247件中 81 - 90件表示
  • 片野鴨池

    片野鴨池から見たラムサール条約ラムサール条約

    1993年(平成5年)6月10日に周辺を含む10haが、ラムサール条約の登録湿地となり、同年11月1日に国指定片野鴨池鳥獣保護区(集団渡来地)に指定された(面積10ha、全域が特別保護地区)。片野鴨池 フレッシュアイペディアより)

  • リトルケイマン

    リトルケイマンから見たラムサール条約ラムサール条約

    アカアシカツオドリ(Sula sula)の繁殖地があることから1994年9月、ラムサール条約登録地となった。このほかにもレッサーカイマンイグアナ(Cyclura nubila caymanensis)やタイマイ(Eretmochelys imbricata)、ハシグロリュウキュウガモ(Dendrocygna arborea)といった絶滅危惧種が生息している。リトルケイマン フレッシュアイペディアより)

  • 若狭湾国定公園

    若狭湾国定公園から見たラムサール条約ラムサール条約

    若狭湾は典型的なリアス式海岸で、断崖・洞門・洞窟・岩礁などの風景要素が人気である。公園は同湾岸周辺のほか、湾に浮かぶ特別保護地区の冠島・沓島、海域公園の三方海域公園、ラムサール条約指定湿地となっている三方五湖およびその周辺を含有している。若狭湾国定公園 フレッシュアイペディアより)

  • ズウィン

    ズウィンから見たラムサール条約ラムサール条約

    1952年、ズウィンは自然保護区に指定された。また1986年3月にはラムサール条約登録地となった。ズウィン フレッシュアイペディアより)

  • オランゴ環礁

    オランゴ環礁から見たラムサール条約ラムサール条約

    1992年5月14日、当時大統領だったコラソン・アキノは大統領声明903号で、オランゴ環礁の1,020ヘクタールを保護区域に指定した 。1994年7月1日にはラムサール条約登録地域となった。これはフィリピンの水鳥生息地としては初である。オランゴ環礁 フレッシュアイペディアより)

  • 中海

    中海から見たラムサール条約ラムサール条約

    上述の通り、中海は汽水湖であるため、淡水性と海水性の生物の両方が生育・生息することができる特異な地域である。また、これらを餌とする多くの鳥類が生息・飛来する。特にガン・カモ類は毎年75,000羽以上が飛来し、コハクチョウは毎年1,000羽以上が渡り、日本の集団渡来地の南限にあたる。このため1974年(昭和49年)11月1日に国指定中海鳥獣保護区(集団渡来地)に指定された(面積8,724ha、うち特別保護地区 8,043 ha)。また、2005年(平成17年)11月8日には、ラムサール条約に登録された。中海 フレッシュアイペディアより)

  • 西ノ湖

    西ノ湖から見たラムサール条約ラムサール条約

    西ノ湖はラムサール条約湿地「奥日光の湿原」(2005年11月8日登録)の一部として登録されている。水域だけでなく、湖周囲の湖畔林なども含めて、この一帯では様々な環境の保全が図られている。西ノ湖 フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリアの動物相

    オーストラリアの動物相から見たラムサール条約ラムサール条約

    オーストラリアは国際捕鯨委員会のメンバーで、商業捕鯨に強く反対する立場である。オーストラリアの水域において、すべてのクジラ類は保護されている。またオーストラリアは絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(CITES)の調印国でもある。したがって、絶滅の危機にある種の輸出も禁止している。固有の生態系を保護して、保存するために保護区がすべての州と準州で作られた。これらの保護された地域は国立公園と他の地域(ラムサール条約に登録された64の湿地と16の世界遺産)を含む。2002年現在、オーストラリアの総陸地面積の10.8%(774,619.51km2)は、保護区である。海の生物多様性を保つために多くの地域で保護海域が作られ、2002年現在、これらの地域は、オーストラリア海洋の管轄区域のおよそ7%(646,000km2)をカバーする。オーストラリアの動物相 フレッシュアイペディアより)

  • クラブリー川

    クラブリー川から見たラムサール条約ラムサール条約

    クラブリー川(、Kraburi River)は、タイとミャンマーを流れる川の一つ。パークチャン川(?????????????)とも呼ばれる。マレー半島のクラ地峡を流れて、タイとミャンマーの国境となっている。水源はテナセリウム山脈にあり、アンダマン海にそそいでいる。河口にはタイ側ではムアンラノーン郡、ミャンマー側ではコートーンの町がある。この川は長大な三角江があることで有名であり、幅は5?にも及ぶ大きなものである。また、タイで最も広いマングローブ保護林を有する。ラムナームクラブリー国立公園がタイ側の三角江の大部分をカバーし、ラノーン生態系保護区とレームソーン国立公園(ラムサール条約指定)が南部地域を囲んでいる。クラブリー川 フレッシュアイペディアより)

  • 三方五湖

    三方五湖から見たラムサール条約ラムサール条約

    三方五湖(みかたごこ)は、福井県三方郡美浜町と同県三方上中郡若狭町に跨って位置する5つの湖の総称。国指定の名勝で、若狭湾国定公園に属する。2005年11月8日付でラムサール条約指定湿地に登録されている。湖の周囲には梅畑が広がる景勝地。三方五湖 フレッシュアイペディアより)

247件中 81 - 90件表示

「ラムサール条約」のニューストピックワード