96件中 61 - 70件表示
  • マルク・ジェネ

    マルク・ジェネから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    2003年、第14戦のイタリアグランプリでラルフ・シューマッハの負傷のため代役で出走し、予選・決勝ともに5位という成績で4年ぶりにポイントを獲得する。2004年も同様の形で2戦出場したが、入賞はなかった。マルク・ジェネ フレッシュアイペディアより)

  • 1975年のスポーツ

    1975年のスポーツから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    6月30日 - ラルフ・シューマッハ(ドイツ、レーシングドライバー)1975年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年アメリカグランプリ

    2004年アメリカグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    8周目の1コーナーでアロンソがタイヤパンクによりウォールにクラッシュ。さらに9周目にはバンクのついた最終コーナーでラルフ・シューマッハが大クラッシュ。ここで再びセーフティーカー導入。ラルフ自身はコクピットから自力に脱出できず、救護隊によって病院へ搬送された。2004年アメリカグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ブラジルグランプリ

    ブラジルグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    2002年は元サッカー選手のペレがゲストに招かれ、チェッカーフラッグを振る役を任されたが、最終ラップでスタッフと打ち合わせしている間に1位のミハエル・シューマッハ(フェラーリ)、2位のラルフ・シューマッハ(ウィリアムズ)が通過してしまい、3位のデビッド・クルサード(マクラーレン・メルセデス)でようやくチェッカーを振るという珍事になった。ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハは1994年、1995年にチャンピオンを争ったライバルであり、接触による同士討ちなど因縁を残している。他方、1998年には弟のラルフ・シューマッハとコンビを組んでいる。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • ティモ・グロック

    ティモ・グロックから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    2006年は「BCN コンペティション」チームからGP2に参戦し、シーズン途中で「iスポーツ・インターナショナル」チームに移籍。最終戦を欠場しながら2勝をあげ総合4位でシーズンを終えた。 2007年はBMWザウバーのテストドライバーを務めると共に、GP2にも引き続きiスポーツから参戦。5勝をあげ、ルーカス・ディ・グラッシらを抑えてシリーズチャンピオンを獲得した。この年の終わり、トヨタからラルフ・シューマッハの後任として契約のオファーを受ける。BMWザウバーとのテストドライバー契約が残っていたためFIAの契約承認委員会(CRB)に決定を委託することになったが、最終的には同委員会の承認により正式にトヨタのレギュラードライバーとなることが認められた。ティモ・グロック フレッシュアイペディアより)

  • ファン・パブロ・モントーヤ

    ファン・パブロ・モントーヤから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    F1においてもモントーヤは最初から大胆さを発揮し、第3戦ブラジルGPでは王者ミハエル・シューマッハを果敢に追い抜いた。フェラーリの総合力には及ばぬものの、強力なBMWエンジンを利して、敵地イタリアGPで初勝利を達成。翌2002年は優勝こそ無かったが、フェラーリがシーズンを席巻する中で、シューマッハと並ぶ7ポールポジションを獲得して気を吐いた。2003年には、同僚ラルフ・シューマッハと共に快走し、混戦のチャンピオン争いに加わった。ファン・パブロ・モントーヤ フレッシュアイペディアより)

  • パルクフェルメ

    パルクフェルメから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    その他に、2005年モナコGPにおいては土曜日当日に行われたフリー走行4回目でファン・パブロ・モントーヤが原因となった多重クラッシュによって、公式予選の開始時刻が遅れ、さらに公式予選1回目ではラルフ・シューマッハが単独クラッシュを起こし、これら双方のクラッシュによって発生した事故車両を撤去すべく作業に大幅な予定の狂いが起きてしまい、公式予選2回目は決勝当日の日曜日に延期された。このケースでも「(2回目の)予選が行われていない」という特殊な例外が発生した為、パルクフェルメにマシンをそのまま保管した上でさらに公式予選2回目終了後から決勝までの僅かな時間もパルクフェルメに保管した。パルクフェルメ フレッシュアイペディアより)

  • 2000年ブラジルグランプリ

    2000年ブラジルグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    28ラップ目でのトゥルーリのピットストップ後に、ヨス・フェルスタッペンが7ラップに渡って3位を走行したが、ピットストップのためフィジケラに3位を明け渡した。ラルフ・シューマッハとジェンソン・バトンの2台のウィリアムズと、フィジケラ、ハインツ=ハラルド・フレンツェンは1ストップ戦略をとりお互いに僅差で走行していた。前方ではクルサードとシューマッハが同様のペースで走行していたが、シューマッハは余裕があった。ラルフとバトンは44ラップ目、45ラップ目にそれぞれピットインし、バトルは最終局面であった。しかしながらラルフはフェルスタッペンの数メートル先でコースに復帰したが、バトンはその後ろで復帰した。その後のラップでラルフは差を広げることができたが、バトンはフェルスタッペンの後ろで苦戦し、57ラップ目にようやくパスした。トゥルーリは56ラップ目に2回目のピットインを行い、5位で復帰した。ラルフはバトンを従え6位で走行した。フェルスタッペンとペドロ・デ・ラ・ロサが8位と9位であった。その間にペースは低下し、レース終了までオーダーは固定した。2000年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ローラ・カーズ

    ローラ・カーズから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    1996年に全日本F3000がフォーミュラ・ニッポンに衣替えすると、ローラはT95/50をベースに強度を上げたT96/51およびT96/52を供給した。しかし、シリーズタイトルはレイナードに乗るラルフ・シューマッハが獲得した。ローラ・カーズ フレッシュアイペディアより)

96件中 61 - 70件表示