96件中 11 - 20件表示
  • ラルフ・シューマッハー

    ラルフ・シューマッハーから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハー フレッシュアイペディアより)

  • Ralf Schumacher

    Ralf Schumacherから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    Ralf Schumacher フレッシュアイペディアより)

  • R・シューマッハ

    R・シューマッハから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    R・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • R.シューマッハ

    R.シューマッハから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    R.シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ジョーダン・197

    ジョーダン・197から見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ルーキードライバーのラルフ・シューマッハとミナルディからジャンカルロ・フィジケラを獲得。エンジンは前年からの継続でプジョーエンジンを搭載した。ジョーダン・197 フレッシュアイペディアより)

  • ジョーダン・196

    ジョーダン・196から見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    年末までには変化の必要性が明白なものになった。バリチェロは新規参入するスチュワート・グランプリに移籍、ブランドルはF1を引退した。チームは翌年に向けてラルフ・シューマッハとジャンカルロ・フィジケラを採用した。ジョーダン・196 フレッシュアイペディアより)

  • ルクセンブルクグランプリ

    ルクセンブルクグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    1997年には、ミカ・ハッキネンがF1参戦97戦目にして初のポールポジションを獲得し、翌年以降に度々見せる力強い走りでレースをリードしたが、エンジントラブルによりリタイアした為、ジャック・ヴィルヌーヴが逆転優勝を飾っている。(これがヴィルヌーヴの最後の優勝となった。)また、レース開始早々にはミハエル・シューマッハが実弟のラルフ・シューマッハに追突されるアクシデントもあった。ルクセンブルクグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 1997年ドイツグランプリ

    1997年ドイツグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ベルガーは病み上がりの影響を微塵も感じさせない完璧な走りを見せポールポジションからトップでチェッカー。ファステストラップも記録する完全勝利(ハットトリック)を達成した。2位にシューマッハ、3位にはマクラーレンのミカ・ハッキネンが入った。4位にはルーキーのトゥルーリが健闘を見せ、5位にも同じくルーキーのラルフ・シューマッハ、6位にベルガーのチームメイトジャン・アレジが入賞を果たした。残り4周でマシンを降りたフィジケラは11位完走扱い。1997年ドイツグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 1999年ヨーロッパグランプリ

    1999年ヨーロッパグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    35周目に再び雨が降り出し、38周目にドライタイヤのままで走行していたクルサードが、コースオフしてノーズからタイヤバリアに激突、リタイアとなった。このクラッシュにより、今度はウィリアムズのラルフ・シューマッハが母国の歓声のもとトップに立ち初優勝も見える状態となる。1999年ヨーロッパグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2001年マレーシアグランプリ

    2001年マレーシアグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハはスタート後、ターン1でスピンし順位を落とす。2001年マレーシアグランプリ フレッシュアイペディアより)

96件中 11 - 20件表示