247件中 41 - 50件表示
  • コリブ湖

    コリブ湖から見たラムサール条約ラムサール条約

    1996年6月、コリブ湖のうち177km2はラムサール条約登録地となった。コリブ湖 フレッシュアイペディアより)

  • 自然保護区

    自然保護区から見たラムサール条約ラムサール条約

    ラムサール条約(?じょうやく)は、湿原を保全するために締結された国際条約である。水鳥の生息地保全が主目的で、指定された湿地は、締約国により適正な利用と保全を実施することが求められる。自然保護区 フレッシュアイペディアより)

  • ジガワ州

    ジガワ州から見たラムサール条約ラムサール条約

    ジガワ州一帯はなだらかな丘陵地で州内には多くの砂丘がある。東北部の岩盤はチャドで形成された堆積岩である。主な川はハデジャ、カフィンを通るヨベ川の支流ハデジャ川と南部を通るジャマアレ川でラムサール条約登録地であるハデジャ=ングル湿地を形成する。近年人口増加と灌漑などでチャド湖への流量がなくなっている。ジガワ州 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋市野鳥観察館

    名古屋市野鳥観察館から見たラムサール条約ラムサール条約

    1985年(昭和60年)、藤前干潟の野鳥観察や自然学習を行う施設として庄内川河口東側の稲永公園内に建設された。鉄筋コンクリート2階建てで、1・2階の観察室に計30台の望遠鏡を備えており、2001年にラムサール条約の登録湿地となった藤前干潟に飛来する鳥の観察が出来るほか、写真や資料の展示が行われている。また、2005年(平成17年)には南側に環境省の稲永ビジターセンターが設置された。名古屋市野鳥観察館 フレッシュアイペディアより)

  • 泡瀬干潟

    泡瀬干潟から見たラムサール条約ラムサール条約

    また、渡り鳥(136種)が多く確認されており、北はシベリア南はオーストラリアに至る、東アジア・オセアニア地域の渡り鳥の中継地や越冬地(フライウェイ)となっていることでも知られている。渡り鳥の渡来数は、同じ沖縄本島に位置するラムサール条約登録湿地である漫湖よりも多い。泡瀬干潟 フレッシュアイペディアより)

  • タデ原

    タデ原から見たラムサール条約ラムサール条約

    坊ガツル湿原とともに、中間湿原として国内最大級の面積を有する湿原であり、「くじゅう坊ガツル・タデ原湿原」としてラムサール条約の登録湿地となっている。タデ原 フレッシュアイペディアより)

  • くじゅう坊ガツル・タデ原湿原

    くじゅう坊ガツル・タデ原湿原から見たラムサール条約ラムサール条約

    くじゅう坊ガツル・タデ原湿原(くじゅう ぼうがつる・たでわらしつげん)は、大分県竹田市及び玖珠郡九重町にあるラムサール条約の登録湿地。2005年11月8日登録。くじゅう坊ガツル・タデ原湿原 フレッシュアイペディアより)

  • 長者原

    長者原から見たラムサール条約ラムサール条約

    また、ラムサール条約登録湿原であるタデ原湿原があり、環境省長者原ビジターセンターを起点に約1.3kmの長者原自然研究路(遊歩道)が整備されている。長者原 フレッシュアイペディアより)

  • 勇払平野

    勇払平野から見たラムサール条約ラムサール条約

    バードサンクチュアリ及びラムサール条約に登録されているウトナイ湖が存在し、多くの野鳥が観察されるほか、ハスカップが自生している。勇払平野 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県道11号線

    沖縄県道11号線から見たラムサール条約ラムサール条約

    漫湖(ラムサール条約指定・爬龍橋上)沖縄県道11号線 フレッシュアイペディアより)

247件中 41 - 50件表示

「ラムサール条約」のニューストピックワード