58件中 21 - 30件表示
  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見たベルギーグランプリ

    速さを見せる一方、荒さは相変わらずであったが濡れた路面に対しての高い対応力を見せる。第13戦ベルギーGP、スパ特有の雨でレースは大荒れの中2位でフィニッシュ。チームメイトのデイモン・ヒルがジョーダンチームに初優勝をもたらした記念すべきレースに、1-2フィニッシュという形で華を添えた。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見たイタリアグランプリ

    名門ウィリアムズに移籍。チームメイトは、前年まで2年連続のCARTチャンピオンだったアレックス・ザナルディだった。ザナルディは期待に応えられず0ポイントでシーズンを終えた一方、シューマッハは3度表彰台に上り、第13戦イタリアGPでは自身初となるファステストラップも記録した。波乱のヨーロッパGPでは非力なスーパーテックエンジンを駆ってマクラーレンを抜くなど一時はトップを走る奮闘。結局この年のシューマッハは35ポイントを挙げ、シリーズ6位だった。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見た中国グランプリ

    第2戦マレーシアGPで5位フィニッシュし、トヨタ移籍後の初入賞を果たした。以後もコンスタントに入賞を記録し、ついにハンガリーGPで移籍後初となる3位表彰台を獲得した。また日本GPでポールポジション、中国GPで3位表彰台を獲得するなど終盤戦でも活躍して計14戦でポイントを獲得し、チームメイトのヤルノ・トゥルーリをドライバーズランキングで上回ることとなった。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見たケルン

    ラルフ・シューマッハ('', 1975年6月30日 - )は、ドイツ出身の自動車レーサー。元F1ドライバーで現在はDTMに出場している。フォーミュラ・ニッポンの初代チャンピオン。F1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハの実弟。ノルトライン・ヴェストファーレン州・ケルンの近郊フルト出身。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見たマクラーレン

    ミハエルと同じくカートレース、フォーミュラ・フォードなどを経て、1994年にドイツF3初参戦、シリーズ3位に食い込み注目される。翌1995年もドイツF3に参戦。ノルベルト・フォンタナとチャンピオン争いを繰り広げるが、惜しくもシリーズ2位でこの年のシーズンを終えた。この年のマカオGPでは史上初めて、兄弟で優勝の記録を達成する(ミハエルは1990年に優勝)。同年、マクラーレンでF1をテストドライブする。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見た2009年

    2008年を最後に引退するのではないか、という噂も出ていたが、2009年はAMGメルセデスCクラスの最新型マシンでの参戦が決まり、シューマッハは「1年落ちのマシンから今年最新のメルセデスCクラスに変わることは非常に大きなチャンス。2008年が学習の年であることはチームにも明らかなことだった。だから昨年の成績には満足している。メルセデスが最新型マシンを与えてくれたことへの信用に応えたいと思っている。DTMシリーズが世界最高のツーリングカーシリーズであり、ドライバーは1メートルとコンマ1秒のために激しく戦っている。わたしがパドックで多くの観客と接することでも分かるように、ファンもわたしと同じようにこのDTMシリーズが好きだ。観客達はDTM以外のどんなレースでもこれ以上のバリュー・フォー・マネーは得ることはできないだろう」とコメントしている。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見たBMW

    ウィリアムズはBMWエンジンを搭載。ジェンソン・バトンをチームメイトに迎える。開幕戦で3位表彰台と上々の滑り出しをみせるが、結局未勝利に終わる。リタイアは7回を数え、ランキングでは24ポイントにとどまるも、前年より一つ上の5位となった。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見た鈴鹿サーキット

    この年のウィリアムズは、フェラーリはもとより、B・A・Rやルノー勢に対しても苦戦を強いられる。そんな中でシューマッハは第9戦アメリカGP決勝で、高速の最終コーナーで大クラッシュを起こし背骨を負傷、6戦欠場を余儀なくされ、結局この年は未勝利に終わる。またシーズン中に、翌シーズンからのトヨタ加入が発表され、6年間在籍したウィリアムズから離れることが決まった。また、同年の鈴鹿が兄ミハエルとの最後の1-2フィニッシュとなったが、兄・ミハエルが優勝で、弟・ラルフは2位、という結果であった。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見たポールポジション

    第2戦マレーシアGPで5位フィニッシュし、トヨタ移籍後の初入賞を果たした。以後もコンスタントに入賞を記録し、ついにハンガリーGPで移籍後初となる3位表彰台を獲得した。また日本GPでポールポジション、中国GPで3位表彰台を獲得するなど終盤戦でも活躍して計14戦でポイントを獲得し、チームメイトのヤルノ・トゥルーリをドライバーズランキングで上回ることとなった。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見たマレーシアグランプリ

    開幕からフェラーリが圧倒的な戦力を見せつけシーズンを席巻。大苦戦の一年となる。序盤の第2戦マレーシアGPでチーム唯一の勝利を挙げたが、チームメイトのモントーヤに獲得ポイントで上回られ、ランキング4位。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

58件中 21 - 30件表示