116件中 81 - 90件表示
  • ヨーロッパグランプリ

    ヨーロッパグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    1999年は、ニュルブルクリンクへ再移動。ミカ・ハッキネン、エディ・アーバイン、ハインツ=ハラルド・フレンツェン、デビッド・クルサードによる四つ巴のタイトル争いの渦中に開催された。GP期間中、時折り雨が降ってはやむ奇妙な天候が続き、波乱の展開となった。決勝は、ポールポジションからスタートしレースをリードしていたフレンツェンが電気系統のトラブルでストップしたのを皮切りに、デビッド・クルサード、ジャンカルロ・フィジケラが共に雨でスピンオフによるリタイア、ラルフ・シューマッハも雨でスピンし順位を落とし、トップに立ったドライバーが続々とアクシンデントに見舞われ、最終的にその年まったく目立った活躍をしていなかった伏兵ジョニー・ハーバートがスチュワートにチーム初にして唯一となる優勝をもたらしている。後方でもミナルディのルカ・バドエルが一時4位を走行するなどの波乱がみられ、レース後の悲喜こもごもが印象的だったレースでもある。ヨーロッパグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • エディ・ジョーダン

    エディ・ジョーダンから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    新人ドライバーの発掘能力にも長けており、ミハエル・シューマッハ、ルーベンス・バリチェロ、エディ・アーバイン、ラルフ・シューマッハなど数々の逸材をF1に抜擢した。エディ・ジョーダン フレッシュアイペディアより)

  • 1998年カナダグランプリ

    1998年カナダグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    2回目のスタートではハッキネンのギアボックスが不調を来したが、今回スタートでハードアタックを行ったのはラルフ・シューマッハであった。彼も芝をカットし、コース中央でスピンした。これによって後方では再びアクシデントが発生、トゥルーリがアレジ車に乗り上げ、結局5台がリタイアした。:ハッキネン(ギアボックス)、ラルフ(スピン)、アレジおよびトゥルーリ(クラッシュ)、高木虎之介(トランスミッション)。1998年カナダグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ドイツツーリングカー選手権

    ドイツツーリングカー選手権から見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ジャン・アレジ(2002年?2006年)、ハインツ=ハラルド・フレンツェン(2004年?2006年)、ミカ・ハッキネン(2005年?2007年)、ラルフ・シューマッハ(2008年?2012年)、デビッド・クルサード(2010年?2012年)といった元F1ドライバーも、F1引退後に参戦している。ちなみに前述のベルント・シュナイダーも元F1ドライバーである。F1からの転向が多いのに対し、2010年チャンピオンのポール・ディ・レスタや2015年チャンピオンのパスカル・ウェーレインのようにF1に転向する者もいる。ドイツツーリングカー選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年イタリアグランプリ

    2005年イタリアグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    レースはモントーヤが制し、2位にフェルナンド・アロンソ、3位にジャンカルロ・フィジケラが入った。ライコネンは11番手からスタートしヤルノ・トゥルーリ、ラルフ・シューマッハ、アントニオ・ピッツォニア、ジェンソン・バトンを抑えて4位に入った。ライコネンはワンストップ作戦で優勝を狙えたが、タイヤの空気圧低下でやむなく2度目のピットストップを行った。2005年イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリアグランプリ

    オーストラリアグランプリから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    スタート直後に発生したラルフ・シューマッハとジャック・ヴィルヌーヴのクラッシュにより吹き飛んだタイヤがフェンスの隙間を通って、ボランティアで参加していたコースマーシャル(レース運営に携わる係員)を直撃し、マーシャルは死亡した。オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアムズ・FW26

    ウィリアムズ・FW26から見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    第7戦ヨーロッパGPでは1コーナーで同士討ち。これによってラルフ・シューマッハはリタイヤし、ファン・パブロ・モントーヤは8位に入賞するのが精一杯だった。ウィリアムズ・FW26 フレッシュアイペディアより)

  • 1998年日本グランプリ (4輪)

    1998年日本グランプリ (4輪)から見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    ハッキネンは好スタートを切り1コーナーを制したが、予選3位のクルサードはアーバインとハインツ=ハラルド・フレンツェンに抜かれて4位に後退。以下ジャック・ヴィルヌーヴ、デイモン・ヒル、ラルフ・シューマッハと続いた。クルサードはフレンツェンに抑えられ、ハッキネンとアーバインが後続を引き離す展開となる。アーバインは燃料軽めの3ピット作戦で何とかハッキネンの前に出ようとするが、ハッキネンもファステストラップを記録して隙を見せない。1998年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 1999年のF1世界選手権

    1999年のF1世界選手権から見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    アメリカのCARTで2年連続チャンピオンを獲得したアレッサンドロ・ザナルディがウィリアムズに加入したが、よもやのノーポイントに終わった。チームメイトのラルフ・シューマッハはチームの全得点を稼ぎ出して評価を上げた。1999年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たラルフ・シューマッハラルフ・シューマッハ

    2005年、アントニオ・ピッツォニアとのレギュラーシート争いを経て、まさにテスト入団の形でウィリアムズへ移籍した。チームメイトにはラルフ・シューマッハの後任として加入したマーク・ウェバーとコンビを組むこととなった。第2戦マレーシアGPで自身2度目の3位表彰台、第6戦モナコGPで自己最高位の2位、第7戦ヨーロッパGPでは搭載燃料を軽くした戦略によるものではあったが、初のポールポジション獲得。決勝は3位を走行中、ラスト1周、首位ライコネンが1コーナーでタイヤトラブルによりクラッシュ、リタイヤとなると、労せずして2戦連続2位フィニッシュした。開幕前はセカンドドライバー的な見方が多かったが、ウェバーに対してほぼ互角の成績を残したといえる。イタリアGP前のモンツァ・テストでのクラッシュの影響により、イタリアGP・ベルギーGPを欠場し、復帰を目指したトレーニング中に再度負傷してしまい、結局ブラジルGP以降の残り3戦全てを欠場することとなり、ウィリアムズの戦闘力低下と相俟って「尻すぼみ」の印象を与えることとなった。余談だが、ハイドフェルド離脱によりラスト3戦はアントニオ・ピッツォニアがシートに収まった。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

116件中 81 - 90件表示

「ラルフ・シューマッハ」のニューストピックワード