前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
137件中 1 - 10件表示
  • 2012年の自転車競技

    2012年の自転車競技から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    前々年より行われてきた、ランス・アームストロングのドーピング疑惑に対するアメリカ国内における調査が一通り終了し、アームストロングに対する罰則事例がなかったことを公表した。これをうけ4日、国際自転車競技連合(以下、UCI)会長、パット・マッケイドも歓迎の意を表した。2012年の自転車競技 フレッシュアイペディアより)

  • ツール・ド・フランス2009 第12-第21ステージ結果

    ツール・ド・フランス2009 第12-第21ステージ結果から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    アルプス第1ラウンドは、スタート直後のスイス入国後にツール初登場のヴェルビエ峠(カテゴリー1級)への今ツール2度目の山頂ゴール。前日夜からの体調不良のためトム・ボーネン(クイックステップ)が未出走で163人がスタート。序盤から動きが活発で平均速度が上がる中、80km地点でフアン・アントニオ・フレチャ(ラボバンク)、ファビアン・カンチェラーラ(サクソバンク)など10人の逃げがようやく決まり、メイン集団に最大4分半の差をつけて逃げる展開となる。メイン集団はアスタナが中心となってコントロールして徐々に逃げとのタイム差を縮め、逃げ集団からは残り21km地点でシモン・シュピラック(ランプレ)が飛び出して単独で逃げる展開でヴェルビエ峠の上りに突入。ここでサクソバンクがペースアップして一気に逃げを全員飲み込む。そしてマイヨ・ジョーヌのリナルド・ノチェンティーニやマイヨ・ブランのトニー・マルティン(チーム・コロンビア=HTC)などが脱落。サクソバンクの牽きが落ち着いた残り5.8km地点でアルベルト・コンタドール(アスタナ)がアタック。食らいつこうとするアンディ・シュレク(サクソバンク)を一撃で置き去りにして独走状態に、最終的にA・シュレクに43秒の差をつけてヴェルビエ峠を制覇。ノチェンティーニが2分36秒遅れのステージ19位に終わったため、マイヨ・ジョーヌも手中に収めた。A・シュレクは2分13秒遅れのステージ12位に終わったマルティンからマイヨ・ブランを奪取している。 1分35秒遅れのステージ9位だったランス・アームストロング(アスタナ)が1分37秒差の総合2位、1分6秒遅れでステージ5位のブラッドリー・ウィギンス(ガーミン・スリップストリーム)が1分46秒差の総合3位にそれぞれ浮上。前年覇者のカルロス・サストレ(サーヴェロ・テストチーム)は1分6秒遅れのステージ6位、2年連続総合2位のカデル・エヴァンス(サイレンス・ロット)は1分26秒遅れのステージ7位で、総合ではサストレが3分25秒差の11位、エヴァンスが4分27秒差の14位。またデニス・メンショフ(ラボバンク)は6分27秒遅れのステージ65位と精彩を欠き、総合でも11分23秒差の29位に後退してダブルツール達成は絶望的となった。敢闘賞はシュピラックが獲得。また、ウラディミール・エフィムキン(Ag2r)が途中リタイアしている。ツール・ド・フランス2009 第12-第21ステージ結果 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の自転車競技

    2013年の自転車競技から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    ニューヨーク・タイムズは、前年に永久追放処分を受けたランス・アームストロングが、ドーピングの事実を公にすることを検討していると報じた。同紙はドーピング事実を認めることにより、競技者復帰を目指す狙いがあるものだとしている。2013年の自転車競技 フレッシュアイペディアより)

  • ツール・ド・フランス2010 プロローグ-第10ステージ結果

    ツール・ド・フランス2010 プロローグ-第10ステージ結果から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    2007年以来、3年ぶりにツールにプロローグが復活。コースは橋のアップダウンを除けばいたって平坦。雨が断続的に降る中で、チーム内規定違反で直前に出走取り消しとなったシャビエル・フロレンシオ(サーヴェロ・テストチーム)を除く197名がスタート。まず基準タイムを作ったのが18番スタートのトニー・マルティン(チーム・HTC - コロンビア)。序盤からスピードに乗り10分10秒の好タイムを叩き出す。その後雨が強くなり、その影響を受けたブラッドリー・ウィギンス(チームスカイ)はタイムが伸びず、デヴィッド・ミラー(ガーミン・トランジションズ)もマルティンのタイムに10秒届かない。その後雨は上がり、徐々に路面コンディションが上向く中でマイヨ・ジョーヌ争い有力選手が次々にスタート。最後から3番目のスタートとなったランス・アームストロング(チーム・レディオシャック)は鬼気迫る走りを見せてマルティンから12秒遅れの好タイム。続く現TT世界チャンピオンのファビアン・カンチェラーラ(チーム・サクソバンク)は序盤からスピードに乗り、ついにマルティンのタイムを10秒更新する10分フラットの素晴らしいタイム。最終スタートのアルベルト・コンタドール(アスタナ)は、やや伸びを欠いてカンチェラーラから27秒、アームストロングから5秒遅れに終わった。結局下馬評通りの圧倒的強さを見せたカンチェラーラが昨年に続く初日ステージ優勝&マイヨ・ジョーヌ&マイヨ・ヴェール獲得となった。惜しくもステージ優勝を逃したマルティンだったがマイヨ・ブランを獲得。マイヨ・ジョーヌ争い有力選手ではアームストロングが4位、コンタドールが6位、ロマン・クロイツィガー(リクイガス・ドイモ)が+38秒の20位、カデル・エヴァンス(BMC・レーシングチーム)が+39秒の23位とまずますの結果だったのに対して、ロベルト・ヘシンク(ラボバンク)が+51秒の56位、カルロス・サストレ(サーヴェロ・テストチーム)が+54秒の70位、イヴァン・バッソ(リクイガス・ドイモ)が+55秒の72位、デニス・メンショフ(ラボバンク)が+56秒の74位、サムエル・サンチェス(エウスカルテル・エウスカディ)が同タイムの75位、ウィギンスも同タイムの77位、フランク・シュレク(チーム・サクソバンク)が+57秒の79位、アンディ・シュレク(チーム・サクソバンク)が+1分9秒の122位とやや出遅れる結果となった。ツール・ド・フランス2010 プロローグ-第10ステージ結果 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の自転車競技

    2011年の自転車競技から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    ロードレースチームの監督を務めたことがあるポール・キメージュは、フロイド・ランディスが、2001年のツール・ド・スイスにおいてランス・アームストロングにEPO陽性反応が出ながらも、USポスタルがUCIとの共謀により隠蔽したとの話を過日証言したことについて、UCIに質問状を提出。2011年の自転車競技 フレッシュアイペディアより)

  • ツール・ド・フランス2010

    ツール・ド・フランス2010から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    まずは前年優勝者アルベルト・コンタドール(アスタナ)。タイムトライアルでも山岳でも欠点が見あたらないため今年も優勝候補ナンバーワンに挙げられた。前哨戦であるクリテリウム・デュ・ドフィネでもラルプ・デュエズ山頂ゴールを制しておりコンディションも好調。アシストも充実しており2年連続、3回目のマイヨ・ジョーヌを目指す。唯一の不安要素はアレクサンドル・ヴィノクロフが去年のランス・アームストロング同様に内乱を起こさないか、であった。ツール・ド・フランス2010 フレッシュアイペディアより)

  • 別府史之

    別府史之から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    パリ?ルーベ・エスポワールやジロ・デッラ・ヴァッレ・ダ・アオスタでの活躍により、2005年にはランス・アームストロングも所属したチームディスカバリーチャンネルへと2年契約で移籍した(その後、さらに契約を1年更新し2007年も同チームに所属)。別府史之 フレッシュアイペディアより)

  • ジロ・デ・イタリア 2009 第1-第11ステージ結果

    ジロ・デ・イタリア 2009 第1-第11ステージ結果から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    3年連続となるチームTTで今ジロは開幕。第1走者としてスタートしたチーム・コロンビア=ハイロードが最速タイムを叩き出して優勝。チーム・コロンビア=ハイロードの先頭でゴールしたマーク・カヴェンディッシュがマリア・ローザを獲得した。(マリア・ビアンカも同時に獲得。)チームTT連覇を狙ったガーミン・スリップストリームは6秒差の2位。ランス・アームストロングの現役復帰で注目を集めるアスタナは13秒差の3位に終わった。ジロ・デ・イタリア 2009 第1-第11ステージ結果 フレッシュアイペディアより)

  • ツール・ド・フランス2010 第11-第20ステージ結果

    ツール・ド・フランス2010 第11-第20ステージ結果から見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    ピレネー突入前最後の平坦ステージだが、ゴール手前7.5km地点の3級山岳サン・フェレオルがどう影響するか。正式スタート前のニュートラルゾーンでランス・アームストロング(チーム・レディオシャック)が落車し、スタートが遅れるアクシデントがあったが、5km地点でシルヴァン・シャヴァネル(クイックステップ)、ピエリック・フェドリゴ(Bbox ブイグテレコム)、フアン・アントニオ・フレチャ(チームスカイ)の3名の逃げが決まり落ち着きを取り戻した。タイム差が5分に広がったところでチーム・HTC - コロンビアとランプレ・ファルネーゼ=ヴィーニがコントロールを開始、タイム差は6分をピークに縮小傾向に転じ、ついに残り10km地点で集団に吸収された。直後にサン・フェレオルに突入。するとアレッサンドロ・バッラン(BMC・レーシングチーム)がアタック、さらに数選手が飛び出してメイン集団が崩壊。頂上を過ぎて下りに突入したところでメイン集団から飛び出していたアレクサンドル・ヴィノクロフがバッランを抜き去って独走を開始、後方のメイン集団は統率が取れずにペースが上がらない。結局ヴィノクロフがメイン集団に13秒差をつけて見事な独走勝利。前日の悔しさを見事に晴らした。2位争いはマーク・カヴェンディッシュが制し、次いでアレサンドロ・ペタッキが入った。トル・フースホフトがステージ8位に沈んだため、マイヨ・ヴェールは再びペタッキへ移動。カヴェンディッシュは発射台マーク・レンショー不在でも強さを見せつけたが、マイヨ・ヴェール争いでは未だペタッキから25ポイント差と厳しい状況が続く。その他各賞は動きなし、敢闘賞はフレチャが獲得した。尚、レース序盤でレイン・ターラミャエ(コフィディス)がリタイアしている。ツール・ド・フランス2010 第11-第20ステージ結果 フレッシュアイペディアより)

  • ヨハン・ブリュイネール

    ヨハン・ブリュイネールから見たランス・アームストロングランス・アームストロング

    1999年から2007年まで、ディスカバリーチャンネル(2004年まではUSポスタルサービス)のチームディレクターを務め、ランス・アームストロングのツール・ド・フランス総合7連覇(1999年?2005年)をもたらし、また、2007年と2009年のツール・ド・フランスではアルベルト・コンタドールが優勝し、合計9回のツール・ド・フランス総合優勝をもたらした人物としても有名である。ヨハン・ブリュイネール フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
137件中 1 - 10件表示

「ランス・アームストロング」のニューストピックワード