前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
131件中 1 - 10件表示
  • 東京ヴェルディ1969

    東京ヴェルディ1969から見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    1993年Jリーグ開幕節(5月15日)で横浜マリノスと対戦、オランダ人FWのヘニー・マイヤーがJリーグの第1号ゴールを決めた(試合は1-2で敗北)。1stステージは鹿島アントラーズが優勝し、2位となった。2ndステージは主将カズを先頭にラモス瑠偉、ビスマルク、北澤豪、武田修宏、菊池新吉などを擁して優勝。Jリーグチャンピオンシップで鹿島を破り、初代Jリーグ年間王者となった。ナビスコカップも2連覇を果たした。東京ヴェルディ1969 フレッシュアイペディアより)

  • シュート!

    シュート!から見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    実在するラモス瑠偉をモデルにした人物。ヴェルディ川崎の現役の選手で、加納隆次のスカウトに同行した。ラモス本人は、実写版にも出演している。シュート! フレッシュアイペディアより)

  • 2008年J1最終節

    2008年J1最終節から見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    この試合に先立ち、武田修宏、永井秀樹、ラモス瑠偉など黄金期のOBが集結した(スポーツうるぐすより)1。2008年J1最終節 フレッシュアイペディアより)

  • ここがヘンだよ日本人

    ここがヘンだよ日本人から見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    1999年10月13日に放送された『同性愛者のリベンジ第2弾』にて、スタジオに来た日本人の同性愛者(以下、ゲイ)の一人が「もしもあなた達の身内や子供がゲイになったらどうしますか?」と言う趣旨の質問をした。その時インド人男性Aが「自分の子供がもしゲイになったら殺す」と発言し、直後にサニー・フランシスも「同じインド人として同意見ですよ」と同調したことでスタジオは騒然。さらにはゲイを反対していたナイジェリア人出演者Yも「ゲイなど生きる資格なんてない!」と発言した。これらの発言を聞いたパネラーのラモス瑠偉が「お前、人の命を何だと思ってるんだ!! お前らにそんな事決める権利はない!!」と激怒した。その直後、バングラデシュ人の出演者Mが「ゲイの方こそ母親を殺すって言っていたよ!」と反論。すかさず日本人のゲイ達も応戦し、その際に「すぐそういう態度で威嚇するなんてレベルが低いんだよ!」と発言。この発言にゲイ反対派の一人だったパキスタン人男性Aが逆上し、ゲイの方に詰め寄っていった。そしてこの一連の騒ぎが収まった後、ゾマホンが「日本には『ペンは剣よりも強し』と言う諺がある。これからは意見や考え方が違っても暴力に出るのは絶対にダメです」とスタジオ外国人全員に対して警告した。しかし、このゾマホンの訴えも空しく、その後もスタジオで乱闘騒ぎが何度も起こることになった。ここがヘンだよ日本人 フレッシュアイペディアより)

  • やったね!ラモズくん

    やったね!ラモズくんから見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    最初期のJリーグが題材の4コマ漫画。キャラクターは実在のJリーグの人気選手の名前をひねったものである(例:ラモス⇒ラモズ)。なお彼らが所属するプロリーグはSJ (Super・Johdan) リーグである。最終回で「第1部-フランスへの道- 完」と締められたが、主人公のモデルとなったラモス瑠偉が連載終了の9ヶ月後に現役を引退した影響からか、結局第2部が描かれる事はなかった。やったね!ラモズくん フレッシュアイペディアより)

  • S☆1

    S☆1から見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    新総合司会として、格闘家の魔裟斗、さらに『スーパーサッカーPLUS』時代に進行アナウンサーを務めたTBSアナウンサーの初田啓介が加入した上、枡田絵理奈は続投。その他、2009年度版から定期的に出演している野村克也のほか、ラモス瑠偉、高橋尚子、村主章枝といったコメンテーター(S☆1ファミリーと命名し、各競技それぞれの専門分野で解説をする)を起用する。S☆1 フレッシュアイペディアより)

  • ポアロのあと何分あるの?

    ポアロのあと何分あるの?から見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    様々な芸能人とあわせて面白いものにするコーナー。コーナー名「○○・○○・レボフュージョン」(○○は芸能人の苗字か名前)となる。お題に出される芸能人はすべてしりとりとなっている。現在は「談志→志村→ラモス」となっている。2005年(平成17年)12月5日の放送ではなぜかムツゴロウさんと何かをあわせる投稿を紹介した。ポアロのあと何分あるの? フレッシュアイペディアより)

  • サッカー日本代表

    サッカー日本代表から見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    1992年10月30日から開幕する第10回日本大会へは開催国として出場が決まっており、開催国としても、翌年5月15日に迫ったJリーグ開幕に向け盛り上げる為にも、オフトがチームを掌握する為にも(就任当初は基礎を徹底するオフトに主力が反発するも、結果が出るに従い収まっていったが、中心選手のラモス瑠偉だけが猛反発。1992年9月26日のオフトとの個人面談で和解したが、アジアカップの結果次第では再燃する恐れがあった)、そして何より翌年4月8日から始まる1994年アメリカW杯アジア予選(1993年4月8日がアジア一次予選初戦タイ戦)に自信を持って挑む為にも、この大会での勝利、好成績が求められていた。サッカー日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 柱谷哲二

    柱谷哲二から見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    「闘将」という愛称ながら、クレバーなプレーも得意。ヴェルディ黄金期ならびにオフトジャパン時代にはラモス瑠偉とともに指揮官に呼ばれ、先発メンバーについての相談も受けるなどした。柱谷哲二 フレッシュアイペディアより)

  • 澤登正朗

    澤登正朗から見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    日本代表で長年背番号10を付けていたラモス瑠偉は、10番の後継者として澤登を指名していた。澤登正朗 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
131件中 1 - 10件表示

「ラモス瑠偉」のニューストピックワード