116件中 71 - 80件表示
  • BMWザウバー

    BMWザウバーから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    2000年、ラルフ・シューマッハと、この年デビューとなるジェンソン・バトンを擁して迎える。開幕前の時点ではテスト時のタイムがあまりにも遅かったため「BMWはエンジン開発に失敗した」とのもっぱらの評判であったが、復帰戦となったオーストラリアGPで下馬評を覆す好走を見せ、見事に復帰戦を表彰台で飾り、シーズン自体も年間通して復帰初年度としては上々の出来で終える。BMWザウバー フレッシュアイペディアより)

  • 2002年のF1世界選手権

    2002年のF1世界選手権から見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ウィリアムズはファン・パブロ・モントーヤがシューマッハに並ぶ7回のポールポジションを獲得し、うちモナコGPからフランスGPにかけては5レース連続でポールポジションを獲得したものの、信頼性の不足やタイヤの問題などにより、結局表彰台の中央にのぼることはなかった。ラルフ・シューマッハはマレーシアGPで優勝したが、モントーヤに後れをとることも多かった。2002年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 2001年のF1世界選手権

    2001年のF1世界選手権から見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ミハエルの弟であるラルフ・シューマッハ(ウィリアムズ)はトップドライバーとしての地位を確立し、第3戦サンマリノGPでの初優勝を含めて3勝1ポールポジションを記録した(ランキング4位)。兄弟予選フロントロー独占(第3戦ブラジルGP)、兄弟ワンツーフィニッシュ(第8戦カナダGP)といったF1史上初の兄弟記録が生まれ、白熱した兄弟バトルも展開された。2001年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ブラジルグランプリ

    ブラジルグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    元サッカー選手のペレがゲストに招かれ、チェッカーフラッグを振る役を任されたが、最終ラップでスタッフと打ち合わせしている間に1位のミハエル・シューマッハ(フェラーリ)、2位のラルフ・シューマッハ(ウィリアムズ)が通過してしまい、3位のデビッド・クルサード(マクラーレン・メルセデス)でようやくチェッカーを振るという珍事になった。ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 1997年ドイツグランプリ

    1997年ドイツグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ベルガーは病み上がりの影響を微塵も感じさせない完璧な走りを見せポールポジションからトップでチェッカー。ファステストラップも記録する完全勝利(ハットトリック)を達成、1年前の同じグランプリで終盤デイモン・ヒル(当時ウィリアムズ)の追撃を受けながら激しいトップ争いを演じるも残り3周でエンジンブローに泣いた無念を晴らした。2位にシューマッハ、3位にはマクラーレンのミカ・ハッキネンが入った。4位にはルーキーのトゥルーリが健闘を見せ、5位にも同じくルーキーのラルフ・シューマッハ、6位にベルガーのチームメイトジャン・アレジが入賞を果たした。残り4周でマシンを降りたフィジケラは11位完走扱い。1997年ドイツグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • アレッサンドロ・ザナルディ

    アレッサンドロ・ザナルディから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ウィリアムズは丁度低迷期でもあったが、11度の入賞(うち3度の表彰台)を記録した同僚ラルフ・シューマッハとは、対照的な結果しか残せなかった。この時期急激にハイテク化とトータルパッケージ化が進んだF1に、全く馴染めなかった為とされている。特にグルーブドタイヤとカーボンブレーキのフィーリングに苦しみ、後半ではCARTでも使われるスチールブレーキに変更したが、重量過多となりマシンバランスが悪化すると言う悪循環を引き起こしていた。アレッサンドロ・ザナルディ フレッシュアイペディアより)

  • アライヘルメット

    アライヘルメットから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハ - 日本でレース活動をしていた時に使用。F1ではベルやシューベルトを使用。アライヘルメット フレッシュアイペディアより)

  • パルクフェルメ

    パルクフェルメから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    その他に、2005年モナコGPにおいては土曜日当日に行われたフリー走行4回目でファン・パブロ・モントーヤが原因となった多重クラッシュによって、公式予選の開始時刻が遅れ、さらに公式予選1回目ではラルフ・シューマッハが単独クラッシュを起こし、これら双方のクラッシュによって発生した事故車両を撤去すべく作業に大幅な予定の狂いが起きてしまい、公式予選2回目は決勝当日の日曜日に延期された。このケースでも「(2回目の)予選が行われていない」特殊な例外が発生したため、パルクフェルメにマシンをそのまま保管した上でさらに公式予選2回目終了後から決勝までのわずかな時間もパルクフェルメに保管した。パルクフェルメ フレッシュアイペディアより)

  • ジョーダン・196

    ジョーダン・196から見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    年末までには変化の必要性が明白なものになった。バリチェロは新規参入するスチュワート・グランプリに移籍、ブランドルはF1を引退した。チームは翌年に向けてラルフ・シューマッハとジャンカルロ・フィジケラを採用した。ジョーダン・196 フレッシュアイペディアより)

  • ジョーダン・グランプリ

    ジョーダン・グランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    エースのバリチェロはスチュワートに移籍し、ブランドルはF1から引退。フォーミュラ・ニッポンの初代チャンピオンとなったラルフ・シューマッハと、前年ミナルディで好走したジャンカルロ・フィジケラという若い2名を起用した。ジョーダン・グランプリ フレッシュアイペディアより)

116件中 71 - 80件表示

「ラルフ・シューマッハ」のニューストピックワード