116件中 41 - 50件表示
  • 1999年日本グランプリ (4輪)

    1999年日本グランプリ (4輪)から見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ハッキネンはシューマッハに対して7秒近くマージンを稼ぎ、最初のピットストップを無難にこなした。20周目にパニスがリタイアしたため、アーバインが3位に浮上したが、ピットストップでクルサードに逆転され再び4位に落ちた。クルサード以下、アーバイン、フレンツェン、ラルフ・シューマッハ(ウィリアムズ)らは3位グループの接戦となっている。1999年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 2003年日本グランプリ (4輪)

    2003年日本グランプリ (4輪)から見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    金曜の予選1回目ではヤルノ・トゥルーリ(ルノー)がコースレコードを更新してトップタイムを記録した。トゥルーリはここ4戦で3回目のQ1最速から初ポールポジションを狙う。以下、ラルフ・シューマッハ(ウィリアムズ)、ミハエル・シューマッハ(フェラーリ)、デビッド・クルサード(マクラーレン)、キミ・ライコネン(マクラーレン)までがトップ5。2003年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • コリン・コレス

    コリン・コレスから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ドライバーの変更や、より多くのテストドライバーを設けて行うチーム運営が特徴とも言える。F1でマネージングディレクターに抜擢されたミッドランドF1では、正ドライバーであるティアゴ・モンテイロ、クリスチャン・アルバースの他、マルクス・ヴィンケルホック、エイドリアン・スーティルなどの数々のドライバーをテストに起用した。その後のスパイカーF1時代にはモンテイロに代わりスーティルが正ドライバーになったが、アルバースはスポンサーの資金不足を理由に途中解雇され、ヴィンケルホックと山本左近が残りのシートをシェアする形となった。フォースインディアが買収後の正ドライバー選考では、山本左近、クリスチャン・クリエン、ヴィタントニオ・リウッツィ、ラルフ・シューマッハ、フランク・モンタニー、ジャンカルロ・フィジケラ、ロルダン・ロドリゲス、ギド・ヴァン・デル・ガルデの7名をテストに参加させている。ヒスパニア・レーシングでは中途でクリエンと山本をテストドライバーとして起用し、山本にいたっては正ドライバーのブルーノ・セナ、カルン・チャンドックのシートをシェアさせている。これらの采配は、新人ドライバーに「シート喪失の可能性」という危機感を与え、そのプレッシャーからドライバーとしての真価を発揮させる狙いがある。コリン・コレス フレッシュアイペディアより)

  • 2000年スペイングランプリ

    2000年スペイングランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    予選ではミハエル・シューマッハがポールポジションを獲得、 2位がミカ・ハッキネン、3位ルーベンス・バリチェロ、4位デビッド・クルサード、5位ラルフ・シューマッハ、6位ジャック・ヴィルヌーヴとなった。2000年スペイングランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2000年ブラジルグランプリ

    2000年ブラジルグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    28ラップ目でのトゥルーリのピットストップ後に、ヨス・フェルスタッペンが7ラップに渡って3位を走行したが、ピットストップのためフィジケラに3位を明け渡した。ラルフ・シューマッハとジェンソン・バトンの2台のウィリアムズと、フィジケラ、ハインツ=ハラルド・フレンツェンは1ストップ戦略をとりお互いに僅差で走行していた。前方ではクルサードとシューマッハが同様のペースで走行していたが、シューマッハは余裕があった。ラルフとバトンは44ラップ目、45ラップ目にそれぞれピットインし、バトルは最終局面であった。しかしながらラルフはフェルスタッペンの数メートル先でコースに復帰したが、バトンはその後ろで復帰した。その後のラップでラルフは差を広げることができたが、バトンはフェルスタッペンの後ろで苦戦し、57ラップ目にようやくパスした。トゥルーリは56ラップ目に2回目のピットインを行い、5位で復帰した。ラルフはバトンを従え6位で走行した。フェルスタッペンとペドロ・デ・ラ・ロサが8位と9位であった。その間にペースは低下し、レース終了までオーダーは固定した。2000年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2000年モナコグランプリ

    2000年モナコグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    再スタートでシューマッハは再びリードを取り、トゥルーリはクルサードからのプレッシャーを受けつつ2位をキープした。フレンツェンはハッキネンを従えて4位をキープしたが、その後方ではバリチェロがスタートに失敗し、ラルフ・シューマッハ2000年モナコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年日本グランプリ (4輪)

    2004年日本グランプリ (4輪)から見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    日曜朝のプレクオリファイ (PQ) 開始時、雨は止んだものの路面はまだ濡れており、浅溝のレインタイヤを履いてタイムアタックが行われた。アタック順が後になるほど路面が乾いていくため、前戦中国GPで成績が悪かった者が有利になった。今回復帰したため最終出走となったトゥルーリがトップタイムを記録。2位は12番出走のミハエル・シューマッハ(フェラーリ)、3位は18番出走のラルフ・シューマッハ(ウィリアムズ)、4位は10番出走のマーク・ウェバー(ジャガー)。2004年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 1998年ブラジルグランプリ

    1998年ブラジルグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    レースが始まるとすぐにミカ・ハッキネンがリードし、長く孤独なドライブをすることとなる。グリッド後方では最悪の週末を過ごしたアロウズのミカ・サロが20位、ペドロ・ディニスが最下位と沈んでいた。ハッキネンはデビッド・クルサードに1秒以上の差を付け、そこから3秒差でハインツ=ハラルド・フレンツェンが3位に付けていた。ラルフ・シューマッハが1ラップ目の第4コーナーでスピン、1周も終えずにリタイアした。エディ・アーバインはスタートに失敗したチームメイトのミハエル・シューマッハの前を走行した。18ラップ目にクルサードはハッキネンに5秒差を付けられていた。フレンツェンとシューマッハはマクラーレンデュオの23秒後方にいた。シューマッハは最初のピットストップでフレンツェンの先に出たが、2台のマクラーレンに周回遅れにされないよう戦わなければならなかった。マクラーレンはレースを支配し、フェラーリとベネトンは答えを見つけることができず、前年度チャンピオンのウィリアムズは苦闘していた。1998年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2001年日本グランプリ (4輪)

    2001年日本グランプリ (4輪)から見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ファステストラップ - ラルフ・シューマッハ 1:36.944 (LAP 46)2001年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のドイツツーリングカー選手権

    2013年のドイツツーリングカー選手権から見たラルフ・シューマッハーラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハーは2013年にメルセデスを走らせる6人のドライバーの1人として発表されたが、2013年3月15日にモータースポーツからの引退を発表した。2013年のドイツツーリングカー選手権 フレッシュアイペディアより)

116件中 41 - 50件表示

「ラルフ・シューマッハ」のニューストピックワード