前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
96件中 1 - 10件表示
  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    6歳年下の実弟ラルフ・シューマッハはウィリアムズなどで6勝を挙げた元F1ドライバーである。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ウィリー・ウェーバー

    ウィリー・ウェーバーから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ウィルヘルム・"ウィリー"・フリードリッヒ・ウェーバー(Wilhelm "Willi" Friedrich Weber, 1942年3月11日 - )は、ドイツバイエルン州レーゲンスブルク出身の代理人。F1のミハエル・シューマッハ、ラルフ・シューマッハ兄弟などのマネージャーとして知られる。また、スーパーモデルのクラウディア・シファー、ナオミ・キャンベルとも契約している。ウィリー・ウェーバー フレッシュアイペディアより)

  • 1997年のF1世界選手権

    1997年のF1世界選手権から見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    フェラーリは旧ベネトンスタッフが加わりチーム力が向上し、ナンバー2ドライバーエディ・アーバインの貢献も目立った。フェラーリ2年目のミハエル・シューマッハは中盤戦に4勝を挙げポイント争いをリード。しかし終盤戦は不調に陥り、オーストリアGPは黄旗区間の追い越しペナルティーで後退。ルクセンブルクGPではスタート直後に弟のラルフ・シューマッハと絡みリタイアした。1997年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年オーストラリアグランプリ

    2007年オーストラリアグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    続いてスーパーアグリとホンダのそれぞれ2台、ラルフ・シューマッハら計12台のマシンがコースへ。2007年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年中国グランプリ

    2004年中国グランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ラップリーダー:ルーベンス・バリチェロ 47 (1-12, 16-29, 36-56), ジェンソン・バトン 8 (13-14, 30-35), ラルフ・シューマッハ 1 (15)2004年中国グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年カナダグランプリ

    2004年カナダグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ラップリーダー:ラルフ・シューマッハ 29 (1-14, 19-32, 47), フェルナンド・アロンソ 2 (15-16), ミハエル・シューマッハ 39 (17-18, 33-46, 48-70)2004年カナダグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年アメリカグランプリ

    2005年アメリカグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    最も激しい事故は金曜日のプラクティス中にラルフ・シューマッハのトヨタのマシンに発生したが、決勝レースまでにも数度のタイヤの障害に見舞われ、ミシュランはユーザーの7チームに対し、供給されたタイヤでは安全にレースを行うことができないと通告した。F1の運営団体であるFIAは、コースにシケインを増設するという提案を拒絶した。そのような変更を行うことは、適切に機能するタイヤを持ち込んだブリヂストンを使用するチームに対して不公正だからである。FIAとの間に妥協を引き出すことができなかったため、ミシュラン使用チームはレースに参加しないことを決定した。2005年アメリカグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ルマン

    ルマンから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    フォーミュラレースでは、1976年以降に全日本F2000 → 全日本F2 → 全日本F3000 → フォーミュラ・ニッポンと続く国内トップカテゴリーに継続して参戦している。特に2002年以前はレイナードの国内総代理店を務めており、全日本F3000やフォーミュラ・ニッポンにおいてレイナードの事実上のワークスとして強さを誇った。1991年にはF1デビュー前のミハエル・シューマッハが全日本F3000にスポット参戦し、1996年には弟のラルフ・シューマッハがフォーミュラ・ニッポンの初代チャンピオンになっている。ルマン フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアムズF1

    ウィリアムズF1から見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    1999年はエンジン名をスーパーテックとし、新加入のラルフ・シューマッハが健闘したものの、優勝戦線からは遠ざかった。CARTチャンピオンとして迎え入れたアレックス・ザナルディは生彩を欠き、逆に、テストドライバーだったファン・パブロ・モントーヤがCARTでチャンピオンを獲得するという皮肉な状況になった。ウィリアムズF1 フレッシュアイペディアより)

  • ジャンカルロ・フィジケラ

    ジャンカルロ・フィジケラから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    カート時代に頭角を現し、1994年にイタリアF3チャンピオンを獲得。1995年にはDTMにアルファロメオで参戦。F1ベネトンチームのフラビオ・ブリアトーレとマネージャー契約し、1996年、当初すでにペドロ・ラミーのチームメイトとしてフル参戦が決定していた井上隆智穂が突然チームを離脱したため、ミナルディからF1デビューした。チームの経済事情で8戦のみの出場ながら、非力なマシンでの好走が認められ、ドライバー選考オーディションとなる実走テストを経て1997年にジョーダンに移籍。チームメイトのラルフ・シューマッハと対立しながらも、表彰台を2度獲得する。ドイツGPでは初優勝のチャンスを迎えたが、ゲルハルト・ベルガーとの接戦に破れた。ジャンカルロ・フィジケラ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
96件中 1 - 10件表示