131件中 91 - 100件表示
  • 関口宏の東京フレンドパークII

    関口宏の東京フレンドパークIIから見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉とその仲間たちチーム(ラモス瑠偉、松木安太郎、金田喜稔、水沼貴史、柱谷幸一、都並敏史)(2000年3月27日)関口宏の東京フレンドパークII フレッシュアイペディアより)

  • 浜田省吾

    浜田省吾から見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    スポーツ界にもファンが多く、サッカー界では三浦知良やラモス瑠偉、高木琢也など。カズとはブラジルにサッカー留学していた頃からの交友で、2006年には『The Best of Shogo Hamada vol.1』『同 vol.2』のCMにも出演している。格闘技界では三沢光晴、長州小力、所英男、現在はタレントの大仁田厚ら。三沢はカラオケでよく浜省ナンバーを歌っていたという。野球界では小笠原道大ら。松井秀喜もファンであり、コンサートで楽屋を訪問したことがある。競馬界では元騎手で、現在は調教師の的場均ら。浜田省吾 フレッシュアイペディアより)

  • リオデジャネイロ

    リオデジャネイロから見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉(サッカー選手)リオデジャネイロ フレッシュアイペディアより)

  • ハンス・オフト

    ハンス・オフトから見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    日本代表監督時代、中心選手であったラモス瑠偉との間には確執があり、ラモスはオフトが練習中選手のプレーにクレームをつける際に吹く口笛にさえ「俺達はあんたの犬じゃないんだぞ!」とつっかかるなどたびたび練習法や起用で衝突していた。両人の確執が始まったのは就任当初の顔合わせの時に、通訳を介して「君とカズに自由は与えない」と告げ、それまで自由なゲームメーカーとして君臨していたラモスが「機械的にやれというのか」と受け取ったことによる。しかし後年オフト自身は通訳のミスであるとし、あくまで「日本代表は国の代表であり、全員に責任がある。特にラモスのような創造的な選手はその力をチームのために活かす責任を持つ」という趣旨であったとしている。ハンス・オフト フレッシュアイペディアより)

  • 伊集院光のOh!デカナイト

    伊集院光のOh!デカナイトから見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    1993年10月28日、アメリカワールドカップアジア地区最終予選の日本代表最終戦であった日本対イラク戦(俗に言う『ドーハの悲劇』)の中継を放送した後に急遽10分だけ放送された回で、まさかの日本の予選敗退が決まった直後の重い空気の中で伊集院が発した「(当時日本代表選手だった)ラモス瑠偉がショックでまさおに戻っちゃうね」という、当時放映されていた永谷園「Jリーグカレー」のTVCM(Jリーグカレーを食べたまさお少年がラモス瑠偉にモーフィングで変身する)にかけたジョークに対して抗議の電話がニッポン放送に殺到した事件。2010年6月14日放送(この回もワールドカップの中継で10分短縮された状態で開始された)の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、この日の裏話が話された。伊集院光のOh!デカナイト フレッシュアイペディアより)

  • Honda FC

    Honda FCから見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    (他のJFL以下のチームとも比較した上で、)数々の大会におけるこれまでの実績や実力、過去における多くのJリーガーの輩出などから、前述の通り“Jリーグチームにも匹敵する”などと言われているが、最近におけるJリーグに関わるあるいは関わった人物による評価の一例として、第87回の天皇杯において東京ヴェルディの当時の監督であるラモス瑠偉は“J2クラブ並みの力があるチーム”と評しており、同じく第87回の天皇杯において名古屋グランパスの当時の監督であるセフ・フェルホーセンは“JFLのレベルではない。”、“非常にレベルが高いチーム。多くのチャンスを作れるとは思えないが、組織や規律がしっかりしている。”と評している。なお、2009年度におけるJFLの各チームの関係者は“実力はJリーグ2部の下位クラブより上”と評している一方、V・ファーレン長崎の監督であった東川昌典は、自身が指揮したチームと比較してみた場合に限り“(Honda FCとの)レベルの差があるとは思わない。”と述べている。Honda FC フレッシュアイペディアより)

  • 三浦知良

    三浦知良から見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    ブラジルで活躍すれば、いずれは日本へ戻ると公言していたカズは、1990年7月、Jリーグ発足が現実味を増す中、日本のW杯出場に貢献するためにブラジルに残ることよりも日本でプレーすることを決断し、日本サッカーリーグの読売サッカークラブ(ヴェルディ川崎 = 現東京ヴェルディの前身)に移籍した。当初、期待とは裏腹に、クラブでは日本のサッカーになじめずなかなか活躍できなかったが、徐々に日本のサッカーに慣れ、1992年のJリーグカップではヴェルディを優勝に導き大会MVP、Jリーグ開幕後はラモス瑠偉、北澤豪、武田修宏、ビスマルク、柱谷哲二、ペレイラ、菊池新吉らその他多くのチームメイトに恵まれV川崎の黄金期を築いた。1992年の日本年間最優秀選手賞(フットボーラー・オブ・ザ・イヤー)受賞に続き1993年、日本人最高の20得点を記録しV川崎を初代チャンピオンに導き、Jリーグ初代MVPを受賞した(93年1stステージではチーム内の内紛や日本代表の過密スケジュールもあり不本意な成績終わったが7月17日神戸ユニバー記念競技場でのJリーグオールスターサッカーでJ-EASTでも指揮執る松木安太郎監督の期待に応え2得点でMVP、これがキッカケで本来の調子を取り戻し結婚式の前日7月31日博多の森陸上競技場での2ndステージ第2節ガンバ大阪戦から6試合連続得点。1997年横浜マリノスフリオ・サリナスが2ndステージ最終戦で7試合連続得点決めるまでJリーグ記録。日本人Jリーガーとしては現在も最多記録)。日本リーグとJリーグを跨いで年間最優秀選手に輝いた。1993年のアジア年間最優秀選手賞を受賞した。三浦知良 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺美里

    渡辺美里から見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    仲のよい友人に、大江千里、有森裕子、羽田美智子、長嶋三奈、ラモス瑠偉、山口智充、藤井隆、松本志のぶなどがいる。渡辺美里 フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモのイメージキャラクター

    NTTドコモのイメージキャラクターから見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    富士通製端末キャラクター:高良健吾(ARROWS Tab LTE F-01D・ARROWS Kiss F-03D・ARROWS X LTE F-05D・ARROWS μ F-07D・ARROWS X F-10D・REGZA Phone T-02D(F-07D以降はいずれもカタログのみ))、舟山久美子(F-04C・F-03D Girls')、藤麻理亜・古畑星夏(F-06D Girls')、瑛太(F-08A・F-09A・F-01B・F-02B・F-03B・F-06B・F-07B・F-01C・F-03C)、木村拓哉(SMAP)(F903i・F703i・F904i・F704i・F905i・F705i・F906i・F706i・F-01A・F-03A)、世界のナベアツ(F906i)、オダギリジョー(F902i・F902iS)、ミムラ(F505iGPS・F506i・F900i・F900iC・F700i・F700iS・F901iC・F901iS)、ラモス瑠偉(FOMAらくらくホン)、假屋崎省吾(FOMAらくらくホンIII)、草刈正雄(らくらくホンプレミアム)、下宮里穂子(らくらくホンV)NTTドコモのイメージキャラクター フレッシュアイペディアより)

  • ヘニー・マイヤー

    ヘニー・マイヤーから見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    だが、こうした松木安太郎監督の方針に反発した加藤久、ラモス瑠偉、都並敏史、戸塚哲也らの古参選手は、監督批判の言動を繰り返し、ヴェルディの内紛へと繋がった。ヘニー・マイヤー フレッシュアイペディアより)

131件中 91 - 100件表示

「ラモス瑠偉」のニューストピックワード