ラルフ・シューマッハ ニュース&Wiki etc.

ラルフ・シューマッハ('', 1975年6月30日 - )は、ドイツ出身の自動車レーサー。元F1ドライバーでドライバーとしての晩年はDTMに出場していた。フォーミュラ・ニッポンの初代チャンピオン。F1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハの実弟。ノルトライン・ヴェストファーレン州・ケルンの近郊フルト出身。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ラルフ・シューマッハ」のつながり調べ

  • 1998年ブラジルグランプリ

    1998年ブラジルグランプリから見たラルフ・シューマッハ

    レースが始まるとすぐにミカ・ハッキネンがリードし、長く孤独なドライブをすることとなる。グリッド後方では最悪の週末を過ごしたアロウズのミカ・サロが20位、ペドロ・ディニスが最下位と沈んでいた。ハッキネンはデビッド・クルサードに1秒以上の差を付け、そこから3秒差でハインツ=ハラルド・フレンツェンが3位に付けていた。ラルフ・シューマッハが1ラップ目の第4コーナーでスピン、1周も終えずにリタイアした。エディ・アーバインはスタートに失敗したチームメイトのミハエル・シューマッハの前を走行した。18ラップ目にクルサードはハッキネンに5秒差を付けられていた。フレンツェンとシューマッハはマクラーレンデュオの23秒後方にいた。シューマッハは最初のピットストップでフレンツェンの先に出たが、2台のマクラーレンに周回遅れにされないよう戦わなければならなかった。マクラーレンはレースを支配し、フェラーリとベネトンは答えを見つけることができず、前年度チャンピオンのウィリアムズは苦闘していた。(1998年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ジョーダン・196

    ジョーダン・196から見たラルフ・シューマッハ

    年末までには変化の必要性が明白なものになった。バリチェロは新規参入するスチュワート・グランプリに移籍、ブランドルはF1を引退した。チームは翌年に向けてラルフ・シューマッハとジャンカルロ・フィジケラを採用した。(ジョーダン・196 フレッシュアイペディアより)

「ラルフ・シューマッハ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「ラルフ・シューマッハ」のニューストピックワード