358件中 31 - 40件表示
  • 習志野市

    習志野市から見たラムサール条約ラムサール条約

    下総台地の端であり、海岸部から内陸部にかけて高低差が大きい。東京湾沿いには広大な遠浅の海岸を埋め立てた住宅地や商工業地が広がるが、1ヶ所だけ埋め立てられないで残ったラムサール条約登録地谷津干潟があり、干潟を必要とする渡り鳥の重要な中継飛来地となっている。習志野市 フレッシュアイペディアより)

  • 三沢市

    三沢市から見たラムサール条約ラムサール条約

    2005年(平成17年)11月8日 - 仏沼がラムサール条約に登録される。三沢市 フレッシュアイペディアより)

  • 戦場ヶ原

    戦場ヶ原から見たラムサール条約ラムサール条約

    戦場ヶ原のうち174.68ヘクタールの地域が、奥日光の湿原としてラムサール条約登録湿地となっている。戦場ヶ原 フレッシュアイペディアより)

  • 伊豆沼

    伊豆沼から見たラムサール条約ラムサール条約

    これらの水鳥の生息地として保護するため、1967年に「伊豆沼・内沼の鳥類およびその生息地」として国の天然記念物に指定されている。その後1982年に国指定伊豆沼鳥獣保護区(集団渡来地)に指定されており(面積1,455ha、うち特別保護地区907ha)、1985年に国際的に重要な湿地を保全する「ラムサール条約」にも登録された(日本で2番目の登録地である)。伊豆沼 フレッシュアイペディアより)

  • 日本

    日本から見たラムサール条約ラムサール条約

    500種を越える鳥類が観察される。四方の海に加え、水源が豊富な日本では、河川や池、湖が多く、それに棲む水鳥の種類が豊富である。日本列島はシベリアで繁殖する鳥の越冬地であり、東南アジアなど南方で越冬した鳥が繁殖する地であり、さらに北方から南方に渡る渡り鳥が通過する中継地としても重要で、季節によって多彩な渡り鳥を観察することができる。近年、乱開発による干潟の減少や、東南アジアの森林の破壊が、日本で見られる鳥類の存続の脅威となっている。水鳥の生息地として国際的に重要な37の湿地が、ラムサール条約に登録され保護されている。日本 フレッシュアイペディアより)

  • ラムサールCOP

    ラムサールCOPから見たラムサール条約ラムサール条約

    ラムサールCOP フレッシュアイペディアより)

  • 石川県道143号深田片野下福田線

    石川県道143号深田片野下福田線から見たラムサール条約ラムサール条約

    起点より南西へ進む。片野町で東に折れ、ラムサール条約登録地である片野鴨池に沿って、緩やかに南へカーブする。片野隧道で北陸自動車道をくぐった後、東にカーブし、続いて南にカーブ、終点の鴨池口交差点に至る。石川県道143号深田片野下福田線 フレッシュアイペディアより)

  • 石川県道140号上木中町線

    石川県道140号上木中町線から見たラムサール条約ラムサール条約

    起点より概ね大聖寺川に沿って北東へ進む。北陸自動車道のガードをくぐると、鴨池口交差点でラムサール条約の登録湿地である片野鴨池へ至る石川県道143号深田片野下福田線と交わる。朝日町交差点で右折し、石川県道19号橋立港線と重複。大聖寺川に架かる錦城大橋を渡り、大聖寺地区の中心地に入る。JR大聖寺駅や加賀市役所に程近い大聖寺南町交差点で右折し、国道305号と重複(国道365号や石川県道5号福井加賀線とも重複)し、終点に至る。石川県道140号上木中町線 フレッシュアイペディアより)

  • 長者原

    長者原から見たラムサール条約ラムサール条約

    また、ラムサール条約登録湿原であるタデ原湿原があり、環境省長者原ビジターセンターを起点に約1.3kmの長者原自然研究路(遊歩道)が整備されている。長者原 フレッシュアイペディアより)

  • 環境運動連合

    環境運動連合から見たラムサール条約ラムサール条約

    1996年:ラムサール条約実践のための森林保護運動の展開、海印寺ゴルフ場建設反対運動環境運動連合 フレッシュアイペディアより)

358件中 31 - 40件表示

「ラムサール条約」のニューストピックワード