116件中 61 - 70件表示
  • イタリアグランプリ

    イタリアグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    2000年は、レース1周目に、フェラーリのルーベンス・バリチェロ、マクラーレン・メルセデスのデビッド・クルサードら7台が絡む事故が発生したが、この事故によりコースマーシャルの1人が犠牲になるという痛ましい事態になった。この事故を受け、レーストラックだけでなく、コース外の安全性にも一層の配慮がされることになった。レースは、ミハエル・シューマッハが制してアイルトン・セナと並ぶ41勝目を挙げた。レース後の記者会見ではミハエルへの最初の質問で「これで勝ち星がセナと並びましたね。今日の勝利はあなたにとって大きな意味を持つものですか」に、「そうだね。この勝利は僕にとってすごく大きな意味を持つものなんだ。ごめん……」とミハエルが泣き崩れた為、インタビュアーが2位ミカ・ハッキネンと3位ラルフ・シューマッハを先にインタビューするハプニングが起きた。テレビ中継後の会見で再び同じ質問が出されると「そんなの言わなくたってわかるだろ。ここはイタリアだよ。そして僕はここ数戦ずっといい結果が残せていなかった。でも、今日やっと復活したんだ。この41勝には多くの人々の支えがあったんだ。だから、1998年に優勝したときよりもすごくうれしいんだ」と答えた。イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • シューマッハ

    シューマッハから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ドイツのレーシングドライバーで、ミハエル・シューマッハの実弟 - ラルフ・シューマッハシューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • マルク・ジェネ

    マルク・ジェネから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    2003年、第14戦のイタリアグランプリでラルフ・シューマッハの負傷のため代役で出走し、予選・決勝ともに5位という成績で4年ぶりにポイントを獲得する。2004年も同様の形で2戦出場したが、入賞はなかった。マルク・ジェネ フレッシュアイペディアより)

  • 2001年イタリアグランプリ

    2001年イタリアグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    2001年イタリアグランプリ (LXXII Gran Premio Campari d'Italia) は、2001年F1世界選手権の第15戦として、2001年9月16日にモンツァ・サーキットで開催された。53周で争われたレースはウィリアムズのファン・パブロ・モントーヤがフェラーリのルーベンス・バリチェロとの長いバトルの末に制し、F1初優勝となった。3位にはモントーヤのチームメイト、ラルフ・シューマッハが入った。2001年イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • トヨタF1

    トヨタF1から見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    新たにラルフ・シューマッハがチームに加わり、前年末から引き続きのトゥルーリという組み合わせとなった。アメリカGPではフリー走行中にシューマッハが負傷したため、ゾンタが代役出場したが、他のミシュランタイヤ勢と一緒にレースを棄権した。トヨタF1 フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ピッツォニア

    アントニオ・ピッツォニアから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    2004年のアメリカGPでレギュラードライバーのラルフ・シューマッハが怪我により長期欠場を余儀なくされると、フランスGPとイギリスGPではジェネが代役を務めたが、今一つの走りに止まった為、ドイツGPからの4戦ではピッツォニアがその座に収まった。ピッツォニアはこのチャンスを生かし、リタイアとなったベルギーGPを除く3レースで7位に入り、チームのコンストラクターズポイント獲得に貢献した。アントニオ・ピッツォニア フレッシュアイペディアより)

  • 日本グランプリ (4輪)

    日本グランプリ (4輪)から見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    予選ではトヨタが日本のコンストラクターとしては初めて日本GPのポールポジションを獲得(ドライバーはラルフ・シューマッハ)。決勝は17番グリッドからスタートしたライコネンが激しい追い上げを見せ、最終ラップの1コーナーでジャンカルロ・フィジケラを抜いてトップに立つという劇的な勝利を収めた。日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 2004年アメリカグランプリ

    2004年アメリカグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    8周目の1コーナーでアロンソがタイヤパンクによりウォールにクラッシュ。さらに9周目にはバンクのついた最終コーナーでラルフ・シューマッハが大クラッシュ。ここで再びセーフティーカー導入。ラルフ自身はコクピットから自力に脱出できず、救護隊によって病院へ搬送された。2004年アメリカグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2001年アメリカグランプリ

    2001年アメリカグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ちょうど2ラップ後、ラルフ・シューマッハのウィリアムズがターン6でスピン、エンジン停止した直後にフロントストレートの群衆は、モントーヤがピットウォールに近づきストップしたのを見てうめき声を上げた。「(ウィリアムズの2台は)本当に良かった。」モントーヤはガレージに戻ってきた数分後に語った。「車は本当に競争力があった。僕は本当にここで勝ちたかった。そしてレースを僕たちがフィニッシュできなことは大きな失望だ。僕はエンジンが本当に強い状態で動き続けるものだと思っていた。分からないが多分水圧の問題だと思う。なぜなら全てのギヤを失ったからだ。僕がストップしたとき、エンジンはまだ動き続けていた。」2001年アメリカグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年日本グランプリ (4輪)

    2006年日本グランプリ (4輪)から見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ポールポジションはフェリペ・マッサが獲得し、以下ミハエル・シューマッハ、ラルフ・シューマッハ、ヤルノ・トゥルーリ、フェルナンド・アロンソ、ジャンカルロ・フィジケラ、ジェンソン・バトン、ルーベンス・バリチェロ、ニック・ハイドフェルド、ニコ・ロズベルグの順でグリッドが確定した。上位4列目まではフェラーリ(ブリヂストン)、トヨタ(ブリヂストン)、ルノー(ミシュラン)、ホンダ(ミシュラン)という並びになり、鈴鹿における力関係をあらわす結果となった。トヨタは母国グランプリでフェラーリに次いでセカンドローを独占し、好位置につけた。2006年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

116件中 61 - 70件表示

「ラルフ・シューマッハ」のニューストピックワード