131件中 71 - 80件表示
  • オーレ!

    オーレ!から見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    モデルは東京ヴェルディ。ルイス監督はラモス瑠偉そっくりである。オーレ! フレッシュアイペディアより)

  • 過去にJリーグ加盟を目指していたクラブ

    過去にJリーグ加盟を目指していたクラブから見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    沖縄かりゆしFC(沖縄県那覇市) - 沖縄独自資本のホテルグループ「かりゆしホテルグループ」のサッカー部が前身。2001年、将来のJリーグ参加を掲げて法人化され、ラモス瑠偉をテクニカルアドバイザーとして招聘するなど華々しい強化戦略で注目を集めるが、翌年運営母体のオーナーが方向性の違いという理由でラモスとの契約を解除。すると、当時所属していた選手が集団退団し、これら選手たちの多くは沖縄に留まりFC琉球を結成、競合関係となり、程なく沖縄県内の地元サッカー界の支援はまだ小規模ながらもFC琉球に比重が置かれたものになってゆく。かりゆしFCはその後も2004年にもかりゆしホテルグループのスポンサー撤退騒動で所属選手が全員退団しクラブは空中分解するなどチーム運営は迷走と規模縮小を続ける。晩年は力を盛り返し2年連続九州サッカーリーグを優勝するも2009年末、遠征費が捻出できないなど資金難を理由に解散を表明した。解散後、選手の一部はFC琉球に入団。過去にJリーグ加盟を目指していたクラブ フレッシュアイペディアより)

  • フットサル日本代表

    フットサル日本代表から見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    1996年、マリーニョを監督に据え、 1996 FIFAフットサル世界選手権のアジア予選に臨んだが敗退した。1999年には第1回AFCフットサル選手権が開かれた。日本は1勝2分でグループステージを突破したが、準決勝でイランに敗れた後、3位決定戦でPK戦によりカザフスタンに敗れて4位となった。この時のチームは元サッカー日本代表選手のラモス瑠偉がキャプテンを務めた。フットサル日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • ハーフナー・ディド

    ハーフナー・ディドから見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    1991年、トヨタ自動車(現名古屋グランパス)GKコーチに就任するも、現役に復帰しJリーグ開幕とともに名古屋とプロ契約。1993年、アメリカワールドカップ出場を目指したオフトジャパン(日本代表)のGKコーチも担当、次男ニッキ出生。カタールで行なわれたアジア最終予選ではカズ、ラモスら日本代表選手と共にいわゆるドーハの悲劇を経験している。1993年一家全員で日本国籍取得。ハーフナー・ディド フレッシュアイペディアより)

  • 石塚啓次

    石塚啓次から見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    1997年シーズン途中でコンサドーレ札幌へのレンタル移籍を経験しているが、これはラモス瑠偉が京都パープルサンガから復帰するための措置で、当時ヴェルディ川崎で背番号10を付けていた石塚を放出し一旦欠番にすることで、ラモスの代名詞とも言える背番号10をラモスがヴェルディ復帰した後も付けられるようにしたのではないかとも言われている。しかし、コンサドーレ加入後はスーパーサブとして戦術にフィットし、Jリーグ昇格の立役者の1人となる。石塚啓次 フレッシュアイペディアより)

  • 寺川能人

    寺川能人から見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    高校時代は、長髪とパスセンスから「滝二のラモス」と呼ばれていた。寺川能人 フレッシュアイペディアより)

  • Jリーグを100倍楽しく見る方法!!

    Jリーグを100倍楽しく見る方法!!から見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    カリオカ!!アイシテルヨ!(アニメ、主人公:ラモス瑠偉Jリーグを100倍楽しく見る方法!! フレッシュアイペディアより)

  • さんタク

    さんタクから見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    2006年正月の本放送でカットされたゲーム「携帯電話番号ルーレット」(ルールは、相手の携帯電話機の登録電話番号を50音の1文字と数字の組み合わせを指名させてかけさせる)。二人とも黙々と電話を調べ、中井貴一とラモス瑠偉に生電話した。さんタク フレッシュアイペディアより)

  • FNS5000番組10万人総出演! がんばった大賞

    FNS5000番組10万人総出演! がんばった大賞から見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    スタジオゲストは陣内孝則、高畑淳子、IKKO、ラモス瑠偉、品川庄司(品川祐、庄司智春)、スザンヌ、柳原可奈子、多部未華子。FNS5000番組10万人総出演! がんばった大賞 フレッシュアイペディアより)

  • エジソン・アパレシード・デ・ソウザ

    エジソン・アパレシード・デ・ソウザから見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    20歳頃にプロ選手を諦めてサッカーから離れていたが、1986年、旧友のラモス(現・ラモス瑠偉)とエジソンの兄トレドが日本の読売クラブでプレイしていた縁から、同クラブのテストを受けて入団が決まった。1990年からはフジタおよびベルマーレ平塚で活躍。長い足をいかした飄々としたディフェンスが特徴のボランチ。田坂和昭とのコンビは絶妙で、平塚の超攻撃的サイドバックを支えたのはエジソンと田坂のクレバーなカバーリングであった。1996年に引退後はチームスタッフとして平塚に残ったが、1997年に当時関東リーグの横河電機で現役復帰し、2000年までプレーした。エジソン・アパレシード・デ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

131件中 71 - 80件表示

「ラモス瑠偉」のニューストピックワード