131件中 21 - 30件表示
  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見たフジテレビジョン

    花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜卒業式&7と1/2話スペシャル(フジテレビ、2008年10月8日) - サッカー監督 役ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見た久光製薬

    久光製薬「エアーサロンパス」ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見たよみうりランド

    1977年4月、20歳で来日し入団。当時のニックネームはラモスの細い肉体にちなんで名づけられたあだ名は「エンピツ」。読売サッカークラブへの加入動機は「なんとしてでもサッカーで金を得る」ためであったが、来日早々よみうりランドのホテルでホームシックを患い、郷に帰りたいと涙するもカルバリオとマリーニョが赤坂や六本木にラモスと従兄弟のカルロス・ニコトラを連れ出したところ「日本に来て良かった、もう帰る気は失せた」と大喜びする。JSL時代の登録名は「ラモス・ソブリニョ」ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見た日本サッカー協会

    ラモス 瑠偉(ラモス ルイ、Ramos Ruy、1957年2月9日 - )は、ブラジル出身の日本の元サッカー選手、サッカー指導者。元Jリーグ監督。フットサルの元日本代表選手。現在は日本サッカー協会傘下にあるビーチサッカー日本代表監督。ブラジル国籍時代の旧名はRuy Gonçalves Ramos Sobrinho(ルイ(フイ)・ゴンサゥヴェス・ラモス(ハモス)・ソブリニョ)。愛称の「カリオカ」は「リオっ子」という意味で出身地に由来する。「36歳85日」の日本代表最年長得点記録(2013年時点)を持つ。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見た珠木ゆかり

    『バモス×ラモス篇』栗山かほりと共演(2007年2月 - )ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見たエメルソン・レオン

    Jリーグの発足で、読売サッカークラブからヴェルディ川崎になっても中心選手としてJリーグ創生期のクラブ黄金時代を支える活躍を続ける。1993年7月10日、当時ガンバ大阪に在籍していた賈秀全からファウルを受けた際、報復行為として賈秀全の顔面にボールを投げつけ大乱闘となった(ちなみにこのとき賈秀全は退場処分となったが、ラモスはイエローカードを受けるにとどまった)。1996年夏にヴェルディの監督に就任したエメルソン・レオンとは以前から確執があったことから、レオンの下でプレーする事に対して拒絶反応をあからさまに示し京都パープルサンガへ移籍する。しかし翌1997年夏にレオンが退任するとすぐさま古巣のヴェルディ川崎に復帰。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見た加茂周

    1993年。Jリーグ開幕。読売クラブ時代のサッカー色そのままのヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ1969)でプレイし空前のJリーグブームの真っ只中、ラモスの足技はスタジアムの観客を沸かせ、年俸も6千万円超となり母に家を贈った。日本代表にも選出され、中心選手として活躍。1993年、アメリカW杯アジア予選の日本代表に選出されるが、ブラジル流サッカーを信奉するラモスは、規律と組織を重視するハンス・オフト監督批判をマスコミ上で展開したため、一時期代表を外されかねない危機もあった。1992年9月26日、オフトとの30分程度の個人面談(通訳の為に小倉純二専務理事(現JFA会長)が同席)で和解した。和解後は代表のキーマンとしてアジアカップ日本大会で優勝するなど活躍。1993年5月5日、アメリカW杯アジア1次予選F組第7戦日本対スリランカ戦で、前半31分に得点し、「36歳85日」の日本代表最年長得点記録(2011年時点)を打ち立てた。なお、試合は6-0で勝利した。しかし、「ドーハの悲劇」を経験し念願のワールドカップ出場はならなかった。年齢、体力的なものと戦術を巡っての確執で(仮に)この試合に勝ち、日本代表が本戦に出たとしても本人は代表を辞退する考えを固めており「代表をW杯に送り出すのが俺の役目」と腹をくくって望んだ対イラク戦がラモスの“主力選手”としての“全日本”最後の試合となった(記録としては、最後の試合は1995年8月9日に国立競技場で行われた親善試合日本対ブラジル戦で、フル出場したが1-5で惨敗した。後に加茂周日本代表監督が語ったように、ラモス瑠偉の事実上の日本代表引退試合であった)。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見たジョージ与那城

    1969年、12歳のとき父が他界し大きなショックを受け、父の死が受け入れられず憤慨して一時家を飛び出す。当時住んでいた家が父親が会計士を務めていた会社の社宅だったため、実父の死亡に伴いリオからサンパウロに住んでいた叔母の家に引っ越し。1975年、高校2年のときに母が「フイの気が狂った」と呆れるほど連日に渡り、膨大な試合に参加。全てはサッカーに対する情熱とプロになり金を稼ぎたいという思いだった。高校に通うのを中断し、ほとんどの時間をサッカーとアルバイトに明け暮れアマチュアの大会などに参加、しかし見た目が細身だった事からほぼ門前払いに終わった。18歳の終わり頃に当時サンパウロ州1部リーグ中位から下位に位置していたサアジFCに入団。1977年1月、19歳の時に当時読売サッカークラブ(現東京ヴェルディ)でプレーしていたジョージ与那城にスカウトされる、母は「気が狂った」と息子フイの日本行きを嘆き呆れ、猛反対する。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見た石塚啓次

    読売への愛着同様、背番号10もかなりの愛着を持っており、日本代表は勿論、背番号固定制施行以前も主に10番を背負い(読売時代は長らく背番号8を付けていた。)、ラモスの代名詞とも言える番号だった。その事はほかの選手も認識しており、当時ヴェルディのチームメートであったビスマルクは、彼への敬意から、こだわりのあった背番号10ではなく、7番を自ら選択するほどであった(ラモスが日本代表で離脱したときに一度だけ10番をつけている)。前述にも書かれたとおり、1996年に彼は京都に移籍し、後の10番は当時若手だったFW石塚啓次が背負うことになった。が、後に石塚は1997年にコンサドーレ札幌にレンタル移籍したことで欠番となり、その後ヴェルディに復帰したラモスがやはり再び10番を付けている。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見た前園真聖

    2009年7月にはビーチサッカーの日本代表監督に就任。元サッカー日本代表の前園真聖らを代表に加え、10月にアラブ首長国連邦・ドバイで開催されたワールドカップではグループステージを1位で通過するもポルトガルに破れベスト8となった。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

131件中 21 - 30件表示

「ラモス瑠偉」のニューストピックワード