96件中 41 - 50件表示
  • 2005年イタリアグランプリ

    2005年イタリアグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    レースはモントーヤが制し、2位にフェルナンド・アロンソ、3位にジャンカルロ・フィジケラが入った。ライコネンは11番手からスタートしヤルノ・トゥルーリ、ラルフ・シューマッハ、アントニオ・ピッツォニア、ジェンソン・バトンを抑えて4位に入った。ライコネンはワンストップ作戦で優勝を狙えたが、タイヤの空気圧低下でやむなく2度目のピットストップを行った。2005年イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年オーストラリアグランプリ

    2004年オーストラリアグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    決勝ではフェラーリが他チームに対して優位な立場にあることが証明された。シューマッハとバリチェロによるフェラーリの1-2は、2002年日本グランプリ以来であった。2位のバリチェロと3位のフェルナンド・アロンソの間には20秒以上の差があった。シューマッハは58ラップすべてで首位を明け渡すこと無くチェッカーを受けた。スタートでモントーヤはルノーのアロンソに隙を突かれ、縁石を超えて芝生に乗り上げ大きく順位を落とす。モントーヤはチームメイトのラルフ・シューマッハの後方に下がった。ラルフをレースで一時は追い抜きながらも、結局モントーヤはラルフに次ぐ5位でレースを終えた。2004年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2002年イタリアグランプリ

    2002年イタリアグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ラップリーダー:ラルフ・シューマッハ 3 (1-3), ファン・パブロ・モントーヤ 1 (4), ルーベンス・バリチェロ 40 (5-19, 29-53), ミハエル・シューマッハ 9 (20-28)2002年イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年サンマリノグランプリ

    2004年サンマリノグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    このセッションはウィリアムズのファン・パブロ・モントーヤが好調でこのセッショントップタイムを記録する。また、2番手にはチームメイトのラルフ・シューマッハが入った。6番手にはザウバーのジャンカルロ・フィジケラが入るも、計測終了後のアウトラップでギヤボックスに異常が発生してしまう。2004年サンマリノグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年フランスグランプリ

    2004年フランスグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハはアメリカGPでの大クラッシュのため欠場、マルク・ジェネが代わりにウィリアムズをドライブした。ラルフはこのレースを含めて6戦を欠場した。2004年フランスグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2003年フランスグランプリ

    2003年フランスグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハにとって最後の優勝となった。2003年フランスグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ピッツォニア

    アントニオ・ピッツォニアから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    2004年のアメリカGPでレギュラードライバーのラルフ・シューマッハが怪我により長期欠場を余儀なくされると、フランスGPとイギリスGPではジェネが代役を務めたが、今一つの走りに止まった為、ドイツGPからの4戦ではピッツォニアがその座に収まった。ピッツォニアはこのチャンスを生かし、リタイアとなったベルギーGPを除く3レースで7位に入り、チームのコンストラクターズポイント獲得に貢献した。アントニオ・ピッツォニア フレッシュアイペディアより)

  • エディ・ジョーダン

    エディ・ジョーダンから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    新人ドライバーの発掘能力にも長けており、ミハエル・シューマッハ、ルーベンス・バリチェロ、エディ・アーバイン、ラルフ・シューマッハなど数々の逸材をF1に抜擢した。エディ・ジョーダン フレッシュアイペディアより)

  • ドイツグランプリ

    ドイツグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    長らくドイツ人のトップ・ドライバーがいなかったこともあり、ドイツ人の勝者がいなかったが、1995年にベネトン・ルノーのミハエル・シューマッハがドイツ人として初勝利をあげている。(2011年現在では、「ドイツGP」としては、ミハエル・シューマッハが4勝、ラルフ・シューマッハが1勝。なお、ドイツ人で2人目のワールドチャンピオンとなったセバスチャン・ベッテルは1勝もしていない。)ドイツグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • マーティン・ブランドル

    マーティン・ブランドルから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    翌年もチーム残留を希望したものの、チームは、ジャンカルロ・フィジケラとラルフ・シューマッハの若手コンビを選んだため、この年を最後に長きに渡ったF1でのキャリアに終止符を打った。この年はプライベーターとしてWRC・RACラリーにも出場したが、リタイアに終わった。マーティン・ブランドル フレッシュアイペディアより)

96件中 41 - 50件表示