358件中 41 - 50件表示
  • クラブリー郡 (ラノーン県)

    クラブリー郡 (ラノーン県)から見たラムサール条約ラムサール条約

    クラブリー川は重要な水源であり、流域の湿地帯はラムサール条約によって保全されている。クラブリー郡 (ラノーン県) フレッシュアイペディアより)

  • 湯川 (日光市)

    湯川 (日光市)から見たラムサール条約ラムサール条約

    湯川は、短いが変化に富んだ川であると評される。流域には奥日光の主要な観光地が点在しており、国道120号(日本ロマンチック街道)が河川に沿うように走っている。湯滝から戦場ヶ原までの区間は2005年にラムサール条約登録湿原地「奥日光の湿原」の一部として登録されている。湯川 (日光市) フレッシュアイペディアより)

  • レス島

    レス島から見たラムサール条約ラムサール条約

    1971年9月にレス島および周辺の664km2がラムサール条約登録地となった。レス島 フレッシュアイペディアより)

  • コンゴ民主共和国の世界遺産

    コンゴ民主共和国の世界遺産から見たラムサール条約ラムサール条約

    ヴィルンガ国立公園は東部州と北キブ州にまたがる面積8,000km2の国立公園である。ヴィルンガ山地周辺に位置し、コンゴ民主共和国の国立公園の中では最古の歴史を持つ。世界遺産登録は1979年で、1996年にはラムサール条約登録地となった。コンゴ民主共和国の世界遺産 フレッシュアイペディアより)

  • 国際水域

    国際水域から見たラムサール条約ラムサール条約

    ラムサール条約(1971年) - 湿地を対象とする。国際水域 フレッシュアイペディアより)

  • キナバタンガン

    キナバタンガンから見たラムサール条約ラムサール条約

    キナバタンガンにはラムサール条約で保護されている78,000ヘクタールに及ぶ土地が存在し、それはキナバタンガン川とセガマ川という二つの繋がる川が2008年に「キナバタンガン川-セガマ川ラムサール条約湿地帯」として登録された物である。川岸のマングローブ林湿地と泥炭地の熱帯雨林が珍しく見られる湿地としてこの認定は重要な物となっている。キナバタンガン フレッシュアイペディアより)

  • ムアンサムットソンクラーム郡

    ムアンサムットソンクラーム郡から見たラムサール条約ラムサール条約

    海岸にはドーン・ホーイロートと呼ばれる、マテガイの仲間 () が群生する砂洲がある。この砂洲は2001年からラムサール条約で保護されている。ムアンサムットソンクラーム郡 フレッシュアイペディアより)

  • 塩城自然保護区

    塩城自然保護区から見たラムサール条約ラムサール条約

    この自然保護区は1983年に設立され、1992年には国家級自然保護区となり、2002年1月にはラムサール条約登録地にもなった。特にタンチョウなどの越冬地として有名である。塩城自然保護区 フレッシュアイペディアより)

  • ヒンガンスキー自然保護区

    ヒンガンスキー自然保護区から見たラムサール条約ラムサール条約

    全体の70%は平原で残りは小興安嶺の支脈地帯。平地部は多数の湖沼があり、大きなものにドルゴエ湖(Долгое)、レベジヌィエ湖(Лебединые)、ペレシェエチヌィエ湖(Перешеечные)がある。区域内は大陸性モンスーン気候。冬は雪が少ないが霜が多い。ラムサール条約に定められた国際的に重要な湿地に選定されている。ヒンガンスキー自然保護区 フレッシュアイペディアより)

  • ボゴリア湖

    ボゴリア湖から見たラムサール条約ラムサール条約

    ボゴリア湖は、リフト・ヴァレーの中で南の、ナクル湖、エルメンテイタ湖、マガディ湖、および北のロギピ湖と同様に、コフラミンゴの世界最大の個体群の棲息地である。湖はラムサール条約登録地であり1973年11月29日から国立保護区である。ボゴリア湖は浅く (深さ約10 m)、長さ約34 kmと幅3.5 kmであり、700 kmの集水域を持つ。ボゴリア湖 フレッシュアイペディアより)

358件中 41 - 50件表示

「ラムサール条約」のニューストピックワード