131件中 41 - 50件表示
  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見たAFCチャンピオンズリーグ

    2006年からはJ2落ちした古巣の東京ヴェルディ1969の監督に就任。前年度のレギュラーの殆どを失うチーム状況の中、「1年でJ1復帰」を掲げ、J2に加えACL出場のため登録メンバーを大幅に増やして臨んだが日程は過密となり、前年からの課題であったディフェンス面での不安を解消することが出来ず、J2初年度は7位で終了したが、2007年も指揮を執ることが早々と決定。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見たガンバ大阪

    Jリーグの発足で、読売サッカークラブからヴェルディ川崎になっても中心選手としてJリーグ創生期のクラブ黄金時代を支える活躍を続ける。1993年7月10日、当時ガンバ大阪に在籍していた賈秀全からファウルを受けた際、報復行為として賈秀全の顔面にボールを投げつけ大乱闘となった(ちなみにこのとき賈秀全は退場処分となったが、ラモスはイエローカードを受けるにとどまった)。1996年夏にヴェルディの監督に就任したエメルソン・レオンとは以前から確執があったことから、レオンの下でプレーする事に対して拒絶反応をあからさまに示し京都パープルサンガへ移籍する。しかし翌1997年夏にレオンが退任するとすぐさま古巣のヴェルディ川崎に復帰。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見た連続テレビ小説

    2001年に、沖縄かりゆしFC(九州サッカーリーグ所属)のテクニカルアドバイザー兼任の形で現役復帰を果たすが、2002年シーズン終了後の経営陣との対立からの退団でチーム内選手の集団退団騒動にまで発展した。またこの年、連続テレビ小説『さくら』に居酒屋の主人役で出演した。かりゆしFC退団後は、退団選手が中心で、恩人・与那城ジョージが監督を務めるFC琉球(日本フットボールリーグ)のテクニカルアドバイザーを務める。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見たサッカーウルグアイ代表

    1985年、サントスFC、ウルグアイ代表、マレーシア代表を招いたキリンカップでは日本代表と並んで読売クラブが参加した。この大会でも読売クラブは単独チームとして世界のプロ相手に善戦、ラモス自身もテクニックが高いことを十分に証明し、日本国外クラブに勝てないどころか、対読売クラブ戦にすら惨敗した日本代表とは対照的であった(当時日本代表レギュラーの約半分が読売クラブ出身)。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見たセレッソ大阪

    その後こだわり続けた4-4-2から3-5-2へとシステムを変更、守備の立て直しを図り、以後は安定して勝ち点を得られるようになった。9月頃からはフッキを1トップに据えた4-5-1へとシステムを変更したがこれが功を奏し、8連勝を記録するなど追い上げを見せ、2位でシーズンを終了。J1復帰を成し遂げた。なお、J1昇格を決めたセレッソ大阪戦は、監督に就任してちょうど100試合目(リーグ、ACL、天皇杯を含め)であった。シーズン終了後に監督を退任。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見たサガン鳥栖

    この年、チームは名波浩や服部年宏など実績あるベテランを獲得。在籍メンバー大半を入れ替える大型補強を行い、開幕前にはJ1昇格候補の筆頭に挙げられた。体制発表の際にクラブの萩原代表からは、圧倒的な強さを見せられなかった場合は早期解任の可能性まで示唆されており、背水の陣で臨むシーズンとなった。開幕5試合で4勝1分とスタートダッシュに成功したが、その後課題のディフェンス面の不安が露呈し連敗を重ね、第7節(対アビスパ福岡戦)から第12節(対サガン鳥栖戦)まで6連敗を喫してしまい、「(この先)2連敗なら解任」などといった厳しい状況に追い込まれた。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見たリオデジャネイロ

    1957年2月9日、ブラジルのリオデジャネイロから山側に70-80キロほど入る、メンデスという小さな町でサッカー好きな公認会計士の父フーベンと母マリアのハモス家、5男1女の第4子として出生。父はサッカー狂であったが、母はサッカーに無関心で、息子フイのサッカー熱を嘆いていた。。兄らに混じって空き地や道路で球蹴りに興じ、定期巡回で訪れるサッカークラブのセレクションを幾度も受け続けるが尽く不合格。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見たアビスパ福岡

    この年、チームは名波浩や服部年宏など実績あるベテランを獲得。在籍メンバー大半を入れ替える大型補強を行い、開幕前にはJ1昇格候補の筆頭に挙げられた。体制発表の際にクラブの萩原代表からは、圧倒的な強さを見せられなかった場合は早期解任の可能性まで示唆されており、背水の陣で臨むシーズンとなった。開幕5試合で4勝1分とスタートダッシュに成功したが、その後課題のディフェンス面の不安が露呈し連敗を重ね、第7節(対アビスパ福岡戦)から第12節(対サガン鳥栖戦)まで6連敗を喫してしまい、「(この先)2連敗なら解任」などといった厳しい状況に追い込まれた。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見たカラス

    「日の丸」への愛着をたびたび語っている。自著『ラモスの黙示録』では3ページにわたって日の丸への思いをつづり、国を代表し家族や仲間のために日の丸を背負ったからこそ、頑張れたと述べている。ラモスが初めて日本代表に招集された当時の代表ユニフォームには日の丸がどこにもなく、左胸にJFAのシンボルマークである「カラス(八咫烏)エンブレム」だけであったが、選手達の発案により左腕に日の丸が入るようになった。ドーハでのイラン戦の際、国歌斉唱が終わった直後にユニホームの袖を引き寄せ、日の丸に口づけし気合を入れるラモスの映像がテレビで流れている。2010 FIFAワールドカップの日本代表ユニフォームが発表された際には、自身のブログにおいて「やっと日の丸が胸についた! 最高だ!」と大変喜んでいた。同時に日本代表には青のユニフォームではなく日の丸と同じ赤と白のユニフォームにしてほしいと述べている。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見た日本フットボールリーグ

    2001年に、沖縄かりゆしFC(九州サッカーリーグ所属)のテクニカルアドバイザー兼任の形で現役復帰を果たすが、2002年シーズン終了後の経営陣との対立からの退団でチーム内選手の集団退団騒動にまで発展した。またこの年、連続テレビ小説『さくら』に居酒屋の主人役で出演した。かりゆしFC退団後は、退団選手が中心で、恩人・与那城ジョージが監督を務めるFC琉球(日本フットボールリーグ)のテクニカルアドバイザーを務める。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

131件中 41 - 50件表示

「ラモス瑠偉」のニューストピックワード