前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
116件中 1 - 10件表示
  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    6歳年下の実弟ラルフ・シューマッハはウィリアムズなどで6勝を挙げた元F1ドライバーである。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • 2000年オーストラリアグランプリ

    2000年オーストラリアグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    2000年オーストラリアグランプリ (LXV Qantas Australian Grand Prix) は、2000年F1世界選手権の開幕戦として、2000年3月12日にメルボルン・グランプリ・サーキットで開催された。58周で争われたレースは3番グリッドからスタートしたフェラーリのミハエル・シューマッハが優勝した。今シーズンからシューマッハのチームメイトとなったルーベンス・バリチェロが2位に入り、BMW-ウィリアムズのラルフ・シューマッハが3位に入った。2000年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ウィリー・ウェーバー

    ウィリー・ウェーバーから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ウィルヘルム・"ウィリー"・フリードリッヒ・ウェーバー(Wilhelm "Willi" Friedrich Weber, 1942年3月11日 - )は、ドイツバイエルン州レーゲンスブルク出身の代理人。ドイツ語での正しい名前の発音は「ヴィリー・ヴェーバー」。F1のミハエル・シューマッハ、ラルフ・シューマッハ兄弟などのマネージャーとして知られる。また、スーパーモデルのクラウディア・シファー、ナオミ・キャンベルとも契約している。ウィリー・ウェーバー フレッシュアイペディアより)

  • 2005年フランスグランプリ

    2005年フランスグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    レースが始まるとアロンソは見る見るうちに加速し、その後方ではトゥルーリが第1コーナーでミハエル・シューマッハを防いだ。一方ルーベンス・バリチェロが佐藤琢磨を追い抜いて4位となった。ライコネンはマーク・ウェバーとラルフ・シューマッハを抜いて第1ラップの終わりには11位となった。第2ラップでアロンソは2位との差を3秒に広げ、一方でライコネンはジャック・ヴィルヌーヴを抜いて10位に浮上した。レッドブルのクリスチャン・クリエンが2ラップ目で燃料圧不足のためこのレースで最初のリタイアとなる。アロンソは連続してファステストラップを記録し続け、5ラップ後にはトゥルーリに対して7秒以上の差を付けていた。トゥルーリはシューマッハを抑えながらも1周当たり1.5秒はアロンソに遅れ、シューマッハは数周に渡って打開策を見つけられず、最初のドライバーがピットストップを始めるまでに、アロンソとの差を19秒まで広げられてしまった。2005年フランスグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年中国グランプリ

    2004年中国グランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ラップリーダー:ルーベンス・バリチェロ 47 (1-12, 16-29, 36-56), ジェンソン・バトン 8 (13-14, 30-35), ラルフ・シューマッハ 1 (15)2004年中国グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年カナダグランプリ

    2004年カナダグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ラップリーダー:ラルフ・シューマッハ 29 (1-14, 19-32, 47), フェルナンド・アロンソ 2 (15-16), ミハエル・シューマッハ 39 (17-18, 33-46, 48-70)2004年カナダグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年オーストラリアグランプリ

    2007年オーストラリアグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    続いてスーパーアグリとホンダのそれぞれ2台、ラルフ・シューマッハら計12台のマシンがコースへ。2007年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 1998年ベルギーグランプリ

    1998年ベルギーグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    名物スパ・ウェザーに翻弄されたレースとなった。スタート時に4番手だったマクラーレンのデビッド・クルサードが1コーナー(ラ・ソース)を過ぎたところでアクアプレーニングを起こしスピン、ガードレールにクラッシュした。後続車は巻き上がる水煙のためにクラッシュを視認できず、玉突き時状態で追突を繰り返してしまい、12台が絡むF1史上最大の多重事故となった。クラッシュしたのはクルサード、フェラーリのエディ・アーバイン、ベネトンのアレクサンダー・ヴルツ、ザウバーのジョニー・ハーバート、プロストのオリビエ・パニス、ヤルノ・トゥルーリ、スチュワートのルーベンス・バリチェロ、アロウズのペドロ・ディニス、ミカ・サロ、ティレルの高木虎之介、リカルド・ロセット、ミナルディの中野信治の12人であった。なおジョーダンのラルフ・シューマッハはランオフエリアに逃れ多重事故の被害を免れている。1998年ベルギーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 1998年ドイツグランプリ

    1998年ドイツグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ミカ・ハッキネンがポールポジションを獲得、チームメイトのデビッド・クルサード2位に入った。ホイールベースを延長したウィリアムズをドライブするジャック・ヴィルヌーヴが3位となった。4位はラルフ・シューマッハ1998年ドイツグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ジャンカルロ・フィジケラ

    ジャンカルロ・フィジケラから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    レーシングカート時代に頭角を現し、1994年にイタリアF3チャンピオンを獲得。1995年には旧ドイツツーリングカー選手権(DTM)にアルファロメオで参戦。F1ベネトンチームのフラビオ・ブリアトーレとマネージャー契約し、1996年、当初すでにペドロ・ラミーのチームメイトとしてフル参戦が決定していた井上隆智穂が突然チームを離脱したため、ミナルディからF1デビューした。チームの経済事情で8戦のみの出場ながら、非力なマシンでの好走が認められ、ドライバー選考オーディションとなる実走テストを経て1997年にジョーダンに移籍。チームメイトのラルフ・シューマッハと対立しながらも、表彰台を2度獲得する。ドイツGPでは初優勝のチャンスを迎えたが、ゲルハルト・ベルガーとの接戦に破れた。ジャンカルロ・フィジケラ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
116件中 1 - 10件表示

「ラルフ・シューマッハ」のニューストピックワード