358件中 51 - 60件表示
  • 大地溝帯にあるケニアの湖沼群

    大地溝帯にあるケニアの湖沼群から見たラムサール条約ラムサール条約

    世界遺産登録範囲では多くの鳥たちが確認されており、この地域で確認されている鳥類は450種を超える。3箇所ともラムサール条約の登録地となっているほか、バードライフ・インターナショナルは、ケニアの重要な野鳥生息地60選に挙げている。登録範囲で見られる絶滅危惧種・危急種・準絶滅危惧の鳥類は、以下の13種である。大地溝帯にあるケニアの湖沼群 フレッシュアイペディアより)

  • ドラケンスバーグ山脈

    ドラケンスバーグ山脈から見たラムサール条約ラムサール条約

    ドラケンスバーグ山脈の様々な自然保護区が、レソト国境に近いクワズール・ナタール州内に設定されており、これらはまとめてユネスコの世界遺産(複合遺産)に登録されている。ラムサール条約登録対象となっている湿地などの自然環境と、サン人の残した洞窟壁画が多く残る考古遺跡との両面が評価されたものである。ドラケンスバーグ山脈 フレッシュアイペディアより)

  • シエラレオネの地理

    シエラレオネの地理から見たラムサール条約ラムサール条約

    ラムサール条約(湿原に関する条約)シエラレオネの地理 フレッシュアイペディアより)

  • ターヤ川

    ターヤ川から見たラムサール条約ラムサール条約

    チェコ国内では所々でディイェ川の水が堰き止められて人造湖に利用されており、中にはレドニツェ養魚池のようにラムサール条約に登録された湿原となっているものもある。1930年から1934年にかけてヴラノフスク・ダム(Vranovská Přehrada)も建設された。国境をまたぐ形でオーストリア側のハーデックにタヤタール国立公園、チェコ側のズノイモにポディイィ国立公園がある。最終的に川はホーヘナウ・アン・デア・マルヒ(Hohenau an der March)でモラヴァ川に合流する。ターヤ川 フレッシュアイペディアより)

  • ツーリング (オートバイ)

    ツーリング (オートバイ)から見たラムサール条約ラムサール条約

    日高山脈より東の道東地方は国立公園や国定公園が多く、世界遺産の知床やラムサール条約指定湿地の釧路湿原などがある。十勝地方は広大な平野部を利用した畑作地帯を貫く人工的かつ計画的に区分けされた見通しの良い直線路が多く、郊外に出るとほとんど信号や住宅地が無い。オートバイや自動車の速度が出やすく、毎年、重大な交通事故が発生している。中央部から北東部へかけては山がちで、阿寒岳や知床山脈といった山岳地帯の道路や、起伏のある丘陵地に作られた酪農地帯の中を貫く直線路など変化に富んでいる。開陽台などのキャンプ場や美幌峠などのワインディングロード、道東スーパー林道といった、オートバイツーリングならではの観光地も数多くガイドブックに紹介されている。このほか、トド肉やブドウエビなど、道東地方特有の珍味もいくつかある。ツーリング (オートバイ) フレッシュアイペディアより)

  • ケオラデオ国立公園

    ケオラデオ国立公園から見たラムサール条約ラムサール条約

    ケオラデオ国立公園(-こくりつこうえん)またはケオラデオ・ガナー国立公園はインド・ラージャスターン州にある国立公園で、かつてはバラトプル鳥類保護区として知られていた。ここをソデグロヅルのような絶滅危惧種や希少種が越冬地として過ごす。またここには230種以上の鳥類が生息しており、冬季には鳥類学者が訪れる場所であり、また一大観光地でもある。ここは1971年に保護区となり、1981年にはラムサール条約登録湿地、1982年には国立公園となり、また1985年にはユネスコの世界遺産に登録された。ケオラデオ国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • リトルケイマン

    リトルケイマンから見たラムサール条約ラムサール条約

    アカアシカツオドリ(Sula sula)の繁殖地があることから1994年9月、ラムサール条約登録地となった。このほかにもレッサーカイマンイグアナ(Cyclura nubila caymanensis)やタイマイ(Eretmochelys imbricata)、ハシグロリュウキュウガモ(Dendrocygna arborea)といった絶滅危惧種が生息している。リトルケイマン フレッシュアイペディアより)

  • 国場川

    国場川から見たラムサール条約ラムサール条約

    国場川(こくばがわ)は、沖縄本島南部を西流する国場川水系の本流で、二級河川。下流部の漫湖は沖縄最大の干潟であり、1999年(平成11年)、ラムサール条約に基づく湿地保全区域として登録された。国場川 フレッシュアイペディアより)

  • 饒波川

    饒波川から見たラムサール条約ラムサール条約

    饒波川(のはがわ)は、沖縄本島南部を西流する国場川水系の支流で、二級河川(二級河川指定区域は下流の5.2km)。河口の漫湖は沖縄最大の干潟で、ラムサール条約による湿地保全区域にも登録されている。饒波川 フレッシュアイペディアより)

  • ドゥルセ川

    ドゥルセ川から見たラムサール条約ラムサール条約

    トゥクマン州とサンティアゴ・デル・エステロ州の境界部にはリオ・オンド・ダムを有し、ダム湖はサリ川、チコ川などトゥクマン州の4本の河川と通じている。サリ川には主にトゥクマン州からパルプ繊維が流れ込んでおり、その汚染物質はダム湖の汚染につながっている。ドゥルセ川は乾燥したサンティアゴ・デル・エステロ州の大地を潤す灌漑用水の主要な供給源である。1956年には州北西部にロス・キロガ・ダムが完成し、州内に水を供給しているが、州南東部では降水量の減少を招いている。2002年5月28日には「ドゥルセ川流域の湿地」()がラムサール条約に登録され、国際的に重要な湿地として認められた。ドゥルセ川 フレッシュアイペディアより)

358件中 51 - 60件表示

「ラムサール条約」のニューストピックワード