167件中 11 - 20件表示
  • 三浦知良

    三浦知良から見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    Jリーグ開幕後は、ラモス瑠偉、北澤豪、武田修宏、ビスマルク、柱谷哲二、ペレイラ、菊池新吉ら他、多くのチームメイトに恵まれ、川崎の名を冠していた時代のヴェルディの黄金期を支えた選手の一人として記憶されることとなった。Jリーグの開幕年となった1993年シーズンのリーグ戦の第1ステージはクラブ内の内紛や日本代表の過密スケジュールの影響を受け不本意な成績に終わったが、7月17日神戸ユニバー記念競技場で行われたJリーグオールスターサッカーでは当時J-EASTで指揮を採っていた松木安太郎監督の下2得点を決める活躍を見せ、大会MVPに選出された。これを切っ掛けとして三浦は本来の調子を取り戻し、自身の結婚式の前日の試合となった7月31日博多の森陸上競技場での第2ステージ第2節ガンバ大阪戦からは6試合連続で得点を記録した。最終的にはシーズンを通して日本人選手ではリーグ内でトップとなる20得点を決めるなど、ヴェルディ川崎をJリーグの初代チャンピオンに導く上で決定的な活躍を見せた。この活躍が評価され、第1回のMVPを受賞した他、前年に続いて1993年の日本年間最優秀選手賞に輝き、1993年のアジア年間最優秀選手賞をも受賞した。また1993年12月にはACミラン主催のチャリティーマッチに招待され、先発出場し、ウーゴ・サンチェスの得点をアシストした。三浦知良 フレッシュアイペディアより)

  • S☆1

    S☆1から見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    新総合司会として、格闘家の魔裟斗、さらに『スーパーサッカーPLUS』時代に進行アナウンサーを務めたTBSアナウンサーの初田啓介が加入した上、枡田絵理奈は続投。その他、2009年度版から定期的に出演している野村克也のほか、ラモス瑠偉、高橋尚子、村主章枝といったコメンテーター(S☆1ファミリーと命名し、各競技それぞれの専門分野で解説をする)を起用する。S☆1 フレッシュアイペディアより)

  • 木村和司

    木村和司から見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    高校や大学、日産加入当初はウインガーとしてプレーしていたが、1983年(昭和58年)に同じウイングを専門とする水沼貴史の入団をきっかけに、加茂周監督によって攻撃的MFにコンバート。以降、ゲームメーカーとして中盤に君臨し日産黄金時代を築く原動力となった。ラモス瑠偉らと共に日本サッカー冬の時代を支えた選手の一人であり、「日産の背番号10と言えば木村和司」と言わしめ、80年代半ばには日産のみならず、「日本の10番と言えば木村和司」、当時の代表は「木村のチーム」とまで言わしめた程の存在であった。1983年(昭和58年)、1984年(昭和59年)、二年連続日本年間最優秀選手賞(フットボーラー・オブ・ザ・イヤー)、さらに1989年も同賞受賞。三度の受賞は釜本邦茂7度に次ぐ杉山隆一と並ぶ史上2位。1984年アシスト王、アシスト数12はJSL記録。1985年5月18日メキシコW杯アジア1次予選グループ4B第4戦シンガポール戦から同年10月26日メキシコW杯アジア最終予選第1戦韓国戦まで、1985年の1年間だけで国際Aマッチ6試合連続ゴールを成し遂げた。これは未だに日本代表連続得点記録である(2011年時点)。木村和司 フレッシュアイペディアより)

  • Jキッズ牙

    Jキッズ牙から見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    ヴェルティの選手。キバをサンパウロのスラム街から日本につれてきた。モデルはラモス瑠偉Jキッズ牙 フレッシュアイペディアより)

  • 納涼漢祭り

    納涼漢祭りから見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    この試合は当時不振に陥っていた東京Vの監督、ラモス瑠偉の進退がかかった試合といわれ、前節終了後に「国立競技場の神様がついていてくれるので、次は必ず勝つと信じている」と発言した事もあってかなりの注目を浴び、その結果総勢50名以上のJ1・J2の各チームのサポーターなどが水戸側のゴール裏に来場し、水戸の応援に参加した(ただし、試合時間中はそれぞれのユニフォーム姿ではなく、水戸のユニフォームもしくは青系の服装に着替えて応援を行った)。納涼漢祭り フレッシュアイペディアより)

  • うるとら☆イレブン

    うるとら☆イレブンから見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    羅本斗志郎(らもと としろう)うるとら☆イレブン フレッシュアイペディアより)

  • Jリーグカレー

    Jリーグカレーから見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    サッカー少年のマサオがカレーを食べた瞬間ラモス瑠偉に変身するという、当時の最先端のCGを使った内容のCMが放送当時話題となった。Jリーグカレー フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・パターソン

    スティーブン・パターソンから見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    読売では190cmの長身を生かしたヘディングと献身的な守備が持ち味のフォワードとしてプレー、初年度の日本サッカーリーグでは外国人枠の関係で2試合出場に終わったが、同年12月の天皇杯では、中心選手のラモスが出場停止処分を受けていた事もあり、レギュラーの座を確保し天皇杯制覇に貢献。翌1985年は与那城ジョージが帰化した事で常時出場が可能となり、JSLカップでは6得点をあげ得点王となり同タイトルの制覇に貢献した。スティーブン・パターソン フレッシュアイペディアより)

  • 1979年のJSL

    1979年のJSLから見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    2位には前年JSL1部に初昇格した読売クラブが入った。1年間の出場停止処分が解け、この年がJSL1部デビューとなったラモスは得点王とアシスト王の2冠に輝いた。読売クラブでは、現役高校生の戸塚哲也(18歳と1日)が4月25日の東洋工業戦でリーグ戦デビューを飾った。戸塚は読売ユース出身の生え抜き選手で、この記録は1986年2月1日に同クラブの菊原志郎が16歳7ヶ月で出場するまでJSL最年少出場記録であった。1979年のJSL フレッシュアイペディアより)

  • 相川亮一

    相川亮一から見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    読売サッカークラブの時代にジョージ与那城、ラモス瑠偉らを率いて読売旋風を巻き起こしたが、1982年に監督を辞任後は、主に高校生の指導者として活躍。全国高校サッカー選手権を目指し、桐蔭学園、國學院久我山、日本学園、駿台学園などのサッカー部強化に貢献。相川亮一 フレッシュアイペディアより)

167件中 11 - 20件表示

「ラモス瑠偉」のニューストピックワード