131件中 81 - 90件表示
  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見たスポーツクライシス 〜香取慎吾×真実のアスリートたち〜

    スポーツクライシス 〜香取慎吾×真実のアスリートたち〜(関西テレビ、2010年12月12日)ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見た成増

    ブラジルのサンバが好きで、外苑前にあった「コパ東京」(後に成増へ移転)というシュハスカリア(シュハスコ料理店)では、月1回程度のペースでパゴーヂ(サンバの一種:少人数で演奏される)を自ら演奏し歌っていた。楽器はタンタンを担当。またラモスが出演するパゴーヂは俗にラモパゴと呼ばれる。なお2008年1月に、念願であった自身がオーナーであるブラジルレストラン、「Restaurante Carioca by R.Ramos」をオープンさせた。別の店ではあるがラモパゴも今後不定期で行う予定。過去、暴力事件の罰則で長期に渡り出場停止になるが、本人と、ブラジル大使館員、ブラジル料理店従業員、友人、知人が集まりスタンドでサンバを演奏。スタジアムにおいて応援チームの鼓舞を行うサンバの演奏は、これが始まりになる。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見た有名人の皆様ゴメンなさい…ビートたけしの超国民的バラエティ噂のあの人この事件 そこまでバラすか! ウワサの真相 年内決着スペシャル

    有名人の皆様ゴメンなさい…ビートたけしの超国民的バラエティ噂のあの人この事件 そこまでバラすか! ウワサの真相 年内決着スペシャル(テレビ朝日系、1993年12月31日)ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見たAFCアジアカップ1992

    1993年。Jリーグ開幕。読売クラブ時代のサッカー色そのままのヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ1969)でプレイし空前のJリーグブームの真っ只中、ラモスの足技はスタジアムの観客を沸かせ、年俸も6千万円超となり母に家を贈った。日本代表にも選出され、中心選手として活躍。1993年、アメリカW杯アジア予選の日本代表に選出されるが、ブラジル流サッカーを信奉するラモスは、規律と組織を重視するハンス・オフト監督批判をマスコミ上で展開したため、一時期代表を外されかねない危機もあった。1992年9月26日、オフトとの30分程度の個人面談(通訳の為に小倉純二専務理事(現JFA会長)が同席)で和解した。和解後は代表のキーマンとしてアジアカップ日本大会で優勝するなど活躍。1993年5月5日、アメリカW杯アジア1次予選F組第7戦日本対スリランカ戦で、前半31分に得点し、「36歳85日」の日本代表最年長得点記録(2011年時点)を打ち立てた。なお、試合は6-0で勝利した。しかし、「ドーハの悲劇」を経験し念願のワールドカップ出場はならなかった。年齢、体力的なものと戦術を巡っての確執で(仮に)この試合に勝ち、日本代表が本戦に出たとしても本人は代表を辞退する考えを固めており「代表をW杯に送り出すのが俺の役目」と腹をくくって望んだ対イラク戦がラモスの“主力選手”としての“全日本”最後の試合となった(記録としては、最後の試合は1995年8月9日に国立競技場で行われた親善試合日本対ブラジル戦で、フル出場したが1-5で惨敗した。後に加茂周日本代表監督が語ったように、ラモス瑠偉の事実上の日本代表引退試合であった)。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見たJFA 公認S級コーチ

    2004年10月にJリーグの監督を務めるために必要な公認S級コーチの資格を取得。2005年にビーチサッカー日本代表の監督に就任し、ビーチサッカーワールドカップではベスト4の躍進に貢献。同年9月13日、J1リーグで残留争いの真っ只中にあった柏レイソルのコーチに就任。古巣ヴェルディのJ2降格を決定させる試合の対戦相手として引導を渡す役目になるという皮肉な巡り合わせもあった。柏では監督の早野宏史よりもメディアに取り上げられるなど話題性はあったが、チームはヴェルディともどもJ2降格となりコーチを辞任。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見たタヒチ

    2013年、フランス領ポリネシア・タヒチで開催される予定のワールドカップアジア予選でも、引き続き日本代表監督を続投する。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見た2010 FIFAワールドカップ

    「日の丸」への愛着をたびたび語っている。自著『ラモスの黙示録』では3ページにわたって日の丸への思いをつづり、国を代表し家族や仲間のために日の丸を背負ったからこそ、頑張れたと述べている。ラモスが初めて日本代表に招集された当時の代表ユニフォームには日の丸がどこにもなく、左胸にJFAのシンボルマークである「カラス(八咫烏)エンブレム」だけであったが、選手達の発案により左腕に日の丸が入るようになった。ドーハでのイラン戦の際、国歌斉唱が終わった直後にユニホームの袖を引き寄せ、日の丸に口づけし気合を入れるラモスの映像がテレビで流れている。2010 FIFAワールドカップの日本代表ユニフォームが発表された際には、自身のブログにおいて「やっと日の丸が胸についた! 最高だ!」と大変喜んでいた。同時に日本代表には青のユニフォームではなく日の丸と同じ赤と白のユニフォームにしてほしいと述べている。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見た日立柏サッカー場

    1998年11月14日の対柏レイソル戦(日立柏サッカー場)で現役を退く。41歳9ヶ月5日という最年長出場記録は2009年に中山雅史に抜かれるまではJリーグ記録だった。1999年8月には三浦知良や武田修宏、北澤豪などのヴェルディ・オールスターズとJリーグ選抜軍によるJリーグ初の公認引退試合が国立霞ヶ丘競技場で開催された。この試合の最後のあいさつでファンに向けて「生まれかわっても、日本に来て早く帰化してワールドカップへ出たい」と涙ながらに語った。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見たコンピュータ

    ヴェルディの選手在籍時に収録し、当時のヴェルディのカップ戦ユニフォームを着用して撮影した。しかし直後に京都へ移籍。ユニフォームの色をコンピュータ処理で京都のチームカラーの紫に着色した。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見た六本木

    1977年4月、20歳で来日し入団。当時のニックネームはラモスの細い肉体にちなんで名づけられたあだ名は「エンピツ」。読売サッカークラブへの加入動機は「なんとしてでもサッカーで金を得る」ためであったが、来日早々よみうりランドのホテルでホームシックを患い、郷に帰りたいと涙するもカルバリオとマリーニョが赤坂や六本木にラモスと従兄弟のカルロス・ニコトラを連れ出したところ「日本に来て良かった、もう帰る気は失せた」と大喜びする。JSL時代の登録名は「ラモス・ソブリニョ」ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

131件中 81 - 90件表示

「ラモス瑠偉」のニューストピックワード