131件中 91 - 100件表示
  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見た居酒屋

    2001年に、沖縄かりゆしFC(九州サッカーリーグ所属)のテクニカルアドバイザー兼任の形で現役復帰を果たすが、2002年シーズン終了後の経営陣との対立からの退団でチーム内選手の集団退団騒動にまで発展した。またこの年、連続テレビ小説『さくら』に居酒屋の主人役で出演した。かりゆしFC退団後は、退団選手が中心で、恩人・与那城ジョージが監督を務めるFC琉球(日本フットボールリーグ)のテクニカルアドバイザーを務める。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見たユニフォーム

    ヴェルディの選手在籍時に収録し、当時のヴェルディのカップ戦ユニフォームを着用して撮影した。しかし直後に京都へ移籍。ユニフォームの色をコンピュータ処理で京都のチームカラーの紫に着色した。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見た茶漬け

    ホットドッグを食べに行こうとするサッカー少年たちに「日本人ならお茶漬けやろが!」と怒るCM。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見たフットサル日本代表

    サッカー引退直後の1999年2月、フットサル日本代表に招集された。同年3月、マレーシアで開かれた第1回AFCフットサル選手権に主将として出場、4位となった。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見た日本

    ラモス 瑠偉(ラモス ルイ、Ramos Ruy、1957年2月9日 - )は、ブラジル出身の日本の元サッカー選手、サッカー指導者。元Jリーグ監督。フットサルの元日本代表選手。現在は日本サッカー協会傘下にあるビーチサッカー日本代表監督。ブラジル国籍時代の旧名はRuy Gonçalves Ramos Sobrinho(ルイ(フイ)・ゴンサゥヴェス・ラモス(ハモス)・ソブリニョ)。愛称の「カリオカ」は「リオっ子」という意味で出身地に由来する。「36歳85日」の日本代表最年長得点記録(2013年時点)を持つ。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見たサンパウロ州

    1969年、12歳のとき父が他界し大きなショックを受け、父の死が受け入れられず憤慨して一時家を飛び出す。当時住んでいた家が父親が会計士を務めていた会社の社宅だったため、実父の死亡に伴いリオからサンパウロに住んでいた叔母の家に引っ越し。1975年、高校2年のときに母が「フイの気が狂った」と呆れるほど連日に渡り、膨大な試合に参加。全てはサッカーに対する情熱とプロになり金を稼ぎたいという思いだった。高校に通うのを中断し、ほとんどの時間をサッカーとアルバイトに明け暮れアマチュアの大会などに参加、しかし見た目が細身だった事からほぼ門前払いに終わった。18歳の終わり頃に当時サンパウロ州1部リーグ中位から下位に位置していたサアジFCに入団。1977年1月、19歳の時に当時読売サッカークラブ(現東京ヴェルディ)でプレーしていたジョージ与那城にスカウトされる、母は「気が狂った」と息子フイの日本行きを嘆き呆れ、猛反対する。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見た日本の国旗

    日の丸」への愛着をたびたび語っている。自著『ラモスの黙示録』では3ページにわたって日の丸への思いをつづり、国を代表し家族や仲間のために日の丸を背負ったからこそ、頑張れたと述べている。ラモスが初めて日本代表に招集された当時の代表ユニフォームには日の丸がどこにもなく、左胸にJFAのシンボルマークである「カラス(八咫烏)エンブレム」だけであったが、選手達の発案により左腕に日の丸が入るようになった。ドーハでのイラン戦の際、国歌斉唱が終わった直後にユニホームの袖を引き寄せ、日の丸に口づけし気合を入れるラモスの映像がテレビで流れている。2010 FIFAワールドカップの日本代表ユニフォームが発表された際には、自身のブログにおいて「やっと日の丸が胸についた! 最高だ!」と大変喜んでいた。同時に日本代表には青のユニフォームではなく日の丸と同じ赤と白のユニフォームにしてほしいと述べている。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見たサッカー

    ラモス 瑠偉(ラモス ルイ、Ramos Ruy、1957年2月9日 - )は、ブラジル出身の日本の元サッカー選手、サッカー指導者。元Jリーグ監督。フットサルの元日本代表選手。現在は日本サッカー協会傘下にあるビーチサッカー日本代表監督。ブラジル国籍時代の旧名はRuy Gonçalves Ramos Sobrinho(ルイ(フイ)・ゴンサゥヴェス・ラモス(ハモス)・ソブリニョ)。愛称の「カリオカ」は「リオっ子」という意味で出身地に由来する。「36歳85日」の日本代表最年長得点記録(2013年時点)を持つ。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見たカップ戦

    ヴェルディの選手在籍時に収録し、当時のヴェルディのカップ戦ユニフォームを着用して撮影した。しかし直後に京都へ移籍。ユニフォームの色をコンピュータ処理で京都のチームカラーの紫に着色した。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見たマレーシア

    サッカー引退直後の1999年2月、フットサル日本代表に招集された。同年3月、マレーシアで開かれた第1回AFCフットサル選手権に主将として出場、4位となった。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

131件中 91 - 100件表示

「ラモス瑠偉」のニューストピックワード