167件中 31 - 40件表示
  • 時久省吾

    時久省吾から見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    2012年、出場機会を求めFC岐阜へ移籍。当初は野田恭平・多田大介に次ぐ第3GKであったが、6月13日の東京V戦で移籍後初出場を果たす。この試合は1-4で大敗したが、それ以降は正GKに定着。シーズン終了までポジションを譲らず、自己最多の24試合に出場した。2013年は初めてレギュラーとして開幕を迎えたが、15試合でわずか1勝しかできずに新加入の高木貴弘にポジションを譲った。その後再びポジションを取り戻し昨季を上回る29試合に出場したが、J2で優勝したガンバ大阪に2-8で大敗したこともあり終盤戦は再びベンチを温めた。ラモス瑠偉が新監督に就任し、元日本代表でW杯4大会連続出場の実績を持つ川口能活が加入した2014年は控えに甘んじ大幅に出場機会を減らした。時久省吾 フレッシュアイペディアより)

  • 瑠偉

    瑠偉から見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉 - 日本のサッカー選手、サッカー指導者。瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • 1957年のスポーツ

    1957年のスポーツから見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    2月9日 - ラモス瑠偉(ブラジル→日本、サッカー)1957年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • まゆみん

    まゆみんから見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    東海テレビ「まに=DO!」では、ラモス瑠偉と共にレギュラーリポーターとして出演。番組内ではさまざまな企画に体当たりでチャレンジしていた。(2009?2011年)まゆみん フレッシュアイペディアより)

  • 船越優蔵

    船越優蔵から見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    1996年、ガンバ大阪に加入。FCテルスター(オランダ)へのサッカー留学を経験したものの、G大阪では出場機会に恵まれず、1999年にベルマーレ平塚へ移籍した。その後、大分トリニータ・アルビレックス新潟・東京ヴェルディと所属先を変えるが、J1では十分な出場機会に恵まれることなく、2009年シーズン終了後、東京Vから戦力外通告を受け、退団した。その間、2008年オフにも一度は東京Vを戦力外となったが、ラモス瑠偉や高木琢也の意向により、東京Vと再契約が結ばれた。船越優蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 佐貫洋一

    佐貫洋一から見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    2002年サッカーワールドカップ開催に向け特別番組として企画された「高円宮殿下とサッカーを語る」のMCを担当。当時、日本サッカー協会名誉総裁であった高円宮憲仁親王をメインゲストに迎え、日本サッカー協会最高顧問の長沼健、ラモス瑠偉や地元レッズの選手、関係者といったサッカー論客を毎回ゲストに、2000年から3回にわたり放送した。佐貫洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 珠木ゆかり

    珠木ゆかりから見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    ホンダ バモス(2007年)ラモス瑠偉と共演珠木ゆかり フレッシュアイペディアより)

  • 佐光塁

    佐光塁から見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    父親が小学生のサッカークラブのコーチをしていた影響でサッカーを始めた。ちなみに名前の塁は、元日本代表のラモス瑠偉が由来である。佐光塁 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田泰成

    藤田泰成から見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    2000年にJ1・名古屋グランパスエイトに入団。1年目から10試合に出場したが、2年目以降は出場機会が激減し、2004年限りで退団した。2005年、J1・FC東京へ完全移籍。DF加地亮が日本代表招集によって不在となったカップ戦で右SBに配され、積極的な攻撃を評価されるも、リーグ戦ではSBの加地・金沢浄 からポジションを奪えず、1年限りでJ2・東京ヴェルディ1969に期限付き移籍。ラモス瑠偉監督に重用され翌年から完全移籍となったが、2007年シーズン終了後に戦力外通告を受けた。藤田泰成 フレッシュアイペディアより)

  • 砂川誠

    砂川誠から見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    7月17日、FC岐阜への期限付き移籍が発表され、12年半を過ごした札幌を去った。リーグ戦10試合に出場、協定により出場出来なかった札幌戦にもラモス瑠偉の計らいによりチームに帯同した。12月5日、現役引退が岐阜、札幌両クラブから発表された。砂川誠 フレッシュアイペディアより)

167件中 31 - 40件表示

「ラモス瑠偉」のニューストピックワード