116件中 21 - 30件表示
  • ウィリアムズ・FW24

    ウィリアムズ・FW24から見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ドライバーは前年からの継続起用となるラルフ・シューマッハとファン・パブロ・モントーヤ。ウィリアムズ・FW24 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアムズ・FW22

    ウィリアムズ・FW22から見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ドライバーは、チーム在籍2年目のラルフ・シューマッハとルーキーのジェンソン・バトン。ラルフはシーズンで3回の表彰台(いずれも3位)を獲得し、バトンも新人らしからぬ安定感で6度の入賞(最高位は4位)を果たし、コンストラクターズランキング3位を獲得した。ウィリアムズ・FW22 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアムズ・FW25

    ウィリアムズ・FW25から見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ドライバーは前年に引き続きファン・パブロ・モントーヤとラルフ・シューマッハ。イタリアGP前のテストでラルフが負傷したため、この1戦はテストドライバーのマルク・ジェネがドライブした。ウィリアムズ・FW25 フレッシュアイペディアより)

  • ジョーダン・197

    ジョーダン・197から見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ドライバーはフォーミュラ・ニッポン王者の新人ラルフ・シューマッハ(21歳)と、前年ミナルディからデビューしたジャンカルロ・フィジケラ(24歳)を起用。2名とも経験不足が不安視され、実際にコース上で同士討ちを演じる場面もあったが、若さの勢いがチームに活気をもたらした。ジョーダン・197 フレッシュアイペディアより)

  • ジョーダン・198

    ジョーダン・198から見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ドライバーはチーム2年目のラルフ・シューマッハに加え、アロウズからデイモン・ヒルを獲得した。チャンピオン経験者の在籍はチーム初となる。ジョーダン・198 フレッシュアイペディアより)

  • ウィルソン・フィッティパルディ

    ウィルソン・フィッティパルディから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    フィッティパルディ兄弟以後もF1においては、イアン・シェクター/ジョディー・シェクター兄弟、ジル・ヴィルヌーヴ/ジャック・ヴィルヌーヴSr.兄弟、マンフレッド・ヴィンケルホック/ヨアヒム・ヴィンケルホック兄弟、テオ・ファビ/コルラド・ファビ兄弟、ゲイリー・ブラバム/デビッド・ブラバム兄弟が参戦したが、これら5組は兄弟のいずれか一方しか入賞を記録できず(あるいはどちらも入賞できず)、兄弟2人による入賞というのはミハエル・シューマッハ/ラルフ・シューマッハ兄弟の登場を待つこととなる(兄ミハエルに遅れて参戦した弟ラルフは1997年アルゼンチンGPで初入賞、シューマッハ兄弟は同年のフランスGPで同時入賞を初めて達成した)。ウィルソン・フィッティパルディ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年イギリスグランプリ

    2005年イギリスグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    マクラーレンのキミ・ライコネンはエンジン不調で交換を行ったため10グリッド降格、ルノーのフェルナンド・アロンソがポールポジションを獲得した。ライコネンは元々アロンソの0.027秒遅れで2番手であったが、土曜のフリープラクティスの間中エンジン不調に苦しめられていた。ライコネンの降格でBARのジェンソン・バトンがフロントローとなり、ホームグランプリで好位置からのスタートとなる。続いて2代目のマクラーレン、ファン・パブロ・モントーヤ、トヨタのヤルノ・トゥルーリ、フェラーリのルーベンス・バリチェロ、ルノーのジャンカルロ・フィジケラ、BARの佐藤琢磨、トヨタのラルフ・シューマッハ、フェラーリのミハエル・シューマッハ、ザウバーのジャック・ヴィルヌーヴが続いた。ジョーダンのティアゴ・モンテイロは金曜プラクティスでのエンジン不調で予選アタックが行えなかったため、後方グリッドからのスタートとなった。2005年イギリスグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年日本グランプリ (4輪)

    2005年日本グランプリ (4輪)から見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    しかし、セッション途中から再び激しい雨が降り始め、終盤に出走したドライバー(前戦の上位入賞者)はスロー走行しかできなかった。その結果、13番目にアタックしたトヨタのラルフ・シューマッハが、2年連続となる日本GPのポールポジションを獲得。14番目にアタックしたBARのジェンソン・バトンが2位となった。思わぬ天候の演出により、トヨタとホンダ(エンジン)が日本GPのフロントローを分け合う形になった。2005年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 2005年ベルギーグランプリ

    2005年ベルギーグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    14ラップ目に佐藤琢磨がミハエル・シューマッハに追突、両者共にクラッシュ、リタイアした。スチュワートは事故の原因が佐藤にあると判断し、佐藤は次戦ブラジルで10番降格のペナルティが科せられた。アントニオ・ピッツォニアはレース終盤に2位を走行していたファン・パブロ・モントーヤに衝突した。ピッツォニアは8,000ドルの罰金が課せられた。ジャック・ヴィルヌーヴは他のドライバーが最大5回のピットストップを行う中、1ストップで走行し6位入賞を得た。ティアゴ・モンテイロとジョーダン・チームはこのレースで最後のポイントを得た。また、BARが表彰台を得た最後のレースでもあった。ラルフ・シューマッハは自身最後、かつトヨタにとって最初のファステストラップを獲得した。2005年ベルギーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年サンマリノグランプリ

    2004年サンマリノグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    このセッションはウィリアムズのファン・パブロ・モントーヤが好調でこのセッショントップタイムを記録する。また、2番手にはチームメイトのラルフ・シューマッハが入った。6番手にはザウバーのジャンカルロ・フィジケラが入るも、計測終了後のアウトラップでギヤボックスに異常が発生してしまう。2004年サンマリノグランプリ フレッシュアイペディアより)

116件中 21 - 30件表示

「ラルフ・シューマッハ」のニューストピックワード