138件中 111 - 120件表示
  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見た茶漬け

    ホットドッグを食べに行こうとするサッカー少年たちに「日本人ならお茶漬けやろが!」と怒るCM。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見たフットサル日本代表

    サッカー引退直後の1999年2月、フットサル日本代表に招集された。ラモスの加入により知名度の低いフットサル日本代表への関心が高まった。同年3月、マレーシアで開かれた第1回AFCフットサル選手権に主将として出場、4位となった。。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見た1994 FIFAワールドカップ・アジア予選

    日本代表では1993年5月5日、1994 FIFAワールドカップ・アジア予選の1次予選F組第7戦のスリランカ戦で、前半31分に得点し、「36歳85日」の日本代表最年長得点記録(2011年時点)を打ち立てた。同年10月のアジア最終予選では厳しいマークを受けながら奮戦したが、最終戦イラク戦で後半ロスタイムに同点とされ、あと一歩でワールドカップ出場を逃す(ドーハの悲劇)。なお、本人はたとえ本大会出場を果たしたとしても、代表から引退する意思を持っていたという。パウロ・ロベルト・ファルカン新体制では代表招集を辞退。監督が加茂周に代わると代表に復帰し、1995年8月9日に国立競技場で行われた親善試合日本対ブラジル戦が事実上の日本代表引退試合となった。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見たサンパウロ州

    1966年9歳のとき、父が他界して大きなショックを受け、父の死が受け入れられず憤慨して一時家を飛び出す。当時住んでいた家が、父親が会計士を務めていた会社の社宅だったため、実父の死亡に伴いリオからサンパウロに住んでいた叔母の家に引っ越す。1975年、高校2年のときに母が「フイの気が狂った」と呆れるほどに連日に渡り、膨大な試合に参加。全てはサッカーに対する情熱と、プロになり金を稼ぎたいという思いだった。高校に通うのを中断し、ほとんどの時間をサッカーとアルバイトに明け暮れ、アマチュアの大会などに参加。しかし見た目が細身だった事から、ほぼ門前払いに終わった。18歳の終わり頃に、当時サンパウロ州1部リーグ中位から下位に位置していたサアジFCに加入。1977年1月、19歳の時に、当時読売サッカークラブ(現東京ヴェルディ)でプレーしていた与那城ジョージにスカウトされる。母は「気が狂った」と息子フイの日本行きを嘆き呆れ、猛反対する。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見たサッカーイラク代表

    日本代表では1993年5月5日、1994 FIFAワールドカップ・アジア予選の1次予選F組第7戦のスリランカ戦で、前半31分に得点し、「36歳85日」の日本代表最年長得点記録(2011年時点)を打ち立てた。同年10月のアジア最終予選では厳しいマークを受けながら奮戦したが、最終戦イラク戦で後半ロスタイムに同点とされ、あと一歩でワールドカップ出場を逃す(ドーハの悲劇)。なお、本人はたとえ本大会出場を果たしたとしても、代表から引退する意思を持っていたという。パウロ・ロベルト・ファルカン新体制では代表招集を辞退。監督が加茂周に代わると代表に復帰し、1995年8月9日に国立競技場で行われた親善試合日本対ブラジル戦が事実上の日本代表引退試合となった。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見たカップ戦

    ヴェルディの選手在籍時に収録し、当時のヴェルディのカップ戦ユニフォームを着用して撮影した。しかし直後に京都へ移籍。ユニフォームの色をコンピュータ処理で京都のチームカラーの紫に着色した。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見たマレーシア

    サッカー引退直後の1999年2月、フットサル日本代表に招集された。ラモスの加入により知名度の低いフットサル日本代表への関心が高まった。同年3月、マレーシアで開かれた第1回AFCフットサル選手権に主将として出場、4位となった。。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見たアラブ首長国連邦

    2005年ビーチサッカー日本代表監督に就任し、FIFAビーチサッカーワールドカップ2005リオデジャネイロ大会で4位入賞(フェアプレイ賞も獲得)。日本代表の活躍と監督の手腕がFIFA公式ウェブサイトでも紹介された。2009年7月には元サッカー日本代表の前園真聖らを代表に加え、10月にアラブ首長国連邦・ドバイで開催されたワールドカップではグループステージを1位で通過するもポルトガルに破れベスト8となった。2013年、フランス領ポリネシア・タヒチで開催されたFIFAビーチサッカーワールドカップ2013ではグループDを2位で通過したが、決勝トーナメント初戦でブラジルに敗れベスト8となった。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見た日本語

    MFとして有名だが、ブラジル時代はDF(スイーパー)としてプレイしていた。そして来日からしばらくはFWとしてプレイした。初めは若さと日本語もわからなかったためトラブルを起こす。1978年1月14日の対日産自動車サッカー部戦で、ラモスがファウルをし、相手選手が重大なファウルを受けたように痛がる演技をし、レッドカードでラモスが退場処分を受けた後に、当の相手選手が笑っているのを見て激怒し、その相手選手をグラウンドで追い掛け回したことで、異例ともいえる1年間の出場停止処分を受けた。1年間の出場停止が解け、復帰した直後の試合から1979年2試合連続ハットトリックを含む14得点7アシストを記録。得点王・アシスト王の二冠を獲得した。これは日本サッカーリーグ史上、釜本邦茂とラモスしか達成していない(Jリーグではアシストの個人表彰を行っていない)。この頃後に結婚することとなる、当時美大生だった清水初音がサッカー好きの男友達の仲介でラモスと対面した。ラモスは一目惚れした。初音の母同伴の3人でデートをし、母も娘に影響されてラモスに関する情報や記事を収集するようになる。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見た静岡市清水日本平運動公園球技場

    引退後は評論家として活動。一時期解説業も行っていた。現役引退までの半年前、1998 FIFAワールドカップにおいてNHKの解説を行っていた際、日本代表のふがいない戦いぶりから、試合後「何ニヤニヤしてんだよ!ワールドカップは戦争だヨ!」「こんなサッカーじゃオナニーしてんのと同じだヨ!」と、有働由美子アナウンサーのフォローを無視して激高したことがあり、中田英寿のセリエAプレー解説を務めたときも精神論を全面に押し出したコメントで「大和魂を見せろ」「あんなプレーでは相手にナメ(見下さ)られる」「気持ちを強く」と、また2002 FIFAワールドカップを控えた日本平運動公園球技場での一般公開における日本代表の紅白戦試合の取材中に辛辣なコメントを連発し、フジテレビのサッカーコーナーから姿を消す事となった。タレントの明石家さんまから「お前はサッカー熱が過ぎて精神論だけが先行しボロカス言うから、テレビから干される」と指摘され苦笑いしながら頭を抱えていた。しかし時を経るにつれて、日本代表やFIFAワールドカップ関連の番組に出演時には辛辣なコメントは控えるようになっている。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

138件中 111 - 120件表示

「ラモス瑠偉」のニューストピックワード