116件中 51 - 60件表示
  • サム・マイケル

    サム・マイケルから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    1997年にはファクトリーを離れてテストチームと行動をともにし、1998年にはラルフ・シューマッハ担当のレースエンジニアとなり、ラルフがウィリアムズへと移籍したのに伴い、翌1999年はハインツ=ハラルト・フレンツェンを担当した。フレンツェンとのコンビはうまく機能し、フランスGPとイタリアGPでフレンツェンが優勝し、ドライバーズタイトル争いにも絡むなど、大きな結果で報われた。サム・マイケル フレッシュアイペディアより)

  • 2002年ハンガリーグランプリ

    2002年ハンガリーグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ラップリーダー:ルーベンス・バリチェロ 76 (1-32, 34-77), ラルフ・シューマッハ 1 (33)2002年ハンガリーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2001年ブラジルグランプリ

    2001年ブラジルグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    インテルラゴスはルーベンス・バリチェロのホームコースと言うことで、彼のための観衆が集まっていた。バリチェロは問題を抱え、スペアカーに交換しなければならなかった。バリチェロは再スタート時にラルフ・シューマッハの後方に激突した。ラルフは低速でピットに戻り、リアウィングを交換するために時間を要した。その後彼はコースがウェットになった後、スピンしてリタイアした。2001年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ローラ・カーズ

    ローラ・カーズから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    1996年に全日本F3000がフォーミュラ・ニッポンに衣替えすると、ローラはT95/50をベースに強度を上げたT96/51およびT96/52を供給した。しかし、シリーズタイトルはレイナードに乗るラルフ・シューマッハが獲得した。ローラ・カーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1975年のスポーツ

    1975年のスポーツから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    6月30日 - ラルフ・シューマッハ(ドイツ、レーシングドライバー)1975年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2003年ブラジルグランプリ

    2003年ブラジルグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    これによりレースの正式結果は54周終了時のものとなり、再審議から2日後の4月11日、FIAは正式に優勝はフィジケラ、2位がライコネンという結果を発表した。フィジケラはデビュー8年目、110戦目にして悲願の初優勝を達成。ジョーダンにとってはF1参戦200戦目での通算4勝目となり、チームとして最後の優勝になった。また、7位のウェバーと9位のラルフ・シューマッハの順位も入れ替わった。2003年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年カナダグランプリ

    2005年カナダグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハが予定されたピットストップを行う最初のドライバーであった。12ラップ目に給油を行い、6位から12位へ後退する。3ラップ後にバトンとラルフ・シューマッハが手を挙げ、給油のためピットインした。バトンは3位から7位へ後退した。21ラップ目にフェリペ・マッサ、ニック・ハイドフェルド、クリエンがピットインし、続くラップで佐藤がガレージに入り、ギアボックスのトラブルでそのままリタイヤした。24ラップ目にチャンピオンシップを争うアロンソとライコネンが給油に入る。給油のためピットインしモントーヤがピットから出る際、冷えすぎたタイヤのためコースを外れ、アロンソに2位維持を許してしまう。カーティケヤンはサーキットエンドで壁に接触、リタイヤを強いられた。マーク・ウェバーは非常に長い第1スティントで7位に浮上し、28ラップ目にピットイン、マッサ、ハイドフェルド、ラルフ・シューマッハの直前に9位でレース復帰した。続くラップにウェバーはヘアピンでブレーキが遅れ大きく膨らみ、順位を3つ落とす。最後のドライバーとしてバリチェロが31ラップ目にピットインし、8位から12位へ後退した。2005年カナダグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • マーティン・ブランドル

    マーティン・ブランドルから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    翌年もチーム残留を希望したものの、チームは、ジャンカルロ・フィジケラとラルフ・シューマッハの若手コンビを選んだため、この年を最後に長きに渡ったF1でのキャリアに終止符を打った。この年はプライベーターとしてWRC・RACラリーにも出場したが、リタイアに終わった。マーティン・ブランドル フレッシュアイペディアより)

  • リカルド・ゾンタ

    リカルド・ゾンタから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    2005年は同じくトヨタの第3ドライバーとして、前年同様金曜フリー走行に出走していたが、アメリカGPでラルフ・シューマッハがフリー走行中のクラッシュの影響で欠場することとなった為、その後の予選から代役を務めることとなったが、レースはミシュランタイヤがレース走行に耐えられないという問題が発生し、他のミシュランタイヤ使用チームと同様にフォーメーションラップ終了後にレース撤退を余儀なくされた。リカルド・ゾンタ フレッシュアイペディアより)

  • ベルギーグランプリ

    ベルギーグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    1998年には、レーススタート直後に、マクラーレンのデビッド・クルサードとフェラーリのエディ・アーバインの接触から、クルサードのスピンをきっかけに後方の多数のマシンを巻き込む事故が発生した。レースは赤旗再スタートとなるが、再開後のレースでも、チャンピオン争いをしていたマクラーレンのミカ・ハッキネンが1コーナーでフェラーリのミハエル・シューマッハと接触後スピンし、リタイア。その後レースは大雨となり視界不良の中、多くのドライバーがリタイアしていった。そして、トップ走行していたミハエル・シューマッハが、周回遅れのクルサードに後方から追突するアクシデントが発生。ミハエル・シューマッハがピットに戻りマクラーレンのガレージへ、怒鳴り込みの抗議に出向く一幕があった。結局レースは、ジョーダンのデイモン・ヒルが、チームメイトのラルフ・シューマッハを従え、チーム初優勝を1-2フィニッシュで飾ることとなった。ベルギーグランプリ フレッシュアイペディアより)

116件中 51 - 60件表示

「ラルフ・シューマッハ」のニューストピックワード