116件中 91 - 100件表示
  • マカオグランプリ

    マカオグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    実際に、アイルトン・セナ(1983年優勝)やミハエル・シューマッハ(1990年優勝)、デビッド・クルサード(1991年優勝)、ラルフ・シューマッハ(1995年優勝)、佐藤琢磨(2001年優勝)など多くのレーシングドライバーがここで勝利を挙げた後にF1へとステップアップするなど、若手ドライバーにとっての登竜門的存在のレースとなっている。なおマカオGP公式サイトでは2003年以降毎年、現役のF1ドライバーのうち何人がマカオGP経験者であるかを紹介している。マカオグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • F1世界選手権の歴史

    F1世界選手権の歴史から見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    1990年代後半には井上隆智穂、中野信治、高木虎之介らが参戦したが、下位チームに所属したため目立った成績は残せなかった。一方、全日本F3000選手権経由でF1へステップアップしたエディ・アーバイン、ハインツ=ハラルド・フレンツェン、ラルフ・シューマッハらは優勝を争うトップドライバーに成長した。F1世界選手権の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • インディアナポリス・モーター・スピードウェイ

    インディアナポリス・モーター・スピードウェイから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    2005年のグランプリは、F1史上特筆すべき事件が発生したグランプリとなった。フリー走行1日目、トヨタのラルフ・シューマッハのマシンが、13ターンを立ち上がったところでバーストによりスピン、クラッシュ。軽傷を負い、以降のグランプリをキャンセルする事態となった。明らかにタイヤトラブルであることから、トヨタチームのタイヤサプライヤーであるミシュランは、ただちに当該のタイヤを回収、また他チームの走行済みタイヤも回収し調査をした。本来、タイヤサプライヤーは、各サーキットのデータを集計し、そのサーキット毎に最適なタイヤ強度を設計し搬入するのであるが、2005年のレギュレーションがタイヤ交換禁止であったため、前年データは使い物にならなかった。また、データ収集のための試験走行は認められなかった。その為、メーカーは机上で設計を立てるしかなく、ブリヂストンは強度に過剰に対応したタイヤを搬入した。対して、ミシュランは設計強度を通常通りに設定して搬入した。これが仇となった。インディアナポリス・モーター・スピードウェイ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年アメリカグランプリ

    2005年アメリカグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    最も激しい事故は金曜日のプラクティス中にラルフ・シューマッハのトヨタのマシンに発生したが、決勝レースまでにも数度のタイヤの障害に見舞われ、ミシュランはユーザーの7チームに対し、供給されたタイヤでは安全にレースを行うことができないと通告した。F1の運営団体であるFIAは、コースにシケインを増設するという提案を拒絶した。そのような変更を行うことは、適切に機能するタイヤを持ち込んだブリヂストンを使用するチームに対して不公正だからである。FIAとの間に妥協を引き出すことができなかったため、ミシュラン使用チームはレースに参加しないことを決定した。2005年アメリカグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • スーパーアグリF1チーム

    スーパーアグリF1チームから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    佐藤琢磨は予選ではわずかの差でQ3進出を逃すものの、11位と健闘。決勝ではセーフティカーが4回も導入される荒れたレース展開の中、ミスの無い堅実な走りで順位を着実に上げた。セーフティカーが導入された周に佐藤自身の判断でソフトタイヤに交換し、セーフティカーがコースから離れた直後に給油とハードタイヤへ交換するという作戦(2種類のタイヤを使用するというレギュレーションをクリアしつつ、パフォーマンスの劣るソフトタイヤの使用時間を短くする)が功を奏し、レース終盤でソフトタイヤで走行中であったトヨタのラルフ・シューマッハと、前年度のチャンピオンであるマクラーレンのフェルナンド・アロンソのオーバーテイクに成功。見事6位入賞を果たした。スーパーアグリF1チーム フレッシュアイペディアより)

  • アメリカグランプリ

    アメリカグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    2005年(インディアナポリス) - フリー走行中に起きたラルフ・シューマッハのクラッシュをきっかけにして、ミシュランのタイヤがオーバル部分を走行する際の負荷に耐えられないことが判明。ミシュラン側はオーバル通過のスピードを抑えるためのシケイン増設案を、FIA側は速度監視によるオーバル部分の通過を互いに提案したが両者の話がおり合わず、ミシュラン系チームの自主リタイアにいたった。残り6台となったレースはミハエル・シューマッハが制したが、これはシューマッハ、フェラーリ、ブリヂストンタイヤにとって、このシーズン唯一の勝利となった。そして、入賞する機会すら少なかったジョーダン、ミナルディの両チームが3位から6位を獲得した。アメリカグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2001年オーストラリアグランプリ

    2001年オーストラリアグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    アロウズの新人、エンリケ・ベルノルディは第3ラップで第1コーナーのウォールに接触、スピンしリタイアする。第4ラップ、BARのジャック・ヴィルヌーヴがウィリアムズのラルフ・シューマッハに追突する。ヴィルヌーヴのマシンはコース脇のコンクリートウォールに向かって飛び、ホイールと車体をはじいて壁沿いに停止した。ラルフ・シューマッハはスピンしてコースと縁石に車体底部を打ち付けた後コース脇のグラベルに飛び出し、リアウィングと左後部サスを損傷、レースに復帰することはできなかった。2001年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ・ニッポン

    フォーミュラ・ニッポンから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハ(1997年 - 2007年:ジョーダン - ウィリアムズ - トヨタ、96年シリーズチャンピオン。F1通算6勝。ミハエル・シューマッハの実弟。)フォーミュラ・ニッポン フレッシュアイペディアより)

  • 2007年日本グランプリ (4輪)

    2007年日本グランプリ (4輪)から見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    午後2時からの予選もウェットコンディションで行われた。Q1では日本人選手の佐藤琢磨と山本左近が脱落。ラルフ・シューマッハはQ1で14番手タイムを出しながら、山本と接触してQ2を走行できなくなった。Q2ではルノーの2台が脱落する一方、セバスチャン・ベッテルがトロ・ロッソチーム初のQ3進出を決めた。2007年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 服部尚貴

    服部尚貴から見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    その後、全日本F3000から発展した全日本選手権フォーミュラ・ニッポンには1996年のシリーズ発足時より参戦し、1996年シーズンではチームメイトのラルフ・シューマッハ、この年がフォーミュラカーラストイヤーとなった星野一義らと最終戦までチャンピオン闘いを繰り広げ、シリーズ2位となった。1997年と1998年はCARTのステップアップカテゴリーであるインディ・ライツに参戦し、1999年にはCARTにステップアップしたが、開幕戦のマイアミにおいてアル・アンサーJr.と接触してクラッシュし、左くるぶしの上とひざの下を複雑骨折した事により中盤の多くのレースを棒に振ったことが影響し、翌2000年シーズンから日本に復帰。フォーミュラ・ニッポンを再び主戦場とした。2000年から2002年まではTEAM 5ZIGENから、2003年から2005年はDoCoMo DANDELIONから参戦した。2001年シリーズには開幕4戦で3勝を挙げ、シリーズ2位となった。その後2005年をもってフォーミュラ・ニッポンから引退した。服部尚貴 フレッシュアイペディアより)

116件中 91 - 100件表示

「ラルフ・シューマッハ」のニューストピックワード