247件中 61 - 70件表示
  • 牛浦沼

    牛浦沼から見たラムサール条約ラムサール条約

    牛浦沼(うぽぬま、)は大韓民国慶尚南道昌寧郡の洛東江が流れる近くにある、いくつかの湿地群の総称である。また湿地群の中で最大の沼の名称でもあり、他に木浦(モクポ)、サジ浦、チョクチボルといった湿地も含む。位置は遊魚面(ユオミョン)、梨房面(イバンミョン)、大合面(テハムミョン)にまたがっている。湿地は全域2.13km²に及び、これは韓国最大級の面積である。また2008年6月現在、韓国に7つあるラムサール条約登録湿地の内の一つである。牛浦沼 フレッシュアイペディアより)

  • 弥陀ヶ原 (立山)

    弥陀ヶ原 (立山)から見たラムサール条約ラムサール条約

    弥陀ヶ原(みだがはら)は富山県中新川郡立山町芦峅寺(あしくらじ)にある高原。中部山岳国立公園内にあり、標高は1,600mから2,000m程度。高原上を立山黒部アルペンルートの立山有料道路が通る。2012年(平成24年)7月3日、ラムサール条約に登録された。弥陀ヶ原 (立山) フレッシュアイペディアより)

  • コネチカット川

    コネチカット川から見たラムサール条約ラムサール条約

    コネチカット川はかなりの量のシルトを運んでおり、特に春の融雪期には遠くケベックに由来するシルトが運ばれてくる。多くのシルトを含む流水は、ロングアイランド・サウンドの河口近くでは大きな砂堆を形成し、歴史を見れば川を船が遡行するのに対し障害になってきた。この航行の困難さのために河口近くに大きな都市が無いという数少ない大河の一つになっている。コネチカット川のエスチュアリーと潮汐湿地は、国際的に重要なラムサール条約の登録湿地1759か所の一つに数えられている。コネチカット川 フレッシュアイペディアより)

  • 崇明県

    崇明県から見たラムサール条約ラムサール条約

    崇明島東部の崇明東灘湿地は世界有数の野鳥飛来地として自然保護区に指定されている。2002年1月にはラムサール条約に登録地された。崇明県 フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ湾

    ジェームズ湾から見たラムサール条約ラムサール条約

    湾の東岸はカナダ楯状地であり、森林と岩の多い荒地が目立つ土地である。西岸はツンドラの湿地となっている。湾の最南部のハンナ湾は、干潟が発達しており、渡り鳥が多くラムサール条約の指定地となっている。ジェームズ湾 フレッシュアイペディアより)

  • クイーン・モード湾 (カナダ)

    クイーン・モード湾 (カナダ)から見たラムサール条約ラムサール条約

    1982年5月にラムサール条約に登録された。クイーン・モード湾 (カナダ) フレッシュアイペディアより)

  • 野付半島

    野付半島から見たラムサール条約ラムサール条約

    砂嘴によって囲まれた湾部は野付湾とよばれ干潟やアマモ場が分布している。そこには多様な底生生物(甲殻類や貝類など)が生息しており、またそれらを餌とするキアシシギやオオハクチョウ、コクガンなどの渡り鳥も数多く飛来し、その数は毎年2万羽以上にもなる。そのため、2005年11月1日に国指定野付半島・野付湾鳥獣保護区(集団渡来地)に指定され(面積6,146ha、うち特別保護地区6,053ha)、同年11月8日にラムサール条約登録湿地に登録された。また、トドワラ(トドマツの立枯れ)やサンゴ草も分布する。野付半島 フレッシュアイペディアより)

  • 雨竜沼湿原

    雨竜沼湿原から見たラムサール条約ラムサール条約

    学術的にも貴重な湿原であり、1964年10月、雨竜沼高層湿原帯として北海道の天然記念物に指定、1990年には暑寒別岳などともに暑寒別天売焼尻国定公園に指定、2005年11月8日には、624ha が、ラムサール条約登録指定湿地として登録される。雨竜沼湿原 フレッシュアイペディアより)

  • カンジンダム

    カンジンダムから見たラムサール条約ラムサール条約

    また近辺は久米島の渓流・湿地として2008年(平成20年)10月30日にラムサール条約湿地に登録されていてキクザトサワヘビやリュウキュウヤマガメの絶滅危惧種の固有種も多い。カンジンダム フレッシュアイペディアより)

  • ネレトヴァ川

    ネレトヴァ川から見たラムサール条約ラムサール条約

    ボスニア・ヘルツェゴビナの町や村を流れて来たネレトヴァ川はクロアチアでアドリア海に流れ込むが、下流域では豊かな湿地帯であるデルタを形成しラムサール条約にもリストされ国際的にも重要である。クロアチア下流域の低地ではネレトヴァ川は多数の流路に分かれ約12,000haのデルタ地帯を形成している。クロアチアでは流路の削減と埋め立ての計画があり、現在3つの流れに整備されている。以前は12の流れがあった。かつて点在している湿地、ラグーン、湖は、現在の平野からは消えてしまい、古い地中海湿地の断片のみが残っているのみである。ネレトヴァ川のデルタ地帯を自然公園にすることも提案されている。現在、この地域では様々な生息環境があり、注目される美しい景色が広がっている。デルタ地帯の保存地域箇所は5カ所に上り全部で1,620haを占めている。保存個所では鳥類や魚類が保護され景色も守られている。ネレトヴァ川 フレッシュアイペディアより)

247件中 61 - 70件表示

「ラムサール条約」のニューストピックワード