131件中 61 - 70件表示
  • ビーチサッカー

    ビーチサッカーから見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉(2013年現在日本代表監督)ビーチサッカー フレッシュアイペディアより)

  • 帰化選手

    帰化選手から見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    日本代表でも1993年のワールドカップアメリカ大会予選に出場したラモス瑠偉や、2002年の日韓合同大会に出場した三都主アレサンドロが有名である。帰化選手 フレッシュアイペディアより)

  • ビーチサッカー日本代表

    ビーチサッカー日本代表から見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    日本からは国際サッカー連盟からのワールドカップへの招待を受け、急遽、日本サッカー協会は著名な元Jリーグ選手であるラモス瑠偉を監督とし、12人の代表選手を選考した上で、日本代表選手を決定した。日本代表は沖縄県における2泊3日の強化合宿をしただけで、大会に臨んだ。関係者の間でも決勝リーグ進出さえ厳しいとの見方がある中で、日本代表は予選を突破し、さらに準々決勝でウルグアイに4-3で逆転勝ちし、ベスト4入りを果たすという大快挙だった。ちなみに、国際サッカー連盟の公式ホームページには、「部外者である日本が準決勝に進出した」などという記事が掲載された。この日本代表の活躍で、日本においてもビーチサッカーの知名度は上がった。ビーチサッカー日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田泰成

    藤田泰成から見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    山口県多々良学園高校から2000年に名古屋グランパスエイトに入団。1年目から10試合に出場するが、2年目以降は出番が激減。出場機会を求め2005年にFC東京へ完全移籍したが、カップ戦での出場はあったもののリーグ戦出場はゼロに終わり、1年限りで東京ヴェルディ1969に期限付き移籍。J2に降格したヴェルディではラモス瑠偉監督に重用され翌年から完全移籍となったが、チームがJ1復帰を決めた2007年シーズン終了後に戦力外通告を受けた。2008年から2シーズンは徳島ヴォルティスでプレーし、2010年よりFC町田ゼルビアへ完全移籍。藤田泰成 フレッシュアイペディアより)

  • スーパーサッカー (TBSのサッカー番組)

    スーパーサッカー (TBSのサッカー番組)から見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    加藤浩次・小倉などの同番組出演者にラモス瑠偉などのゲストを交えて編成された「スパサカオールスターズ」チームと、現役選手などのスペシャルチームとの対戦。かつての番組チームは「コモエスタ赤坂」という名称を使っていた。2011年の年頭企画では澤穂希などのサッカー日本女子代表(なでしこジャパン)チームと対戦した。スーパーサッカー (TBSのサッカー番組) フレッシュアイペディアより)

  • 永井秀樹

    永井秀樹から見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    2006年はJ2降格になった古巣東京Vに復帰し、東京Vでのかつてのチームメイトであるラモス瑠偉監督のもとJ1昇格を狙った。スタメン出場こそほとんどないものの、ここぞの場面で流れを変えるスーパーサブとしてラモス監督からの信頼を得た。永井秀樹 フレッシュアイペディアより)

  • 船越優蔵

    船越優蔵から見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    1996年、ガンバ大阪に加入。FCテルスター(オランダ)へのサッカー留学を経験したものの、G大阪では出場機会に恵まれず、1999年にベルマーレ平塚へ移籍した。その後、大分トリニータ・アルビレックス新潟・東京ヴェルディと所属先を変えるが、J1では十分な出場機会に恵まれることなく、2009年シーズン終了後、東京Vから戦力外通告を受け、退団した。その間、2008年オフにも一度は東京Vを戦力外となったが、ラモス瑠偉や高木琢也の意向により、東京Vと再契約が結ばれた。船越優蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部茂利

    長谷部茂利から見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    1994年にヴェルディ川崎に入団、同年Jデビューを果たす。ヴェルディではまだラモス瑠偉が健在な事に加え、ビスマルクや北澤豪らレギュラーの壁が厚かったが、その中でも多くの出場機会を得た。出場機会が減少した1997年にジャパンフットボールリーグ所属(当時)の川崎フロンターレへレンタル移籍。長谷部茂利 フレッシュアイペディアより)

  • サッカーカタール代表

    サッカーカタール代表から見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    このように着々と実力を付けたカタール代表に、ブラジル人のエヴァリスト・デ・マセドが1992年監督に就任。カタール代表は1992年10月28日から日本で開催されるアジアカップの優勝候補に挙げられていた。ところが、カタール代表はグループリーグでまさかの敗退。一方、開催国の日本はブラジルから日本に帰化したラモス瑠偉等の活躍で初優勝を遂げた。このことに衝撃を受けたカタールは以後、帰化選手による強化戦略(後述)を開始した。サッカーカタール代表 フレッシュアイペディアより)

  • アマラオ

    アマラオから見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    来日直後からラモス瑠偉との親交が深い。当初、ブラジルとは全く違う日本の環境や食事に馴染めずホームシックになりブラジルに帰りたがったアマラオを、東京のディスコやブラジル料理の食べられる店などに外食に連れて行き元気付けるなど、ブラジル出身の先輩として大きな支えとなった。2008年に行われたアマラオ引退試合にも参加した。アマラオ フレッシュアイペディアより)

131件中 61 - 70件表示

「ラモス瑠偉」のニューストピックワード