前へ 1 2 3 4 5 6
58件中 1 - 10件表示
  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見たデイモン・ヒル

    速さを見せる一方、荒さは相変わらずであったが濡れた路面に対しての高い対応力を見せる。第13戦ベルギーGP、スパ特有の雨でレースは大荒れの中2位でフィニッシュ。チームメイトのデイモン・ヒルがジョーダンチームに初優勝をもたらした記念すべきレースに、1-2フィニッシュという形で華を添えた。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見たミハエル・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハ('', 1975年6月30日 - )は、ドイツ出身の自動車レーサー。元F1ドライバーで現在はDTMに出場している。フォーミュラ・ニッポンの初代チャンピオン。F1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハの実弟。ノルトライン・ヴェストファーレン州・ケルンの近郊フルト出身。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見たヤルノ・トゥルーリ

    第2戦マレーシアGPで5位フィニッシュし、トヨタ移籍後の初入賞を果たした。以後もコンスタントに入賞を記録し、ついにハンガリーGPで移籍後初となる3位表彰台を獲得した。また日本GPでポールポジション、中国GPで3位表彰台を獲得するなど終盤戦でも活躍して計14戦でポイントを獲得し、チームメイトのヤルノ・トゥルーリをドライバーズランキングで上回ることとなった。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見たティモ・グロック

    マクラーレンとフェラーリが他チームを圧倒し、その後にBMWザウバーがつけるという構図がシーズンを通して一貫していた。その中でトヨタは、入賞枠をルノー、ウィリアムズ、レッドブル、あたりと激しく奪い合うことになる。チームメイトのトゥルーリは、予選では常にその集団から抜けだしQ3に進出する一方で、シューマッハはシーズンを通して予選で中団から後方に沈むことが多かった。ハンガリーGPではこの年最高の6位入賞を果たし復調の兆しを見せたが、結局入賞はこれを含めて僅か3回に留まり、日本GP終了後の10月1日、2007年シーズン限りでのトヨタチーム離脱を発表。トヨタでは思うような結果を残せず、「今が新しい挑戦を探すべきときだと思った」と言い残し、3年間在籍していたトヨタを離れ、ほかのチームに移籍することを決めた。結局、自身は現役続行を公言していたものの移籍先チームがなく、2007年シーズンをもってF1から事実上の引退となった。12月6日ヘレスで行われたテストにフォース・インディアから参加しテストを行った。このテストでフォース・インディアのドライバーとしての起用のアピールしたと見られていたが、シューマッハは「テストを行ったのは友人であるビジェイ・マリヤに頼まれていたからであって、私はフォース・インディアでレースをする気はない」としている。また、2006年から契約をしていたマネージャーのハンス・マールとも袂を分かち、自身の兄であるミハエルからも引退を勧められたと言われている。2008年からはDTMへの参戦が有力視されていた際にはミハエルから「自分たち兄弟は、DTMを速く乗ることは難しい」と言われている。なお、トヨタの後任がドイツ人のティモ・グロック、ウィリアムズの後任がドイツ人のニック・ハイドフェルド、ジョーダンの後任がドイツ人のハインツ=ハラルド・フレンツェンと、彼の後任は同じドイツ人が多い。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見たニック・ハイドフェルド

    マクラーレンとフェラーリが他チームを圧倒し、その後にBMWザウバーがつけるという構図がシーズンを通して一貫していた。その中でトヨタは、入賞枠をルノー、ウィリアムズ、レッドブル、あたりと激しく奪い合うことになる。チームメイトのトゥルーリは、予選では常にその集団から抜けだしQ3に進出する一方で、シューマッハはシーズンを通して予選で中団から後方に沈むことが多かった。ハンガリーGPではこの年最高の6位入賞を果たし復調の兆しを見せたが、結局入賞はこれを含めて僅か3回に留まり、日本GP終了後の10月1日、2007年シーズン限りでのトヨタチーム離脱を発表。トヨタでは思うような結果を残せず、「今が新しい挑戦を探すべきときだと思った」と言い残し、3年間在籍していたトヨタを離れ、ほかのチームに移籍することを決めた。結局、自身は現役続行を公言していたものの移籍先チームがなく、2007年シーズンをもってF1から事実上の引退となった。12月6日ヘレスで行われたテストにフォース・インディアから参加しテストを行った。このテストでフォース・インディアのドライバーとしての起用のアピールしたと見られていたが、シューマッハは「テストを行ったのは友人であるビジェイ・マリヤに頼まれていたからであって、私はフォース・インディアでレースをする気はない」としている。また、2006年から契約をしていたマネージャーのハンス・マールとも袂を分かち、自身の兄であるミハエルからも引退を勧められたと言われている。2008年からはDTMへの参戦が有力視されていた際にはミハエルから「自分たち兄弟は、DTMを速く乗ることは難しい」と言われている。なお、トヨタの後任がドイツ人のティモ・グロック、ウィリアムズの後任がドイツ人のニック・ハイドフェルド、ジョーダンの後任がドイツ人のハインツ=ハラルド・フレンツェンと、彼の後任は同じドイツ人が多い。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見たジャンカルロ・フィジケラ

    これもまたミハエルと同じく、ジョーダンからF1デビューを果たす。第3戦アルゼンチンGPで3位フィニッシュ、F1参戦からわずか3戦目で表彰台に上った。しかし、速さを見せつけたその一方で荒っぽいドライブも目立ち、17戦中10戦もリタイア。また、初表彰台のアルゼンチンGPでは先行していたチームメイトのジャンカルロ・フィジケラと絡みリタイアに追いやってしまった。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見たアレッサンドロ・ザナルディ

    名門ウィリアムズに移籍。チームメイトは、前年まで2年連続のCARTチャンピオンだったアレックス・ザナルディだった。ザナルディは期待に応えられず0ポイントでシーズンを終えた一方、シューマッハは3度表彰台に上り、第13戦イタリアGPでは自身初となるファステストラップも記録した。波乱のヨーロッパGPでは非力なスーパーテックエンジンを駆ってマクラーレンを抜くなど一時はトップを走る奮闘。結局この年のシューマッハは35ポイントを挙げ、シリーズ6位だった。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見たジェンソン・バトン

    ウィリアムズはBMWエンジンを搭載。ジェンソン・バトンをチームメイトに迎える。開幕戦で3位表彰台と上々の滑り出しをみせるが、結局未勝利に終わる。リタイアは7回を数え、ランキングでは24ポイントにとどまるも、前年より一つ上の5位となった。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見たミシュラン

    トヨタは前年までのミシュランタイヤからブリヂストンタイヤに変更し、序盤は対応に苦労する。第3戦オーストラリアGPではミハエルのクラッシュ、後続から迫っていたモントーヤのトラブルにも助けられ、チームにとっても自身にとってもシーズン唯一の表彰台3位獲得。中盤?終盤にかけて、マシンパフォーマンスは向上するが、信頼性が伴わずリタイアが頻発。この年もトゥルーリをポイントで上回っている。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見たブリヂストン

    トヨタは前年までのミシュランタイヤからブリヂストンタイヤに変更し、序盤は対応に苦労する。第3戦オーストラリアGPではミハエルのクラッシュ、後続から迫っていたモントーヤのトラブルにも助けられ、チームにとっても自身にとってもシーズン唯一の表彰台3位獲得。中盤?終盤にかけて、マシンパフォーマンスは向上するが、信頼性が伴わずリタイアが頻発。この年もトゥルーリをポイントで上回っている。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
58件中 1 - 10件表示