58件中 41 - 50件表示
  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見たルマン

    ミハエルの勧めもあり、ラルフは舞台を日本に移し、チーム・ルマンよりフォーミュラ・ニッポンに参戦したほか、全日本GT選手権(JGTC)にもチーム・ラーク・マクラーレン(後のチーム郷)のマクラーレンF1 GTRで参戦した(パートナーは服部尚貴)。Fニッポンでは3勝を挙げ初代チャンピオンを獲得し、JGTCでもシリーズ2位と活躍した。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見たルノーF1

    この年のウィリアムズは、フェラーリはもとより、B・A・Rやルノー勢に対しても苦戦を強いられる。そんな中でシューマッハは第9戦アメリカGP決勝で、高速の最終コーナーで大クラッシュを起こし背骨を負傷、6戦欠場を余儀なくされ、結局この年は未勝利に終わる。またシーズン中に、翌シーズンからのトヨタ加入が発表され、6年間在籍したウィリアムズから離れることが決まった。また、同年の鈴鹿が兄ミハエルとの最後の1-2フィニッシュとなったが、兄・ミハエルが優勝で、弟・ラルフは2位、という結果であった。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見たウィリアムズF1

    名門ウィリアムズに移籍。チームメイトは、前年まで2年連続のCARTチャンピオンだったアレックス・ザナルディだった。ザナルディは期待に応えられず0ポイントでシーズンを終えた一方、シューマッハは3度表彰台に上り、第13戦イタリアGPでは自身初となるファステストラップも記録した。波乱のヨーロッパGPでは非力なスーパーテックエンジンを駆ってマクラーレンを抜くなど一時はトップを走る奮闘。結局この年のシューマッハは35ポイントを挙げ、シリーズ6位だった。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見たドイツツーリングカー選手権

    ラルフ・シューマッハ('', 1975年6月30日 - )は、ドイツ出身の自動車レーサー。元F1ドライバーで現在はDTMに出場している。フォーミュラ・ニッポンの初代チャンピオン。F1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハの実弟。ノルトライン・ヴェストファーレン州・ケルンの近郊フルト出身。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見たビルト (新聞)

    兄ミハエルとは不仲であると言われ、ドイツの新聞紙「ビルト」によると、口も利かないほどだという。ラルフはミハエルに関して「ミハエルと僕はすごく違う。趣味も違うし、別の人生を歩いている。兄弟と親友になる必要はない。」と語っている。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見た全日本GT選手権

    ミハエルの勧めもあり、ラルフは舞台を日本に移し、チーム・ルマンよりフォーミュラ・ニッポンに参戦したほか、全日本GT選手権(JGTC)にもチーム・ラーク・マクラーレン(後のチーム郷)のマクラーレンF1 GTRで参戦した(パートナーは服部尚貴)。Fニッポンでは3勝を挙げ初代チャンピオンを獲得し、JGTCでもシリーズ2位と活躍した。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見た2004年アメリカグランプリ

    この年のウィリアムズは、フェラーリはもとより、B・A・Rやルノー勢に対しても苦戦を強いられる。そんな中でシューマッハは第9戦アメリカGP決勝で、高速の最終コーナーで大クラッシュを起こし背骨を負傷、6戦欠場を余儀なくされ、結局この年は未勝利に終わる。またシーズン中に、翌シーズンからのトヨタ加入が発表され、6年間在籍したウィリアムズから離れることが決まった。また、同年の鈴鹿が兄ミハエルとの最後の1-2フィニッシュとなったが、兄・ミハエルが優勝で、弟・ラルフは2位、という結果であった。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見た日本グランプリ (4輪)

    第2戦マレーシアGPで5位フィニッシュし、トヨタ移籍後の初入賞を果たした。以後もコンスタントに入賞を記録し、ついにハンガリーGPで移籍後初となる3位表彰台を獲得した。また日本GPでポールポジション、中国GPで3位表彰台を獲得するなど終盤戦でも活躍して計14戦でポイントを獲得し、チームメイトのヤルノ・トゥルーリをドライバーズランキングで上回ることとなった。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見たドイツ

    ラルフ・シューマッハ('', 1975年6月30日 - )は、ドイツ出身の自動車レーサー。元F1ドライバーで現在はDTMに出場している。フォーミュラ・ニッポンの初代チャンピオン。F1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハの実弟。ノルトライン・ヴェストファーレン州・ケルンの近郊フルト出身。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見たニュルブルクリンク

    メルセデスAMGチームで“MercedesBenz AMG-Cクラス”を駆りDTMに参戦している。同年の第7戦ニュルブルクリンクのレースで8位入賞し、初ポイントを獲得。第9戦のカタルーニャでも7位入賞し2ポイント獲得したもののDTM参戦初年は計3ポイント、シリーズ14位に留まり厳しいデビューイヤーとなった。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

58件中 41 - 50件表示