116件中 11 - 20件表示
  • ルマン (企業)

    ルマン (企業)から見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    フォーミュラレースでは、1976年以降に全日本F2000からスーパーフォーミュラへと続く国内トップカテゴリーに継続して参戦している。特に2002年以前はレイナードの国内総代理店を務めており、全日本F3000やフォーミュラ・ニッポンにおいてレイナードの事実上のワークスとして強さを誇った。1991年にはF1デビュー前のミハエル・シューマッハが全日本F3000にスポット参戦し、1996年には弟のラルフ・シューマッハがフォーミュラ・ニッポンの初代チャンピオンになっている。ルマン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • 1997年のF1世界選手権

    1997年のF1世界選手権から見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    一方、フェラーリはロス・ブラウンやロリー・バーンなど旧ベネトンスタッフが加わりチーム力が向上、ナンバー2ドライバーエディ・アーバインの貢献も目立った。フェラーリ2年目のミハエル・シューマッハは中盤戦に4勝を挙げポイント争いをリード。しかし終盤戦はオーストリアGPでは黄旗区間の追い越しペナルティーで後退。ルクセンブルクGPではスタート直後に弟のラルフ・シューマッハと絡みリタイアし、ヴィルヌーヴに対して一歩抜きん出ることができなかった。1997年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアムズF1

    ウィリアムズF1から見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    はエンジン名をスーパーテックとし、新加入のラルフ・シューマッハが健闘したものの、優勝戦線からは遠ざかった。CARTチャンピオンとして迎え入れたアレッサンドロ・ザナルディは精彩を欠き、逆に、テストドライバーだったファン・パブロ・モントーヤがCARTでチャンピオンを獲得、更にジョーダンに移籍したフレンツェンが一時はチャンピオン争いに加わるほどの勢いを見せ、遂にコンストラクターズ争いでもジョーダンに抜かれると言う、様々な意味で皮肉なシーズンとなった。ウィリアムズF1 フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハー

    ラルフ・シューマッハーから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハー フレッシュアイペディアより)

  • Ralf Schumacher

    Ralf Schumacherから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    Ralf Schumacher フレッシュアイペディアより)

  • R・シューマッハ

    R・シューマッハから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    R・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • R.シューマッハ

    R.シューマッハから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    R.シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ルクセンブルクグランプリ

    ルクセンブルクグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    1997年には、ミカ・ハッキネンがF1参戦97戦目にして初のポールポジションを獲得し、翌年以降に度々見せる力強い走りでレースをリードしたが、エンジントラブルによりリタイアした為、ジャック・ヴィルヌーヴが逆転優勝を飾っている。(これがヴィルヌーヴの最後の優勝となった。)また、レース開始早々にはミハエル・シューマッハが実弟のラルフ・シューマッハに追突されるアクシデントもあった。ルクセンブルクグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・TF105

    トヨタ・TF105から見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    前年の最終戦からチームに移籍したヤルノ・トゥルーリと前年までウィリアムズに在籍していたラルフ・シューマッハのコンビとなった。トヨタ・TF105 フレッシュアイペディアより)

  • フランツ・トスト

    フランツ・トストから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    その後、ラルフ・シューマッハのマネージメントを任され、1996年にはフォーミュラ・ニッポンに参戦するラルフと共に日本へと向かった。フランツ・トスト フレッシュアイペディアより)

116件中 11 - 20件表示

「ラルフ・シューマッハ」のニューストピックワード