60件中 31 - 40件表示
  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見たポールポジション

    第2戦マレーシアGPで5位フィニッシュし、トヨタ移籍後の初入賞を果たした。以後もコンスタントに入賞を記録し、ついにハンガリーGPで移籍後初となる3位表彰台を獲得した。また日本GPでポールポジション、中国GPで3位表彰台を獲得するなど終盤戦でも活躍して計14戦でポイントを獲得し、チームメイトのヤルノ・トゥルーリをドライバーズランキングで上回ることとなった。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見たドイツツーリングカー選手権

    ラルフ・シューマッハ('', 1975年6月30日 - )は、ドイツ出身の自動車レーサー。元F1ドライバーでドライバーとしての晩年はDTMに出場していた。フォーミュラ・ニッポンの初代チャンピオン。F1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハの実弟。ノルトライン・ヴェストファーレン州・ケルンの近郊フルト出身。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見たカートレース

    ミハエルと同じくカートレース、フォーミュラ・フォードなどを経て、1994年にドイツF3初参戦、シリーズ3位に食い込み注目される。翌1995年もドイツF3に参戦。ノルベルト・フォンタナとチャンピオン争いを繰り広げるが、惜しくもシリーズ2位でこの年のシーズンを終えた。この年のマカオGPでは史上初めて、兄弟で優勝の記録を達成する(ミハエルは1990年に優勝)。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見たマクラーレン・F1

    ミハエルの勧めもあり、ラルフは舞台を日本に移し、チーム・ルマンよりフォーミュラ・ニッポンに参戦したほか、全日本GT選手権(JGTC)にもチーム・ラーク・マクラーレン(後のチーム郷)のマクラーレンF1 GTRで参戦した(パートナーは服部尚貴)。Fニッポンでは3勝を挙げ初代チャンピオンを獲得し、JGTCでもシリーズ2位と活躍した。この年のみ契約とメンテナンス上の兼ね合いからか、ヘルメットをそれまで使用していた「ベル」ではなく、日本の「アライ」製ヘルメットを使用していた。「同年、マクラーレンでF1をテストドライブする。マクラーレンのロン・デニスは、シューマッハを来季のテストドライバーとして採用しようとしたが、シューマッハが難色を示したため実現しなかった。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見たスクーデリア・フェラーリ

    開幕からフェラーリが圧倒的な戦力を見せつけシーズンを席巻。大苦戦の一年となる。序盤の第2戦マレーシアGPでチーム唯一の勝利を挙げたが、チームメイトのモントーヤに獲得ポイントで上回られ、ランキング4位。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見た全日本GT選手権

    ミハエルの勧めもあり、ラルフは舞台を日本に移し、チーム・ルマンよりフォーミュラ・ニッポンに参戦したほか、全日本GT選手権(JGTC)にもチーム・ラーク・マクラーレン(後のチーム郷)のマクラーレンF1 GTRで参戦した(パートナーは服部尚貴)。Fニッポンでは3勝を挙げ初代チャンピオンを獲得し、JGTCでもシリーズ2位と活躍した。この年のみ契約とメンテナンス上の兼ね合いからか、ヘルメットをそれまで使用していた「ベル」ではなく、日本の「アライ」製ヘルメットを使用していた。「同年、マクラーレンでF1をテストドライブする。マクラーレンのロン・デニスは、シューマッハを来季のテストドライバーとして採用しようとしたが、シューマッハが難色を示したため実現しなかった。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見たマカオグランプリ

    ミハエルと同じくカートレース、フォーミュラ・フォードなどを経て、1994年にドイツF3初参戦、シリーズ3位に食い込み注目される。翌1995年もドイツF3に参戦。ノルベルト・フォンタナとチャンピオン争いを繰り広げるが、惜しくもシリーズ2位でこの年のシーズンを終えた。この年のマカオGPでは史上初めて、兄弟で優勝の記録を達成する(ミハエルは1990年に優勝)。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見たチャンプカー

    名門ウィリアムズに移籍。チームメイトは、前年まで2年連続のCARTチャンピオンだったアレックス・ザナルディだった。ザナルディは期待に応えられず0ポイントでシーズンを終えた一方、シューマッハは3度表彰台に上り、第13戦イタリアGPでは自身初となるファステストラップも記録した。波乱のヨーロッパGPでは非力なスーパーテックエンジンを駆ってマクラーレンを抜くなど一時はトップを走る奮闘。結局この年のシューマッハは35ポイントを挙げ、シリーズ6位だった。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見た2004年アメリカグランプリ

    この年のウィリアムズは、フェラーリはもとより、B・A・Rやルノー勢に対しても苦戦を強いられる。そんな中でシューマッハは第9戦アメリカGP決勝で、高速の最終コーナーで大クラッシュを起こし背骨を負傷、6戦欠場を余儀なくされ、結局この年は未勝利に終わる。またシーズン中に、翌シーズンからのトヨタ加入が発表され、6年間在籍したウィリアムズから離れることが決まった。また、同年の鈴鹿が兄ミハエルとの最後の1-2フィニッシュとなったが、兄・ミハエルが優勝で、弟・ラルフは2位、という結果であった。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見た2007年日本グランプリ (4輪)

    マクラーレンとフェラーリが他チームを圧倒し、その後にBMWザウバーがつけるという構図がシーズンを通して一貫していた。その中でトヨタは、入賞枠をルノー、ウィリアムズ、レッドブル、あたりと激しく奪い合うことになる。チームメイトのトゥルーリは、予選では常にその集団から抜けだしQ3に進出する一方で、シューマッハはシーズンを通して予選で中団から後方に沈むことが多かった。ハンガリーGPではこの年最高の6位入賞を果たし復調の兆しを見せたが、結局入賞はこれを含めて僅か3回に留まり、日本GP終了後の10月1日、2007年シーズン限りでのトヨタチーム離脱を発表。トヨタでは思うような結果を残せず、「今が新しい挑戦を探すべきときだと思った」と言い残し、3年間在籍していたトヨタを離れ、ほかのチームに移籍することを決めた。結局、自身は現役続行を公言していたものの移籍先チームがなく、2007年シーズンをもってF1から事実上の引退となった。12月6日ヘレスで行われたテストにフォース・インディアから参加しテストを行った。このテストでフォース・インディアのドライバーとしての起用のアピールしたと見られていたが、シューマッハは「テストを行ったのは友人であるビジェイ・マリヤに頼まれていたからであって、私はフォース・インディアでレースをする気はない」としている。また、2006年から契約をしていたマネージャーのハンス・マールとも袂を分かち、自身の兄であるミハエルからも引退を勧められたと言われている。2008年からはDTMへの参戦が有力視されていた際にはミハエルから「自分たち兄弟は、DTMを速く乗ることは難しい」と言われている。なお、トヨタの後任がドイツ人のティモ・グロック、ウィリアムズの後任がドイツ人のニック・ハイドフェルド、ジョーダンの後任がドイツ人のハインツ=ハラルド・フレンツェンと、彼の後任は同じドイツ人が多い。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

60件中 31 - 40件表示

「ラルフ・シューマッハ」のニューストピックワード