358件中 81 - 90件表示
  • くじゅう坊ガツル・タデ原湿原

    くじゅう坊ガツル・タデ原湿原から見たラムサール条約ラムサール条約

    くじゅう坊ガツル・タデ原湿原(くじゅう ぼうがつる・たでわらしつげん)は、大分県竹田市及び玖珠郡九重町にあるラムサール条約の登録湿地。2005年11月8日登録。くじゅう坊ガツル・タデ原湿原 フレッシュアイペディアより)

  • 泡瀬干潟

    泡瀬干潟から見たラムサール条約ラムサール条約

    また、渡り鳥(136種)が多く確認されており、北はシベリア南はオーストラリアに至る、東アジア・オセアニア地域の渡り鳥の中継地や越冬地(フライウェイ)となっていることでも知られている。渡り鳥の渡来数は、同じ沖縄本島に位置するラムサール条約登録湿地である漫湖よりも多い。泡瀬干潟 フレッシュアイペディアより)

  • 文化的環境

    文化的環境から見たラムサール条約ラムサール条約

    また、水鳥の生息地となる湿地の保護を目的とするラムサール条約は、文化的価値も付加することを決議している。文化的環境 フレッシュアイペディアより)

  • ローモンド湖

    ローモンド湖から見たラムサール条約ラムサール条約

    1976年1月、ローモンド湖はラムサール条約登録地となった。ローモンド湖 フレッシュアイペディアより)

  • トゥエンノ

    トゥエンノから見たラムサール条約ラムサール条約

    ラムサール条約保護地であるトヴェル湖は、トゥエンノのコムーネ域内にあった。トゥエンノ集落から南西に9kmほど離れた山中に位置している。トゥエンノ フレッシュアイペディアより)

  • スッド

    スッドから見たラムサール条約ラムサール条約

    東西の幅は約300km、南北の長さは約400km。乾季の総面積約3万km²、雨季の総面積約13万km²。2006年にスッドに含まれる57,000km²の領域がラムサール条約に登録された。ニジェール内陸デルタ(総面積約7.8万km²)スッド フレッシュアイペディアより)

  • ウリバリ=ガンボア貯水池

    ウリバリ=ガンボア貯水池から見たラムサール条約ラムサール条約

    ダムと貯水池の建設によって動植物も影響を受け、一部の植生は破壊されるか水中に沈んだが、水生に適応する種に置き換わるなどして時間とともに生態系が変化したことから、ウリバリ=ガンボア貯水池はラムサール条約とに登録されている。ウリバリ=ガンボア貯水池 フレッシュアイペディアより)

  • 大沼 (七飯町)

    大沼 (七飯町)から見たラムサール条約ラムサール条約

    水質保全の取り組みを行っており、1995年(平成7年)に北海道の湖沼環境保全基本指針に基づく「重点対策湖沼」指定となり、1996年(平成8年)に「大沼環境保全計画」を策定し、2007年(平成19年)に計画の見直しを行った。2012年(平成24年)に「ラムサール条約」登録湿地となった。大沼 (七飯町) フレッシュアイペディアより)

  • スレバルナ自然保護区

    スレバルナ自然保護区から見たラムサール条約ラムサール条約

    この一帯は1948年に自然保護区となり、1975年にはラムサール条約登録地となった。さらに、1983年にはユネスコの世界遺産(自然遺産)にも登録された。スレバルナ自然保護区 フレッシュアイペディアより)

  • タッシリ・ナジェール

    タッシリ・ナジェールから見たラムサール条約ラムサール条約

    台地を侵食した渓谷には糸杉が点在し、考古学的な景観も含んでいることから、「タッシリ・ナジェール国立公園」として国立公園、生物圏保護区、ラムサール条約登録地に指定されており、ユネスコの世界遺産にも登録されている。タッシリ・ナジェール フレッシュアイペディアより)

358件中 81 - 90件表示

「ラムサール条約」のニューストピックワード