138件中 41 - 50件表示
  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見たリカちゃん

    リカちゃんとのコラボレーション(2006年6月)ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見た脳梗塞

    解任後の2016年12月29日に自宅で倒れて緊急搬送され、検査の結果脳梗塞と診断された。2017年1月6日からリハビリを開始したが、同24日にはリハビリテーション病院へ転院し、2月14日に退院を果たす。ラモス瑠偉氏 脳梗塞から涙の復帰会見ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見たAFCチャンピオンズリーグ

    2006年からはJ2落ちした古巣の東京Vの監督に就任。前年度のレギュラーの殆どを失うチーム状況の中、「1年でJ1復帰」を掲げ、J2に加えACL出場のため登録メンバーを大幅に増やして臨んだが日程は過密となり、前年からの課題であった守備面での不安を解消することが出来ず、J2初年度は7位で終了したが、2007年も指揮を執ることが早々と決定。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見たガンバ大阪

    1993年のJリーグの開幕で、読売サッカークラブからヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ1969)になっても、中心選手としてJリーグ創生期のクラブ黄金時代を支える活躍を続ける。空前のJリーグブームの真っ只中、人気者としてCMにも出演し、年俸も6千万円超となり母に家を贈った。同年7月10日、当時ガンバ大阪に在籍していた賈秀全からファウルを受けた際、報復行為として賈の顔面にボールを投げつけ大乱闘となった(ちなみにこのとき賈は退場処分となったが、ラモスはイエローカードを受けるにとどまった)。1994年のサントリーチャンピオンシップヴェルディ川崎対サンフレッチェ広島F.Cの第2戦では、左脚肉離れに痛み止めを打ちながら強行出場。後半35分にゴール前のこぼれ球をダイレクトで浮かし、ゴールキーパーの頭上を抜く芸術的なループシュートを決めて優勝を決定づけた(この試合はともにクラブを支えた盟友加藤久の引退ゲームでもあった)。なお、このループシュートは読売時代からの得意技で、ゲーリー・リネカーが「ミスキック」と発言したことに本人は憤慨していたという。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見た日本人

    ホットドッグを食べに行こうとするサッカー少年たちに「日本人ならお茶漬けやろが!」と怒るCM。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見たサンフレッチェ広島F.C

    1993年のJリーグの開幕で、読売サッカークラブからヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ1969)になっても、中心選手としてJリーグ創生期のクラブ黄金時代を支える活躍を続ける。空前のJリーグブームの真っ只中、人気者としてCMにも出演し、年俸も6千万円超となり母に家を贈った。同年7月10日、当時ガンバ大阪に在籍していた賈秀全からファウルを受けた際、報復行為として賈の顔面にボールを投げつけ大乱闘となった(ちなみにこのとき賈は退場処分となったが、ラモスはイエローカードを受けるにとどまった)。1994年のサントリーチャンピオンシップヴェルディ川崎対サンフレッチェ広島F\.Cの第2戦では、左脚肉離れに痛み止めを打ちながら強行出場。後半35分にゴール前のこぼれ球をダイレクトで浮かし、ゴールキーパーの頭上を抜く芸術的なループシュートを決めて優勝を決定づけた(この試合はともにクラブを支えた盟友加藤久の引退ゲームでもあった)。なお、このループシュートは読売時代からの得意技で、ゲーリー・リネカーが「ミスキック」と発言したことに本人は憤慨していたという。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見たFIFA

    2005年ビーチサッカー日本代表監督に就任し、FIFAビーチサッカーワールドカップ2005リオデジャネイロ大会で4位入賞(フェアプレイ賞も獲得)。日本代表の活躍と監督の手腕がFIFA公式ウェブサイトでも紹介された。2009年7月には元サッカー日本代表の前園真聖らを代表に加え、10月にアラブ首長国連邦・ドバイで開催されたワールドカップではグループステージを1位で通過するもポルトガルに破れベスト8となった。2013年、フランス領ポリネシア・タヒチで開催されたFIFAビーチサッカーワールドカップ2013ではグループDを2位で通過したが、決勝トーナメント初戦でブラジルに敗れベスト8となった。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見たサッカーウルグアイ代表

    1985年、サントスFC、ウルグアイ代表、マレーシア代表を招いたキリンカップでは日本代表と並んで読売クラブが参加した。この大会でも読売クラブは単独チームとして世界のプロ相手に善戦、ラモス自身もテクニックが高いことを十分に証明し、日本国外クラブに勝てないどころか、読売クラブ戦にすら惨敗した日本代表とは対照的であった(当時日本代表レギュラーの約半分が読売クラブ出身)。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見た公認会計士

    1957年2月9日、ブラジルのリオデジャネイロから山側に70-80キロほどにあるメンデスという小さな町で、サッカー好きな公認会計士の父フーベンと母マリアのハモス家の、5男1女の第4子として出生。父は大のサッカー好きであったが、母はサッカーがあまり好きではなく、息子フイのサッカー熱を嘆いていた。実家近くには、当たり前の様にサッカークラブがあり当たり前の様にサッカーに没頭した。兄らに混じって空き地や道路で球蹴りに興じ、定期巡回で訪れるサッカークラブのセレクションを幾度も受け続けるが尽く不合格。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見たセレッソ大阪

    その後こだわり続けた4-4-2から3-5-2へとシステムを変更、守備の立て直しを図り、以後は安定して勝ち点を得られるようになった。9月頃からはフッキを1トップに据えた4-5-1へとシステムを変更したがこれが功を奏し、8連勝を記録するなど追い上げを見せ、2位でシーズンを終了。東京VのJ1復帰を成し遂げた。なお、J1昇格を決めたセレッソ大阪戦は、監督に就任してちょうど100試合目(リーグ、ACL、天皇杯を含め)であった。シーズン終了後に監督を退任。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

138件中 41 - 50件表示

「ラモス瑠偉」のニューストピックワード