ランス・アームストロング ニュース&Wiki etc.

ランス・アームストロング(Lance Armstrong , 1971年9月18日 - )、本名ランス・エドワード・アームストロング(Lance Edward Armstrong )は、アメリカ合衆国テキサス州プラーノ出身の元自転車プロロードレース選手。 (出典:Wikipedia)

「ランス・アームストロング」最新ニュース

「ランス・アームストロング」Q&A

  • Q&A

    下の本は米澤穂信さんが折木奉太郎の本棚にある本と言っていた本です。米澤さんはこの中に…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月13日 14:18

  • Q&A

    『疑惑のチャンピオン』見た方いますか? 面白かったですか? ランスアームストロングは…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年7月17日 00:41

  • Q&A

    かつてツールドフランスを7連覇したランスアームストロングが仮にフランス人だったら永久…

    [続きを読む]

    回答数:5質問日時 - 2016年3月29日 14:08

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ランス・アームストロング」のつながり調べ

  • ケニー・ファンヒュメル

    ケニー・ファンヒュメルから見たランス・アームストロング

    スプリンターである彼は、山岳ステージを大の苦手としていたが、2009年に憧れのツール・ド・フランスに初出場すると、第2ステージ最初の3級山岳にて、いの一番に集団からちぎれる姿をカメラに映し出されるなど、山へ対するぶっちぎりの弱さが浮き彫りになる。しかし山岳コースを苦手とするスプリンタータイプの選手が何人かリタイアする中、ツール・ド・フランス完走を目指し、ピレネー、アルプスの両山岳ステージにおいて、収容車に追われながらも常にタイムオーバーすれすれでゴール。両方とも100km以上をグルペットにも入れず個人TT状態でゴールするという体力的には非常に厳しい状態であった。フランスのスポーツ紙・レキップから『史上最悪のクライマー』と皮肉混じりに取り上げられる一方で、彼の僚友である別府史之やツール・ド・フランス7連覇の英雄ランス・アームストロングはそれぞれのツイッターでファンヒュメルを「超人」と賞賛する。こうしてファンヒュメルは一躍、世界中の自転車ファンの注目の的となり、沿道のファンの声援も日増しに大きくなった。(ケニー・ファンヒュメル フレッシュアイペディアより)

  • ミゲル・インドゥライン

    ミゲル・インドゥラインから見たランス・アームストロング

    インドゥラインのレーススタイルは、基本的にタイムトライアルでライバルに大差を付けた上で、その差を山岳ステージでコントロールするというもの。その大柄な体格から山岳コースが苦手と思われがちだが、実際にはアシスト時代にはデルガドの山岳アシストとして活躍している上、ツール・ド・フランスの最初の区間優勝はカテゴリー超級の山岳(リュザルディダン)がゴールとなるステージだったように山岳コースを得意としており、山岳でインドゥラインが先頭に立つとライバルのほとんどはそれに付いて行くのがやっとという状態になるのが常だった。こういったレーススタイルは、その後ランス・アームストロングに受け継がれることになる。(ミゲル・インドゥライン フレッシュアイペディアより)

「ランス・アームストロング」のニューストピックワード