立自然公園」に指定されている。釧路町 フレッシュアイペディアより)

  • 苫小牧市

    苫小牧市から見たラムサール条約ラムサール条約

    市域は東西39.9 km、南北23.6 kmに渡り、面積は561.61 km2。市街地は東西に広がっている。千歳市との境には溶岩円頂丘(ドーム)を持った三重式火山の樽前山(活火山)があり、市東部には日本初のバードサンクチュアリに指定され、国の鳥獣保護区やラムサール条約登録湿地にも指定されているウトナイ湖があるなど、近郊には希少な自然が残されている。樽前山を含む周辺一帯は支笏洞爺国立公園の区域となっている。苫小牧市 フレッシュアイペディアより)

  • 厚岸町

    厚岸町から見たラムサール条約ラムサール条約

    北海道の南東部に位置しており、天然の良港を形成している厚岸湾が深く入り込んで厚岸湖に通じている。東西35.5 km、南北45.1 kmあり、釧路市から約48 km、根室市から約78 kmにある。標高は156 mが最高であり、60 m〜80 mの丘陵や湿原で覆われている。太平洋沿岸は奇岩に富んでおり、厚岸湾口には大黒島、小島がある。大黒島はコシジロウミツバメやオオセグロカモメ、ウミウ、ケイマフリの生息地になっており、国の「天然記念物」に指定されているほか、「大黒島鳥獣保護区」と「厚岸・別寒辺牛霧多布鳥獣保護区」は国の「特別鳥獣保護区」に指定されている。また、厚岸湖と別寒辺牛は「厚岸湖・別寒辺牛湿原」として「ラムサール条約」登録湿地になっている。厚岸町に隣接する釧路町から浜中町にかけてのエリアは「厚岸道立自然公園」になっている。厚岸町 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見たラムサール条約ラムサール条約

    琵琶湖(びわこ)は、滋賀県にある湖。日本で最大の面積と貯水量を持つ。湖沼水質保全特別措置法指定湖沼。ラムサール条約登録湿地。河川法上は一級水系「淀川水系」に属する一級河川であり、同法上の名称は「一級河川琵琶湖」で、滋賀県が管理している。琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の重要湿地500

    日本の重要湿地500から見たラムサール条約ラムサール条約

    日本の重要湿地500(にほんのじゅうようしっち500)は、ラムサール条約登録湿地の選定や、湿地保全の基礎資料とするために、2001年(平成13年)12月に環境省によって選定された日本国内の500箇所の重要な湿地である。日本の重要湿地500 フレッシュアイペディアより)

  • 豊富町

    豊富町から見たラムサール条約ラムサール条約

    2005年(平成17年)11月 - サロベツ原野がラムサール条約に指定される。豊富町 フレッシュアイペディアより)

  • 九重山

    九重山から見たラムサール条約ラムサール条約

    また、近年では、混乱を避けるためにひらがなの「くじゅう」を用いることも多い。例えば、「阿蘇国立公園」にこの地域の名称を加えて改名する際には、「九重」と「久住」のどちらかにするかで長らく論争が続いたが、「阿蘇くじゅう国立公園」とすることで決着した。また、坊ガツル・タデ原のラムサール条約への登録名も「くじゅう坊ガツル・タデ原湿原」とされている。九重山 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のダムの歴史

    日本のダムの歴史から見たラムサール条約ラムサール条約

    ダム事業は環境に悪影響を与えるという認識が強いが、ダムによって自然環境が回復した例もある。群馬県を流れる利根川の支流・吾妻川は長らく「死の川」と呼ばれていた。草津温泉・万座温泉から湧き出る酸性水が流入するため河川の酸性度が高く、魚類が一切棲息していなかった。特に草津温泉付近を水源とする吾妻川の二次支流・湯川のpHは1.8と希塩酸や希硫酸並みで、鉄釘を一週間で溶かすほどの強酸性河川だった。漁業は元より灌漑にも使えず、利根川の水質まで損ねていた吾妻川の酸性度を改善するため群馬県は世界初の河川中和事業である吾妻川中和事業に1961年(昭和36年)着手。湯川に石灰を投入し下流に建設した品木ダムで攪拌・中和する対策を講じた結果吾妻川の酸性度は回復し、魚類が棲息する河川となった。同様に「玉川毒水」として流域を300年近く苦しめていた秋田県を流れる雄物川の支流・玉川についても、1989年玉川ダムの完成により恒久的な中和処理が可能となり毒水を克服している。また東京都を流れる隅田川は高度経済成長期に水質汚濁が激化、1961年の隅田川における生物化学的酸素要求量(BOD)は35-40mg/lと「ドブ川」の態であった。当時東京都への水道供給を目的に矢木沢ダム(利根川)などを水源とする利根導水路が建設されていたが、利根導水路を利用し隅田川に利根川の清浄な水を導水することで隅田川の水質浄化を図った結果、1975年(昭和50年)以降BODは4-5mg/lにまで改善、水質汚濁のため1961年に中断した早慶レガッタが1978年(昭和53年)に復活した。ダム建設に伴う人造湖の誕生が新たな生態系の創出をもたらした例もあり、1996年(平成8年)に宮城県が建設した化女沼ダム(長者川)は自然湖である化女沼をダムにより拡張した治水ダムであるが、完成後オオハクチョウや猛禽類の生息地として重要な湖沼となり2008年(平成20年)ラムサール条約に登録された。このほか絶滅危惧種のトモエガモ集団越冬地として鳥獣保護法の「鳥獣保護特別区域」に指定された愛媛県の黒瀬ダム(加茂川)、ダム完成後に生息する鳥類が増加した静岡県の奥野ダム(伊東大川)など生態系保全に寄与したダムもあり、多種多様な鳥類がダムやダム湖に飛来・棲息することが確認されている。日本のダムの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 野付半島

    野付半島から見たラムサール条約ラムサール条約

    野付半島(のつけはんとう)は、北海道標津郡標津町および野付郡別海町にある細長い半島である。延長28kmにわたる砂嘴であり、規模としては日本最大である。野付半島・野付湾は、湿地の保全に関するラムサール条約に登録されている。野付半島 フレッシュアイペディアより)

  • アラル海

    アラル海から見たラムサール条約ラムサール条約

    アラル海は1989年に小アラル海と大アラル海に分断された。アムダリヤ川の河口部の湿地帯は干上がり、植生が砂漠の植物に変わり、マスクラットが巣を作れなくなり、渡り鳥が飛来しなくなった。大アラル海の塩分濃度は1993年に海水を越えて(37g/L)、2000年には海水の2倍(70g/L)に達し、塩分に強いはずのカレイですら死滅して漁業が不可能になった。湖の中にあったバルサケルメス島やヴォズロジヂェニエ島、コンスタンチン島などは地続きになり、バルサケルメス島のクランはオオカミの脅威にさらされ個体数が激減した。細菌兵器の開発が行われていたヴォズロジデニヤ島では細菌の流出が危惧された。こうしてアラル海周辺の多くの生物が死滅し、漁業や魚肉加工業や毛皮産業が衰退し、9割の漁民が他地域に移住・転廃業して、いくつもの村が廃村になった。追い討ちをかけるように、干上がった湖底から砂嵐が舞い上がり、塩害により住民の健康被害や植生の破壊を引き起こした。2005年には大アラル海が東西に分断され、その後大アラル海は3つの湖に分裂した。2009年8月頃、衛星写真を根拠に東アラル海が消滅したかのように報道されたが、東西両アラル海は未だに健在であり(外部リンクの「Shrinking Aral Sea」を参照)、季節的要因や直近の降水量の多寡によって水位が変動する事が分かる。また小アラル海はコカラル堤防の建設により回復しつつあり、2012年2月にはシルダリヤ川の河口デルタと共にラムサール条約に登録された。これら人的要因による湖の縮小とそれにともなう周辺環境の急変は、「20世紀最大の環境破壊」とも言われている。アラル海 フレッシュアイペディアより)

358件中 21 - 30件表示

「ラムサール条約」のニューストピックワード