96件中 21 - 30件表示
  • 2002年ハンガリーグランプリ

    2002年ハンガリーグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ラップリーダー:ルーベンス・バリチェロ 76 (1-32, 34-77), ラルフ・シューマッハ 1 (33)2002年ハンガリーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2002年マレーシアグランプリ

    2002年マレーシアグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    レースはウィリアムズのラルフ・シューマッハが制し、「ほとんど完全なレース」であったとコメントした。2位はチームメイトのモントーヤ、3位には兄のミハエルが入賞した。2002年マレーシアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2003年ハンガリーグランプリ

    2003年ハンガリーグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ポールポジションを獲得したフェルナンド・アロンソは、コースがきれいな奇数列側からスタートに成功し、トップで第1コーナーに入った。ウィリアムズの2台、ラルフ・シューマッハとファン・パブロ・モントーヤは2番手および4番手と共に埃の多いコース奇数列側となり、スタートに出遅れ第1コーナーまでに大きく順位を落とした。第2コーナーでラルフはスピンを喫してしまう。2003年ハンガリーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • コリン・コレス

    コリン・コレスから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ドライバーの変更や、より多くのテストドライバーを設けて行うチーム運営が特徴とも言える。F1でマネージングディレクターに抜擢されたミッドランドF1では、正ドライバーであるティアゴ・モンテイロ、クリスチャン・アルバースの他、マルクス・ヴィンケルホック、エイドリアン・スーティルなどの数々のドライバーをテストに起用した。その後のスパイカーF1時代にはモンテイロに代わりスーティルが正ドライバーになったが、アルバースはスポンサーの資金不足を理由に途中解雇され、ヴィンケルホックと山本左近が残りのシートをシェアする形となった。フォースインディアが買収後の正ドライバー選考では、山本左近、クリスチャン・クリエン、ヴィタントニオ・リウッツィ、ラルフ・シューマッハ、フランク・モンタニー、ジャンカルロ・フィジケラ、ロルダン・ロドリゲス、ギド・ヴァン・デル・ガルデの7名をテストに参加させている。ヒスパニア・レーシングでは中途でクリエンと山本をテストドライバーとして起用し、山本にいたっては正ドライバーのブルーノ・セナ、カルン・チャンドックのシートをシェアさせている。これらの采配は、新人ドライバーに「シート喪失の可能性」という危機感を与え、そのプレッシャーからドライバーとしての真価を発揮させる狙いがある。コリン・コレス フレッシュアイペディアより)

  • 1998年ベルギーグランプリ

    1998年ベルギーグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    シューマッハの追突と同一周、チームメイトのアーバインも濡れた路面に足を取られスピンしグラベルに飛び出してしまいリタイアとなった。これでトップは再びヒルと変わった。しかし波乱はこれだけでは終わらない。今度は26周目、バスストップシケイン手前でベネトンのジャンカルロ・フィジケラが周回遅れの中野信治と追突。派手にマシンの残骸が飛んだ。フィジケラは左右のフロントタイヤが外れ、コーンをなぎ倒しようやく止まる。だが、またたく間にマシンがエンジン部分から炎上してしまった。フィジケラは急いでコクピットから離れた。中野信治もリア周辺を壊し、ガレージにマシンを入れた。2度目のセイフティーカーが入った。このセイフティカーが出ている間にクルサードと中野はマシンを修復しレースに復帰した。トップのヒルと2位のラルフ・シューマッハは終盤、接近戦になったが、チームオーダーが出たのか抜くことはなかった。1998年ベルギーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・TF105

    トヨタ・TF105から見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    前年の最終戦からチームに移籍したヤルノ・トゥルーリと前年までウィリアムズに在籍していたラルフ・シューマッハのコンビとなった。トヨタ・TF105 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年日本グランプリ (4輪)

    2005年日本グランプリ (4輪)から見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    しかし、セッション途中から再び激しい雨が降り始め、終盤に出走したドライバー(前戦の上位入賞者)はスロー走行しかできなかった。その結果、13番目にアタックしたトヨタのラルフ・シューマッハが、2年連続となる日本GPのポールポジションを獲得。14番目にアタックしたBARのジェンソン・バトンが2位となった。思わぬ天候の演出により、トヨタとホンダ(エンジン)が日本GPのフロントローを分け合う形になった。2005年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • ジョーダン・198

    ジョーダン・198から見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ドライバーはチーム2年目のラルフ・シューマッハに加え、アロウズからデイモン・ヒルを獲得した。チャンピオン経験者の在籍はチーム初となる。ジョーダン・198 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年日本グランプリ (4輪)

    2004年日本グランプリ (4輪)から見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    2004年日本グランプリ ( Fuji Television Japanese Grand Prix) は、2004年F1世界選手権の第17戦として、2004年10月10日に鈴鹿サーキットで開催された。土曜日の予選が台風のためすべてキャンセルされ、予選セッションは日曜の午前に行われた。スタートグリッドは雨のため番狂わせとなり、予選セッション序盤に走行したラルフ・シューマッハとマーク・ウェバーが幸運にも上位グリッドを得ることとなった。2004年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 1998年のF1世界選手権

    1998年のF1世界選手権から見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    マクラーレンとフェラーリが全滅した展開でジョーダンの2台が浮上し、デイモン・ヒル、ラルフ・シューマッハがワンツーフィニッシュ。ジョーダンは参戦8年目、127戦目の初勝利で、1990年代に誕生したコンストラクターとしては初の勝利となった。年間コンストラクターズ順位でもベネトンを抜き4位に上昇した。1998年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

96件中 21 - 30件表示