131件中 61 - 70件表示
  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見た読売サッカークラブ

    1969年、12歳のとき父が他界し大きなショックを受け、父の死が受け入れられず憤慨して一時家を飛び出す。当時住んでいた家が父親が会計士を務めていた会社の社宅だったため、実父の死亡に伴いリオからサンパウロに住んでいた叔母の家に引っ越し。1975年、高校2年のときに母が「フイの気が狂った」と呆れるほど連日に渡り、膨大な試合に参加。全てはサッカーに対する情熱とプロになり金を稼ぎたいという思いだった。高校に通うのを中断し、ほとんどの時間をサッカーとアルバイトに明け暮れアマチュアの大会などに参加、しかし見た目が細身だった事からほぼ門前払いに終わった。18歳の終わり頃に当時サンパウロ州1部リーグ中位から下位に位置していたサアジFCに入団。1977年1月、19歳の時に当時読売サッカークラブ(現東京ヴェルディ)でプレーしていたジョージ与那城にスカウトされる、母は「気が狂った」と息子フイの日本行きを嘆き呆れ、猛反対する。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見た京都サンガF.C.

    Jリーグの発足で、読売サッカークラブからヴェルディ川崎になっても中心選手としてJリーグ創生期のクラブ黄金時代を支える活躍を続ける。1993年7月10日、当時ガンバ大阪に在籍していた賈秀全からファウルを受けた際、報復行為として賈秀全の顔面にボールを投げつけ大乱闘となった(ちなみにこのとき賈秀全は退場処分となったが、ラモスはイエローカードを受けるにとどまった)。1996年夏にヴェルディの監督に就任したエメルソン・レオンとは以前から確執があったことから、レオンの下でプレーする事に対して拒絶反応をあからさまに示し京都パープルサンガへ移籍する。しかし翌1997年夏にレオンが退任するとすぐさま古巣のヴェルディ川崎に復帰。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見た日本プロサッカーリーグ

    MFとして有名だが、ブラジル時代はDF(スイーパー)としてプレイしていた。そして来日からしばらくはFWとしてプレイした。初めは若さと日本語もわからなかったためトラブルを起こす。1978年1月14日の対日産自動車サッカー部戦で、ラモスがファウルをし、相手選手が重大なファウルを受けたように痛がる演技をし、レッドカードでラモスが退場処分を受けた後に当の相手選手が笑っているのを見て激怒し、その相手選手をグラウンドで追い掛け回したことで、異例ともいえる1年間の出場停止処分を受けた。1年間の出場停止が解け復帰した直後の試合から1979年2試合連続ハットトリックを含む14得点7アシストを記録。得点王・アシスト王の二冠を獲得した。これは日本サッカーリーグ史上、釜本邦茂とラモスしか達成していない(Jリーグではアシストの個人表彰を行っていない)。この頃、後に結婚することとなる、当時美大生だった清水初音がサッカー好きの男友達の仲介でラモスと対面した。ラモスは一目惚れした。初音の母同伴の3人でデートをし、母も娘に影響されてラモスに関する情報や記事を収集するようになる。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見たブラジル

    ラモス 瑠偉(ラモス ルイ、Ramos Ruy、1957年2月9日 - )は、ブラジル出身の日本の元サッカー選手、サッカー指導者。元Jリーグ監督。フットサルの元日本代表選手。現在は日本サッカー協会傘下にあるビーチサッカー日本代表監督。ブラジル国籍時代の旧名はRuy Gonçalves Ramos Sobrinho(ルイ(フイ)・ゴンサゥヴェス・ラモス(ハモス)・ソブリニョ)。愛称の「カリオカ」は「リオっ子」という意味で出身地に由来する。「36歳85日」の日本代表最年長得点記録(2013年時点)を持つ。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見た日産自動車サッカー部

    MFとして有名だが、ブラジル時代はDF(スイーパー)としてプレイしていた。そして来日からしばらくはFWとしてプレイした。初めは若さと日本語もわからなかったためトラブルを起こす。1978年1月14日の対日産自動車サッカー部戦で、ラモスがファウルをし、相手選手が重大なファウルを受けたように痛がる演技をし、レッドカードでラモスが退場処分を受けた後に当の相手選手が笑っているのを見て激怒し、その相手選手をグラウンドで追い掛け回したことで、異例ともいえる1年間の出場停止処分を受けた。1年間の出場停止が解け復帰した直後の試合から1979年2試合連続ハットトリックを含む14得点7アシストを記録。得点王・アシスト王の二冠を獲得した。これは日本サッカーリーグ史上、釜本邦茂とラモスしか達成していない(Jリーグではアシストの個人表彰を行っていない)。この頃、後に結婚することとなる、当時美大生だった清水初音がサッカー好きの男友達の仲介でラモスと対面した。ラモスは一目惚れした。初音の母同伴の3人でデートをし、母も娘に影響されてラモスに関する情報や記事を収集するようになる。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見た1994 FIFAワールドカップ・アジア予選

    1993年。Jリーグ開幕。読売クラブ時代のサッカー色そのままのヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ1969)でプレイし空前のJリーグブームの真っ只中、ラモスの足技はスタジアムの観客を沸かせ、年俸も6千万円超となり母に家を贈った。日本代表にも選出され、中心選手として活躍。1993年、アメリカW杯アジア予選の日本代表に選出されるが、ブラジル流サッカーを信奉するラモスは、規律と組織を重視するハンス・オフト監督批判をマスコミ上で展開したため、一時期代表を外されかねない危機もあった。1992年9月26日、オフトとの30分程度の個人面談(通訳の為に小倉純二専務理事(現JFA会長)が同席)で和解した。和解後は代表のキーマンとしてアジアカップ日本大会で優勝するなど活躍。1993年5月5日、アメリカW杯アジア1次予選F組第7戦日本対スリランカ戦で、前半31分に得点し、「36歳85日」の日本代表最年長得点記録(2011年時点)を打ち立てた。なお、試合は6-0で勝利した。しかし、「ドーハの悲劇」を経験し念願のワールドカップ出場はならなかった。年齢、体力的なものと戦術を巡っての確執で(仮に)この試合に勝ち、日本代表が本戦に出たとしても本人は代表を辞退する考えを固めており「代表をW杯に送り出すのが俺の役目」と腹をくくって望んだ対イラク戦がラモスの“主力選手”としての“全日本”最後の試合となった(記録としては、最後の試合は1995年8月9日に国立競技場で行われた親善試合日本対ブラジル戦で、フル出場したが1-5で惨敗した。後に加茂周日本代表監督が語ったように、ラモス瑠偉の事実上の日本代表引退試合であった)。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見た日本サッカーリーグ

    MFとして有名だが、ブラジル時代はDF(スイーパー)としてプレイしていた。そして来日からしばらくはFWとしてプレイした。初めは若さと日本語もわからなかったためトラブルを起こす。1978年1月14日の対日産自動車サッカー部戦で、ラモスがファウルをし、相手選手が重大なファウルを受けたように痛がる演技をし、レッドカードでラモスが退場処分を受けた後に当の相手選手が笑っているのを見て激怒し、その相手選手をグラウンドで追い掛け回したことで、異例ともいえる1年間の出場停止処分を受けた。1年間の出場停止が解け復帰した直後の試合から1979年2試合連続ハットトリックを含む14得点7アシストを記録。得点王・アシスト王の二冠を獲得した。これは日本サッカーリーグ史上、釜本邦茂とラモスしか達成していない(Jリーグではアシストの個人表彰を行っていない)。この頃、後に結婚することとなる、当時美大生だった清水初音がサッカー好きの男友達の仲介でラモスと対面した。ラモスは一目惚れした。初音の母同伴の3人でデートをし、母も娘に影響されてラモスに関する情報や記事を収集するようになる。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見た沖縄かりゆしFC

    2001年に、沖縄かりゆしFC(九州サッカーリーグ所属)のテクニカルアドバイザー兼任の形で現役復帰を果たすが、2002年シーズン終了後の経営陣との対立からの退団でチーム内選手の集団退団騒動にまで発展した。またこの年、連続テレビ小説『さくら』に居酒屋の主人役で出演した。かりゆしFC退団後は、退団選手が中心で、恩人・与那城ジョージが監督を務めるFC琉球(日本フットボールリーグ)のテクニカルアドバイザーを務める。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見た帰化

    当時、外国人出場枠3人に対して4人の外国人選手を抱えていた読売クラブはこの問題を解消するため日本国籍の取得条件(滞在年数、日本人配偶者)を満たしていたラモスに日本への帰化を勧める。漠然とではあるがいずれは妻の初音を連れてブラジルで所帯を構えようと考えていたが、この帰化話を聞いてあまり良い顔をしなかったもののよくよく考えて「妻(初音)の両親は快く一人娘をガイジンの俺にくれた、俺はとんでもない馬鹿野郎だった。何かの形で日本に恩返ししないとこれでは筋が通らない。」と猛省して日本国籍取得の申請を届け出て1989年11月に日本国籍を取得した。本名の「Rui」の当て字「瑠偉」は初音夫人の考案によるもの。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見たフットサル

    ラモス 瑠偉(ラモス ルイ、Ramos Ruy、1957年2月9日 - )は、ブラジル出身の日本の元サッカー選手、サッカー指導者。元Jリーグ監督。フットサルの元日本代表選手。現在は日本サッカー協会傘下にあるビーチサッカー日本代表監督。ブラジル国籍時代の旧名はRuy Gonçalves Ramos Sobrinho(ルイ(フイ)・ゴンサゥヴェス・ラモス(ハモス)・ソブリニョ)。愛称の「カリオカ」は「リオっ子」という意味で出身地に由来する。「36歳85日」の日本代表最年長得点記録(2013年時点)を持つ。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

131件中 61 - 70件表示

「ラモス瑠偉」のニューストピックワード