138件中 61 - 70件表示
  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見た葬儀

    2011年7月19日、最愛の妻であったラモス初音が日本女子サッカーW杯の優勝を見届け、夫のビーチサッカーも世界一になるようエールを送った後に転移性肝ガンのため52歳の若さで他界。ラモスは初音の最期を看取った際、言葉を発することなく大きなショックを受けた。ラモスの希望により、瑠偉初音夫人の葬儀・告別式は2人の結婚式が行われた聖イグナチオ教会で7月22日に行われた。当初は再婚しないと語っていたものの、2015年11月に再婚している。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見たFC岐阜

    2014年 - 2016年7月 FC岐阜:監督ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見たジュビロ磐田

    この年、チームはジュビロ磐田から実績あるベテランの名波浩と服部年宏を獲得。在籍メンバー大半を入れ替える大型補強を行い、開幕前にはJ1昇格候補の筆頭に挙げられた。体制発表の際にクラブの萩原代表からは、圧倒的な強さを見せられなかった場合は早期解任の可能性まで示唆されており、背水の陣で臨むシーズンとなった。開幕5試合で4勝1分とスタートダッシュに成功したが、その後課題の守備面の不安が露呈し連敗を重ね、第7節(アビスパ福岡戦)から第12節(サガン鳥栖戦)まで6連敗を喫してしまい、「(この先)2連敗なら解任」などといった厳しい状況に追い込まれた。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見たジノ・サニ

    ブラジルの名将であり読売クラブ特別コーチだったジノ・サニは、ラモスのゲームメイクセンスを高く評価しており、「ラモスの頭には、サッカーの地図がある」とコメントしている。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見た2009年

    1998年11月14日の柏レイソル戦(日立柏サッカー場)で現役を退く。41歳9ヶ月5日という最年長出場記録は2009年に中山雅史に抜かれるまではJリーグ記録だった。1999年8月には三浦知良や武田修宏、北澤豪などのヴェルディ・オールスターズとJリーグ選抜軍によるJリーグ初の公認引退試合が国立霞ヶ丘競技場で開催された。この試合の最後のあいさつでファンに向けて「生まれかわっても、日本に来て早く帰化してワールドカップへ出たい」と涙ながらに語った。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見た青山メインランド

    青山メインランド(不動産会社)ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見た興和

    興和「バンテリン」ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見た日本放送協会

    引退後は評論家として活動。一時期解説業も行っていた。現役引退までの半年前、1998 FIFAワールドカップにおいてNHKの解説を行っていた際、日本代表のふがいない戦いぶりから、試合後「何ニヤニヤしてんだよ!ワールドカップは戦争だヨ!」「こんなサッカーじゃオナニーしてんのと同じだヨ!」と、有働由美子アナウンサーのフォローを無視して激高したことがあり、中田英寿のセリエAプレー解説を務めたときも精神論を全面に押し出したコメントで「大和魂を見せろ」「あんなプレーでは相手にナメ(見下さ)られる」「気持ちを強く」と、また2002 FIFAワールドカップを控えた日本平運動公園球技場での一般公開における日本代表の紅白戦試合の取材中に辛辣なコメントを連発し、フジテレビのサッカーコーナーから姿を消す事となった。タレントの明石家さんまから「お前はサッカー熱が過ぎて精神論だけが先行しボロカス言うから、テレビから干される」と指摘され苦笑いしながら頭を抱えていた。しかし時を経るにつれて、日本代表やFIFAワールドカップ関連の番組に出演時には辛辣なコメントは控えるようになっている。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見たユニクロ

    ユニクロ「ステテコ」(2013 古き良い日本の良さ)ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見た読売サッカークラブ

    1966年9歳のとき、父が他界して大きなショックを受け、父の死が受け入れられず憤慨して一時家を飛び出す。当時住んでいた家が、父親が会計士を務めていた会社の社宅だったため、実父の死亡に伴いリオからサンパウロに住んでいた叔母の家に引っ越す。1975年、高校2年のときに母が「フイの気が狂った」と呆れるほどに連日に渡り、膨大な試合に参加。全てはサッカーに対する情熱と、プロになり金を稼ぎたいという思いだった。高校に通うのを中断し、ほとんどの時間をサッカーとアルバイトに明け暮れ、アマチュアの大会などに参加。しかし見た目が細身だった事から、ほぼ門前払いに終わった。18歳の終わり頃に、当時サンパウロ州1部リーグ中位から下位に位置していたサアジFCに加入。1977年1月、19歳の時に、当時読売サッカークラブ(現東京ヴェルディ)でプレーしていた与那城ジョージにスカウトされる。母は「気が狂った」と息子フイの日本行きを嘆き呆れ、猛反対する。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

138件中 61 - 70件表示

「ラモス瑠偉」のニューストピックワード