247件中 71 - 80件表示
  • ウトナイ湖

    ウトナイ湖から見たラムサール条約ラムサール条約

    タヌキモやヒシなどの水生植物群落が見られ、周辺にはマコモやヨシの群落、ハンノキ林が広がる。マガンやハクチョウなどの渡り鳥の中継地ともなっており、250種以上の鳥類が確認されている。1981年、湖周辺の5.10km2の範囲が、日本野鳥の会によって日本初のバードサンクチュアリに指定され、翌年には国指定ウトナイ湖鳥獣保護区(集団渡来地)に指定された(面積510ha、全域が特別保護地区)。1991年には日本で4番目のラムサール条約登録湿地となっている。ウトナイ湖 フレッシュアイペディアより)

  • 坊ガツル

    坊ガツルから見たラムサール条約ラムサール条約

    タデ原湿原とともに、中間湿原として国内最大級の面積を有する湿原であり、「くじゅう坊ガツル・タデ原湿原」としてラムサール条約の登録湿地となっている。坊ガツル フレッシュアイペディアより)

  • 米子水鳥公園

    米子水鳥公園から見たラムサール条約ラムサール条約

    米子水鳥公園(よなごみずどりこうえん)は、鳥取県米子市彦名町にある湿地公園である。国指定中海鳥獣保護区及びラムサール条約登録湿地「中海」の一部である。英文名は、Yonago Waterbirds Sanctuary である。米子水鳥公園 フレッシュアイペディアより)

  • フィヨルド

    フィヨルドから見たラムサール条約ラムサール条約

    ステヴン・フィヨルド(デンマーク、ラムサール条約指定湿地登録地)フィヨルド フレッシュアイペディアより)

  • フラ湖

    フラ湖から見たラムサール条約ラムサール条約

    1950年代、湖は長さ5.3km、幅4.4km、面積12?14km2、水深1.5m(夏)?3m(冬)だった。しかし、農業のためにフラ湖と周囲の湿地帯の水を排出する試験が始まり、湖は縮小した。排水事業は1951年-1958年までの間行われた。しかし周辺環境の自然保護の声が高まり、1963年に3.5km2の領域がイスラエルで初めての自然保護区となった。また1996年11月にはラムサール条約登録地となった。フラ湖 フレッシュアイペディアより)

  • 塩城自然保護区

    塩城自然保護区から見たラムサール条約ラムサール条約

    この自然保護区は1983年に設立され、1992年には国家級自然保護区となり、2002年1月にはラムサール条約登録地にもなった。特にタンチョウなどの越冬地として有名である。塩城自然保護区 フレッシュアイペディアより)

  • ツーリング (オートバイ)

    ツーリング (オートバイ)から見たラムサール条約ラムサール条約

    日高山脈より東の道東地方は国立公園や国定公園が多く、世界自然遺産の知床やラムサール条約指定湿地の釧路湿原などの景勝地や観光地がある。郊外に出るとほとんど信号や住宅地が無い一方、オートバイや自動車の速度が出やすく、毎年、重大な交通事故が発生している。道東内西部の十勝地方は、広大な平野部を利用した畑作地帯を貫く人工的かつ計画的に区分けされた見通しの良い直線路が多い。道東の中央部から北東部へかけては山がちで、阿寒岳や知床山脈といった山岳地帯の道路や、起伏のある丘陵地に作られた酪農地帯の中を貫く直線路など変化に富んでいる。オートバイツーリング以外でも広く知られた観光地や温泉も多いが、開陽台などのキャンプ場や美幌峠などのワインディングロード、道東スーパー林道といった、オートバイツーリングならではの観光地も数多くガイドブックに紹介されている。このほか、トド肉やブドウエビなど、道東地方特有の珍味もいくつかある。ツーリング (オートバイ) フレッシュアイペディアより)

  • ポートフィリップ湾

    ポートフィリップ湾から見たラムサール条約ラムサール条約

    1982年12月、ポートフィリップ湾北西岸の干潟はラムサール条約登録地となった。また、絶滅危篤種 (:en:critically endangered speices) であるダイダイハラオウム(橙腹鸚鵡、仮訳:ポートフィリップ湾 フレッシュアイペディアより)

  • 湯川 (日光市)

    湯川 (日光市)から見たラムサール条約ラムサール条約

    湯川は、短いが変化に富んだ川であると評される。流域には奥日光の主要な観光地が点在しており、国道120号(日本ロマンチック街道)が河川に沿うように走っている。湯滝から戦場ヶ原までの区間は2005年にラムサール条約登録湿原地「奥日光の湿原」の一部として登録されている。湯川 (日光市) フレッシュアイペディアより)

  • ハクチョウ

    ハクチョウから見たラムサール条約ラムサール条約

    青森県・島根県・東京都千代田区・新潟県阿賀野市の県鳥および区鳥・市鳥。青森県東津軽郡平内町浅所海岸のハクチョウは、「小湊のハクチョウおよびその渡来地」として国の特別天然記念物に指定されている。新潟県阿賀野市の瓢湖はハクチョウの飛来により2008年にラムサール条約に登録されている。新潟には他に福島潟・五十公野公園のます潟・佐潟などにハクチョウが多く飛来している。北海道で主に見られるのはオホーツク地方、函館地方に小樽周辺(余市など)である。ハクチョウ フレッシュアイペディアより)

247件中 71 - 80件表示

「ラムサール条約」のニューストピックワード