96件中 31 - 40件表示
  • イタリアグランプリ

    イタリアグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    2000年は、レース1周目に、フェラーリのルーベンス・バリチェロ、マクラーレン・メルセデスのデビッド・クルサードら7台が絡む事故が発生したが、この事故によりコースマーシャルの1人が犠牲になるという痛ましい事態になった。この事故を受け、レーストラックだけでなく、コース外の安全性にも一層の配慮がされることになった。レースは、ミハエル・シューマッハが制してアイルトン・セナと並ぶ41勝目を挙げた。レース後の記者会見ではミハエルへの最初の質問で「これで勝ち星がセナと並びましたね。今日の勝利はあなたにとって大きな意味を持つものですか」に、「そうだね。この勝利は僕にとってすごく大きな意味を持つものなんだ。ごめん・・・・・・」とミハエルが泣き崩れた為、インタビュアーが2位ミカ・ハッキネンと3位ラルフ・シューマッハを先にインタビューするハプニングが起きた。テレビ中継後の会見で再び同じ質問が出されると「そんなの言わなくたってわかるだろ。ここはイタリアだよ。そして僕はここ数戦ずっといい結果が残せていなかった。でも、今日やっと復活したんだ。この41勝には多くの人々の支えがあったんだ。だから、1998年に優勝したときよりもすごくうれしいんだ」と答えた。イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • フランツ・トスト

    フランツ・トストから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    その後、ラルフ・シューマッハのマネージメントを任され、1996年にはフォーミュラ・ニッポンに参戦するラルフと共に日本へと向かった。フランツ・トスト フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパグランプリ

    ヨーロッパグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    1999年は、ニュルブルクリンクへ再移動。ミカ・ハッキネン、エディ・アーバイン、ハインツ=ハラルド・フレンツェン、デビッド・クルサードによる四つ巴のタイトル争いの渦中に開催された。GP期間中、時折り雨が降ってはやむ奇妙な天候が続き、波乱の展開となった。決勝は、ポールポジションからスタートしレースをリードしていたフレンツェンが電気系統のトラブルでストップしたのを皮切りに、デビッド・クルサード、ジャンカルロ・フィジケラが共に雨でスピンオフによるリタイア、ラルフ・シューマッハも雨でスピンし順位を落とし、トップに立ったドライバーが続々とアクシンデントに見舞われ、最終的にその年まったく目立った活躍をしていなかった伏兵ジョニー・ハーバートがスチュワートにチーム初にして唯一となる優勝をもたらしている。後方でもミナルディのルカ・バドエルが一時4位を走行するなどの波乱がみられ、レース後の悲喜こもごもが印象的だったレースでもある。ヨーロッパグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 1999年日本グランプリ (4輪)

    1999年日本グランプリ (4輪)から見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ハッキネンはシューマッハに対して7秒近くマージンを稼ぎ、最初のピットストップを無難にこなした。20周目にパニスがリタイアしたため、アーバインが3位に浮上したが、ピットストップでクルサードに逆転され再び4位に落ちた。クルサード以下、アーバイン、フレンツェン、ラルフ・シューマッハ(ウィリアムズ)らは3位グループの接戦となっている。1999年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 1998年日本グランプリ (4輪)

    1998年日本グランプリ (4輪)から見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ハッキネンは好スタートを切り1コーナーを制したが、予選3位のクルサードはアーバインとハインツ=ハラルド・フレンツェンに抜かれて4位に後退。以下ジャック・ヴィルヌーヴ、デイモン・ヒル、ラルフ・シューマッハと続いた。クルサードはフレンツェンに抑えられ、ハッキネンとアーバインが後続を引き離す展開となる。アーバインは燃料軽めの3ピット作戦で何とかハッキネンの前に出ようとするが、ハッキネンもファステストラップを記録して隙を見せない。1998年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 2001年日本グランプリ (4輪)

    2001年日本グランプリ (4輪)から見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ファステストラップ - ラルフ・シューマッハ 1:36.944 (LAP 46)2001年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • アメリカグランプリ

    アメリカグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    2005年のレースは、ミシュランタイヤのトラブルに端を発し、ミシュランタイヤ装着全7チーム14台がフォーメーションラップのみで自主リタイアするという異常事態に発展した。きっかけは、フリー走行中に起きたラルフ・シューマッハのクラッシュであった。原因調査の末、インディアナポリス最大の特徴であるオーバル部分を走行する際、想定しなかった負荷がタイヤに掛かる事が判明。ミシュラン側はオーバル通過のスピードを抑えるためのシケイン増設案を、FIA側は速度監視によるオーバル部分の通過を互いに提案したが両者の話がおり合わずミシュラン系チームの自主リタイヤにいたった。アメリカグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • BMWザウバー

    BMWザウバーから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    2000年、ラルフ・シューマッハと、この年デビューとなるジェンソン・バトンを擁して迎える。開幕前の時点ではテスト時のタイムがあまりにも遅かったため「BMWはエンジン開発に失敗した」とのもっぱらの評判であったが、復帰戦となったオーストラリアGPで下馬評を覆す好走を見せ、見事に復帰戦を表彰台で飾り、シーズン自体も年間通して復帰初年度としては上々の出来で終える。BMWザウバー フレッシュアイペディアより)

  • ウィルソン・フィッティパルディ

    ウィルソン・フィッティパルディから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    フィッティパルディ兄弟以後もF1においては、イアン・シェクター/ジョディー・シェクター兄弟、ジル・ヴィルヌーヴ/ジャック・ヴィルヌーヴSr.兄弟、マンフレッド・ヴィンケルホック/ヨアヒム・ヴィンケルホック兄弟、テオ・ファビ/コルラド・ファビ兄弟、ゲイリー・ブラバム/デビッド・ブラバム兄弟が参戦したが、これら5組は兄弟のいずれか一方しか入賞を記録できず(あるいはどちらも入賞できず)、兄弟2人による入賞というのはミハエル・シューマッハ/ラルフ・シューマッハ兄弟の登場を待つこととなる(兄ミハエルに遅れて参戦した弟ラルフは1997年アルゼンチンGPで初入賞、シューマッハ兄弟は同年のフランスGPで同時入賞を初めて達成した)。ウィルソン・フィッティパルディ フレッシュアイペディアより)

  • 2001年オーストラリアグランプリ

    2001年オーストラリアグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    アロウズの新人、エンリケ・ベルノルディは第3ラップで第1コーナーのウォールに接触、スピンしリタイアする。第4ラップ、BARのジャック・ヴィルヌーヴがウィリアムズのラルフ・シューマッハに追突する。ヴィルヌーヴのマシンはコース脇のコンクリートウォールに向かって飛び、ホイールと車体をはじいて壁沿いに停止した。ラルフ・シューマッハはスピンしてコースと縁石に車体底部を打ち付けた後コース脇のグラベルに飛び出し、リアウィングと左後部サスを損傷、レースに復帰することはできなかった。2001年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

96件中 31 - 40件表示