81件中 41 - 50件表示
  • ラムサール条約

    ラムサール条約から見た風蓮湖

    風蓮湖・春国岱(2005年11月8日登録)ラムサール条約 フレッシュアイペディアより)

  • ラムサール条約

    ラムサール条約から見た厚岸湖

    厚岸湖・別寒辺牛湿原(1993年6月10日登録、2005年11月8日区域拡張)ラムサール条約 フレッシュアイペディアより)

  • ラムサール条約

    ラムサール条約から見た野付湾

    野付半島・野付湾(2005年11月8日登録)ラムサール条約 フレッシュアイペディアより)

  • ラムサール条約

    ラムサール条約から見たレジャイナ

    1987年5月28日 - レジャイナにて第6条および第7条の改正につき署名ラムサール条約 フレッシュアイペディアより)

  • ラムサール条約

    ラムサール条約から見た荒尾干潟

    荒尾干潟(2012年7月3日登録)ラムサール条約 フレッシュアイペディアより)

  • ラムサール条約

    ラムサール条約から見たクッチャロ湖

    クッチャロ湖(1989年7月6日登録)ラムサール条約 フレッシュアイペディアより)

  • ラムサール条約

    ラムサール条約から見た瓢湖

    瓢湖(2008年10月30日登録)ラムサール条約 フレッシュアイペディアより)

  • ラムサール条約

    ラムサール条約から見た水鳥

    ラムサール条約(ラムサールじょうやく、英:Ramsar Convention)は、湿地の保存に関する国際条約。水鳥を食物連鎖の頂点とする湿地の生態系を守る目的で、1971年2月2日に制定され、1975年12月21日に発効した。1980年以降、定期的に締約国会議が開催されている。ラムサール条約 フレッシュアイペディアより)

  • ラムサール条約

    ラムサール条約から見た鳥獣保護区

    2009年2月現在の締結国は158か国。登録地数は1,832か所。面積で約170万平方キロメートルである。締約国は、動植物、特に鳥類の生息にとって重要な水域等を指定し、指定地は事務局の登録簿に登録される。締約国は、指定地の適正な利用と保全について計画をまとめ、実施する。例えば、日本では当該湿地等を国指定鳥獣保護区の特別保護地区(鳥獣保護法)や生息地等保護区の管理区域(種の保存法)、国立公園・国定公園の特別地域(自然公園法)に指定し、法令に基づいた保護・管理を行う。また正式題名が「特に水鳥の生息地…」となっているが、鳥類だけではなく、絶滅のおそれのある動植物が生育・生息していたり、その地域を代表とする湿地等も登録される。2015年6月現在の日本の条約湿地は、50か所、14万8,002ヘクタール。ラムサール条約 フレッシュアイペディアより)

  • ラムサール条約

    ラムサール条約から見た大日平

    立山弥陀ヶ原・大日平(2012年7月3日登録)ラムサール条約 フレッシュアイペディアより)

81件中 41 - 50件表示

「ラムサール条約」のニューストピックワード